上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スマートファルコンが今日もハナへ、2番手にフリオーソ、3番手もバーディバーディと予想通りの展開となった。好位にアドマイヤスバル、シルクメビウスは中団より少し前でレースは進んだ。
前半1000メートルは58.9秒と数字だけを見るとかなり速いペースだが、平均よりやや早いペースといった印象。大井競馬場では前日から前残りが目立っており、この日も好時計が出ていたことからも、スマートファルコン自身はそこまで無理なペースでレースを進めていたわけではなかった。
とはいえども勝ち時計2.00.4というのは驚かざる得ない。圧勝だったJBCクラシックもそうだったが、自らペースを作る競馬の方が合っているのだろう。折り合いに難があるだけに絶対王者という感じではないが、軽快なスピードはサイレンススズカを連想させると言っても過言ではない。今日はスタート後に焦ることなくフリオーソの前に出れたのも大きかったのではないか。
フリオーソは中間の調整に一頓挫あった前走よりは納得の調教が積めていたが及ばずの2着。日本テレビ盃で退けたトランセンドがジャパンカップダートを制したように、この馬自身も間違いなく強いのだが、相手が悪かったとしか言いようがないだろう。
3着バーディバーディも前でレースしていた馬。今日のような時計の出る馬場も良かったかもしれない。中距離では今後も安定した走りを見せてくれそうだ。
アドマイヤスバルは今日も一歩及ばなかったが、G?戦線でも安定して上位争いできるようになった。小牧騎手も合っているのか、良い位置でレースを運べるようになったのが大きい。
シルクメビウスは5着も案外な内容。差し馬には苦しい馬場が堪えたのか、直線では伸びるどころか逆に止まってしまい、最後まで前との差が詰まることがなかった。ブリーダーズゴールドカップの内容が素晴らしかっただけに物足りなさを感じる。
逆に6着のスーパーパワーは充実一途。大金星の前走がフロックではないことを証明した。
展開待ちの脚質ではあるが、来年以降も楽しみになった。
条件馬の身ながら果敢にG?挑戦したゴルトブリッツは2.4秒差の7着ではあったが、外々を追い上げてのもので内容は濃い。まだまだレース運びには進境が欲しいところではあるが、オープンクラスでもやれそうな手応えを感じた。
ボンネビルレコードは掲示板に載れなかった。帝王賞以降はさすがに衰えを感じるが、まだまだ上がり馬の壁として活躍して欲しい。
ワンダーアキュートは枠と馬場に泣いた。幾らなんでも、ここまで負ける馬はないだろう。
スポンサーサイト
2010.06.15 先週の回顧
土曜

東京
9R アカシックレコード 3着
緩い流れで生きる馬ではないので、もう少し前々で運びたかった。
先々のことを考えると距離をこなしておきたいところだし、慎重に乗られた印象。

11R インバルコ 着外
そこまでデキに問題があったように思えなかったが。
伸びなかったなあ。ここまで負けられると、ちょっとわからないなあ。

京都
4R メイショウビーナス 着外
+14で体つきはむしろ良くなっていたように思ったのだが。
2秒も負ける内容じゃなかっただけに、これも敗因がなんとも。

6R ナイスミーチュー 1着
今日はゲートを決めて位置取りも良かった。
よく押し切ってくれた。メンバーにも少し恵まれたのを生かしたな。

12R スズカフレーム 1着
夏場に調子を上げてくる馬で、調教の時計と馬体が休む前より良かった。
ただ、出負けで終わったかなと思ったけどね。あそこから差してこれるのが状態の良さなのだと思う。
これだけ走れれば、今年の夏も大暴れしてくれそう。

日曜

東京
5R エターナルロブロイ 2着
ちょっと極端すぎる競馬だった気がするけど。
せめて中団が欲しかった。スマイルタイムを負かしても、他の馬に負けてしまっては。

京都
2R ラガーチェイス 着外
このレースは未勝利にしてはレベルが高かった。
もう少しタメが利けば違ったとは思うのだけど。

9R メテオロロジスト 着外
出負けしてしまっては。
それにしても見せ場なかった。

10R メリッサ 4着
思った以上にペースが流れなかった。
早めに前に出てしまったの痛かった。馬を壁にして脚を貯めれないと苦しかったかな。
2010.05.31 ダービー
今日で一年の一区切り。中央の方は春競馬が一段落という感じですね。

