上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.07.26 青春とは
競馬 マンガで検索したらBSマンガ夜話のサイトが引っ掛かった。
そこでマキバオーの回の投稿があったんですが

○○○○ さん (15歳男性・○○県)
「マキバオー最高!」

あーもう最高!とうとうマキバオーが出てきた!おれの青春!
何回読んでも泣きます!マキバオーには根性を教えてもらいました!
是非、マキバオーの子供っちゅう設定でまた書いてほしいです!



15歳で 「おれの青春」とか言っちゃってるワケなんですよ。
15歳にして青春が過去形で、しかもマキバオーかよとか思ってしまった。

まあ、「モーニング娘。は私の青春」と言った中澤裕子ぐらいの歳になるまでは私の青春とか語っちゃうんじゃないよとは言わないけどさ、何か違うと思ったんだ、僕は。

つづく
スポンサーサイト
ファレノプシス、サイコーキララ。石山繁が再びG?への挑戦権を得れるのか。正直、それだけを注目して見てしまった。
石山騎手にとって今年は辛いシーズンになっていた。自厩舎である浜田厩舎の主戦が上村騎手に奪い取られたからだ。腕の差が明らかだっただけにそれも仕方ないというのはあるが、長年受けてきた後押しを失った。更に厳しい状況になったのは間違いなかっただろう。
しばらく乗っていなかった障害戦に乗るようになったのは去年の中京のこと。そして今年、フミノトキメキという相棒を得て、このレースで初重賞挑戦というところだった。
道中どこで動くかが注目だったが2週目1コーナーから一気にスパート。先頭に立つエイシンペキンを射程圏内に入れると後方をチラリと見て、後ろの馬にはやられないと確認をする。
そして先頭に立って後続を突き放してもステッキを一発。それを見てナリタトップロードの阪神大賞典を思い出した。
あの時の渡辺騎手も後続を突き放してからも何かを噛みしめるかのようにガシガシと追い続けた。今日の石山騎手の姿を見ると何か近いものを感じた。
馬は初重賞。人は久々の重賞制覇。12月の中山競馬場へ向けて長い闘いのスタートに過ぎないのかもしれないが嬉しい勝利には間違いなかった。
これって本当に微妙だと思う。下手乗りして「関係者に申し訳ない」ということはあっても「ファンに申し訳ない」という騎手は皆無に等しい。競輪選手は「ファンに迷惑をかけた」という選手もいるが、それと違い、相手に馬というワンクッションを挟んでいるせいなのだろう。ミスを認めると次が無いという意識からかミスを認めない騎手も多い。そんな騎手の言い訳はファンにとって怒りを覚えるものもある。

今週の函館は横山典の怠慢騎乗が話題になっている。昨日のセイレーンズソング、今日のディアレクティークでの騎乗はあまりにも酷い。一番酷い頃の蛯名と甲乙つけ難いものだった。

これらの馬券を買っていた人間は不愉快な思いをしたと思う。
こういう事態を少しでも減らす(減ると困る人もいるとは思うけど)ためにもマスコミは騎手のコンディションについても取材して欲しいと思う。一流騎手の批判には及び腰のマスコミでもこれくらいはできるだろう。
あと、ファン投票で出場騎手を決めるレースがあってもいいと思う。無い方がおかしいくらいだ。
買う馬買う馬ひどい競馬。
ナリアガリはダッシュつかないし、フルブラッサムは信じられないようなアホみたいなレース運びだし。
特にフルブラッサムの騎手はアホか。コイツだけはしばらく買わん。頭にくるわ。あんな競馬をする意味がわからん。わざと負けるための競馬としか思えない。本人にその意思が無くても八百長に等しい。馬券を買う方をナメるのもいい加減にして欲しい。いつもなら「四位だし」とか言って笑って終わるけどアレは酷すぎる。

まあ、それが無くても予想が間違っていた日だったかも。
新潟ダート中距離は差しが全然来れる馬場っぽいし、小倉の芝は短距離でも差しが決まったし、小倉1Rを勝った馬の前走はよく見てなかったし。
まだまだですかね…
2005.07.18 俺たちの馬
やはり交流重賞はこうでなくてはいけない。一昨年のサマーチャンピオンでカシノオウサマの積極的に中央勢に挑む姿を見てそう思った。
今日のマーキュリーC。結果だけを見たらピットファイターの圧勝、2着はスターキングマンのつまらん差し、3着もスナークレイアース… これだけ見たら、さぞつまんねえレースなんだろうなと思うだろう。でも、そうじゃなかった。
まず、エアウィードの積極策。道中で「もしかして良い勝負になるんじゃないか」と思った人もいたのではないか。ピットファイターが抜け出すまで僅かながら期待感を持たしてくれた。ピットファイターが抜け出してからもクーリンガーとの激しい競り合い。それを制したエアウィードに小さな希望を感じた。岩手だけじゃなくて外に出て勝負して貰いたくなる走りだった。
そして、トニージェント。4コーナーで一気に進出していった時はドッと歓声が。ただ、トニージェントは4コーナーまではいつも良いんだな。でも、バテるとわかっていても1%くらいは「もしかして伸びるんじゃないか」って思わせれたのならトニージェントの無謀と思える仕掛けも意味があると思うし、とにかくアレは粋じゃないか。
「結局ダメか」とガッカリする人もいるとは思うけど、レース前から着狙いのつまんねえ競馬で4、5着拾うよりは心に響く。あの歓声が聞けただけでもマーキュリーCは見る価値があったと思いたい。