予想する側からすると難しいレースだった。スローペースだからって、前が有利とは限らないというのを改めて忘れてはいけないと思いました。
そして、17頭のこと。まだまだ、知らないことがあった。どんなに雰囲気が良くて、実績があっても、極限の上がり勝負の前に屈してしまう。そういえばゲートを出が良くないレースがあったことを素通りしてしまう。そこまで想像力がなかった。
それにしてもエイシンフラッシュ。更に良くなっていたとは思っていたが大仕事をやってのけた。あんな脚を使えるんだねぇ。
ローズキングダムは状態面の良さは理解していたつもりだったが、距離に疑問を持ってしまったのが良くなかった。折り合いさえつけば距離なんてどうにでもなってしまう。そんなスローペースだった。
ヴィクトワールピサは力を出しただろう。残念ながら、もっと切れる馬がいた。直線でスムーズじゃなかったと批判する人もいるみたいだけど、あれくらい大したことないし、着差は決定的だったように思う。
ペルーサは出負けに尽きる。ヒルノダムールは案外だった。

今日は久々にレースを見ながら喋った。
誰も聞いてくれなかったら、どうしようかと思っていたのでありがたい。
あんまり面白いことは言えなかったし、予想も見せ場止まりだったかもしれないがやってよかった。
イケドラゴンに関しては、まだちょっと悔しいが(笑)
2010.04.28 2010 門別開幕
3R
絞れたアグネスフォーカスがヤマイチボムを振り切り、差して来るカイオも完封。
格上だったカイオ、馬体に成長を感じたヤマイチボムまで上のクラスに上がっていきそう。

4R
ファイアーアップらに善戦していたプレザントシーズンが2番手から貫禄の抜け出し。ここはやはり格上の存在だった。
逃げたタマキチャンも2着に残った。これだけ上がりを要す競馬で踏ん張るのだから、JRA交流競走勝ちは伊達ではない。揉まれるとどうかと注文はつくが、能力のあるところを見せた。

5R
ベリーキュートが好時計で快勝。昨年とはデキが違う印象で、ファイアーアップのように短距離で活躍が見込めそうだ。

7R
2歳戦だが時計的には15秒台と今日の馬場を考えればハイレベルな内容で、スーパーフレッシュチャレンジの名に恥ぬ内容だったと言えそう。
パフォーマンスは逃げ切り勝ち。前半34秒台で飛ばすと、追走する後続は逆にバテバテ。非常に強い内容だった。
ただ、やはり気性が気になる。牡馬だけに距離延長に対応できるかが鍵となりそう。それでも栄冠賞までは主役級の存在だろうか。
2着のベラトリックスは2番手から上手くレースを運んだが追走に余裕がなかった。それだけ勝ったパフォーマンスが強かったということだろう。

8R
勝ち負け有力だったラドが回避。混沌としたレースになりそうだったが、道営の大将格シセイアスカが2番手からあっさりと抜け出した。ただ、時計的にも地味なだけに今回は恵まれた感が強い。

9R
終わってみればやはり格上だったアンペアということだろうか。南関東に移籍してからは厳しいレースが続いていたが、今日は逃げたジーガーウイングを捕らえて凱旋∨。改めて南関東のレベルの高さを感じる。
それ以外の地元勢は不発に終わった感が強いが、今季初出走だったこともあるだろうし、これから良くなってきそう。

10R
メインレースとは少し名ばかりなメンバーではあったが、ニットウプラリーネが福山の出稼ぎも含めて、これで4連勝。
2着だったフジノイチバンボシは体型を考慮しても太め残りだった。叩いて変わってきそう。
2009.03.21 遅くなったが
黒船賞。

高知勢の奮闘が嬉しかった。
主導権を取ったポートジェネラル。フサイチバルドルの大健闘。
気持ちの入った競馬だった。交流重賞はこうじゃなくっちゃね。

赤岡の腕は既に全国区だが、宮川実もかなりのもの。
中央に挑戦できたらいいのにな…
高知には認定がない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。