あと、一応他の馬にも触れておきます。
ピットファイターは少しイレこんでいたのが心配だったし、行きっぷりもあまり良くないので心配したのですが終わってみれば圧勝でした。
盛岡は着差がつきやすいコースなので鵜呑みにはしたくないですが、今のトップクラスのレベルを考えるとG?でも上位争いになりそう。

スターキングマンは先行勢を見ながらの競馬。最後にバテた馬を交わしただけという感じ。以前の力は感じませんでした。

スナークレイアースはなんかおかしなレース運びでした。まともなら楽に2着だったんじゃないでしょうか。

注目だったバンブーボカは太かったのと距離もベストはマイルぐらいなのかもしれません。

ちなみに馬券の方がボカの取り捨てを考えているうちに締め切られました。スターキングマンだけは買う気がしなかったので丁度よかったわ。

私のは偏った回顧になりましたが、上位馬のレース内容の伝わる丁寧な回顧を見たい方はkcさんのマーキュリーCの記事をオススメします。
明日は盛岡競馬場でマーキュリーCが行われます。
頭数が揃いバラエティーに富んだメンバーになりました。

1◎クーリンガー (B)
2 エアウィード (D)
3 スターキングマン (D)
4 ユウキュウ (E)
5 ローランボスコ (E)
6△トニージェント (C)
7 マイネルレガリア (E)
8▲バンブーボカ (C)
9 キングソロモン (E)
10○ピットファイター (C)
11 スナークレイアース (D)
12 コウエイシャープ (E)
13 トーコーカント (D)
14 マイネルレアール (D)

地元勢
正直どの馬も能力的に苦しいと思う。
ただ、ある程度買う馬を絞り込んでいるし、買う予定のある馬をどうも信頼できないのでトニージェントだけ抑える。

東海勢
どう考えてもしんどい。
とりあえずユウキュウはいつもお疲れさん。

バンブーボカ
前走は地元のレースで負けてしまった。人気を落とす材料になりそう。
ただ、恐ろしいスローペースのレースだったし、去年の旭川で明らかに格下の馬相手に取りこぼしたことのある馬。あんまり気にしなくても良いのかもしれない。

中央勢
先行馬があまりいないので、やはりクーリンガーは外せない。前走が案外ではあったが巻き返しがあっても。
同じ理由でピットファイターも大崩れはないとは思うが、少し間隔が開いたのでパドックで見極めたい。
スターキングマンは前々走が明らかにハマった感じ。前走は実力とまで言う気はないが、人気になるだろうし買いたいとは思わない。外れてもいいから買わない。
2005.07.17 今日の新馬
新潟6R
ここは負けた馬が気になった。メジロアレグレットは走るんじゃないかな。大外枠で終始大外だったし、道中では不利があった。それでも4コーナーで前へ進出していった脚は目を引いたし、最後も大きくバテなかった。最後は無理してないし、次は勝ち上がって欲しい。血統的にも応援したい。東のメジロドーベル、西のエアグルーヴと産駒がG?で激突するようなことがあったら楽しそう。
マイネルハイアップも同じことが言えるけど、こちらはメジロの作った流れについていったもので自力で競馬をしたという感じではなかったので一枚落ちるかな。
勝った(降着になってしまったが)ニシノフジムスメは何とも言えないかな。枠と馬場が有利に働いた感じで正直よくわからない。

小倉6R
382キロの快速少女セントルイスガールが直線抜け出した。
時計はまだ2歳戦も少ないし、昨日より時計が出やすくなっている気がするので比較できないのだが個性のある馬が出てきた。ミッキーコマンドに続いて個性のある馬が勝ち上がった。

函館5R
ここは2歳ではないがアドマイヤタイトルがようやく実力を見せてくれた。やはりサンデー系はヨシトミじゃなくてノリだな。コンラッドの時もそう思ったが。
ただ、そもそもダートが合ってなかったというのもあったかな。
さすがに打倒ディープインパクトとまではいかないけど、それ以外なら相当やれると思う。ようやく期待できそうな上がり馬が出てきたと思います。楽しみ。
2005.07.16 各地の新馬戦
小倉5R九州産馬限定戦
例年の九州産馬限定戦らしく少しレベルは低調な感じ。最後の直線は各馬、脚が上がり気味。
1〜3着馬がテイエムオペラオー産駒。2着馬は昨年のテイエムヒットベの下で、兄同様ソコソコ楽しみが持てそう。今後、成長力を見せるようならテイエムオペラオーは種牡馬として楽しみが出てくるのではないか。最悪でも九州で供用して九州のトップサイアーにでもなれば悪くない。

小倉6R 限定戦じゃないけど九州産 ミッキーコマンド
九州産馬ながら評判のミッキーコマンド。やや強引にハナへ行く競馬。直線では2着馬に迫られるもののリードを保ったままゴールイン。時計は56秒8とタイレコード。
九州産で牝馬というとコウエイロマンだが、この馬はハナに行かなくても競馬できるのでは。馬体からスケールの大きさとかは無いけど、短距離でソコソコ活躍しそう。ダンディコマンドの産駒で福島信厩舎で担当の厩務員さんも同じとか凄いな。


岩手3R 好時計で余裕勝利
マツリダアーティスは共に好時計で直線突き放す圧勝ぶり。岩手の馬が中央に遠征しても地味な結果に終わりがちだが、この馬はどうなるのか少し注目してみたい。2Rのオウシュウクラウンも気になる。
岩手のレベルはよくわからないので何とも言い難いが頑張ってほしい。

● そのほか
小倉2Rの時計がアホみたいなことに。
11Rはレコード決着でしょうか。早く暑さでカラカラの馬場になって欲しいな。未勝利は1分48〜50秒かからないとシックリこない。
ジョウショークインは思ったより売れているので、このままのオッズなら様子見したい。
函館の新馬はこの時期にも関わらず芝の1800M。この時期の芝1200Mは古馬のレースの1400〜1600Mに匹敵すると言う騎手もいるくらいなので、この時期に1800Mというのは過酷。馬体をいじめられずに強い稽古の本数も少ない時期にスタミナを要求されるのは辛い。
そんな中勝ったのはアドマイヤムーン。パドックで仕上がりの良さが目立った馬でレースも道中のペースアップに無理をせず、脚をためれたのが大きい感じ。派手なレースぶりで注目を浴びそうだが完成度の差が強く出た感じでそこまで評価してよいのかどうか。もう1戦見たいというのが正直な感想。
福島の新馬はケイアイデジタルの仕上がりがとにかく目を引いた。コスモミールも仕上がりまずまずで仕上がりの良かった2頭で決着した。
ただ、新馬だけども印象に残ったのは騎手。金沢の渡辺壮騎手の直線での追いっぷりはとにかく凄かった。以前に「日本で世界に通用する騎手がいるとしたら岩田か渡辺壮だ」ということをどこかで見たのだが、確かにそんな気がしないでもない。
だが、渡辺壮騎手はやる気無い時はとことんやる気無いですね。さすがドタキャンで有名な方だけある。
阪神はダイヤモンドヘッドのレースセンス。とても素直に鞍上に従う馬でレースも上手いこと運んだ。
道中で他の馬が行っても落ち着いて追走していたし、直線もあれだけ待って叩き出されるとまたひと伸び。大物感はないが堅実に駆けそうだ。

あと、どうでもいい話ですがヒカリアイは前回買ってたのに今回走るんじゃない。
菊沢仁騎手は今年2勝目。共にこの阪神開催での勝ち鞍。好調のようで。
いやあ、凄いとしか言いようがない。全てが凄すぎる。シーザリオの強さに感動すら覚えた。
まず、スタート後から驚かされた。大外枠を考慮してか無理に控えず前へ進出していった。壁を作れず辛いところで、折り合いが…となるところだが、最初だけ行きたがっていたもののスムーズに折り合っているようだった。ラインクラフトの桜花賞のようを連想させるようなレース運び。
そして、一番驚いたのは道中の進出ぶり。動いていったというより出て行ったという感じ。一流馬にしかできない芸当だ。そのまま、早め先頭で後続を突き放してしまった。瞬発力だけではなく末脚の持続力もあるところを見せてくれた。
G?2戦では瞬発力ばかりが目立ったシーザリオだが、今回は違った面で強さを見せてくれた。レースレベルはともかく凄いものを朝から見せて頂いた。シーザリオとディープインパクトの対決とか見てみたいなあ。
2005.07.03 新馬なのに…
函館5Rを見ていたのだが、「酷いな…」と思うことがあった。バルバロの蛯名騎手の騎乗だ。
バルバロはパドックでかなり馬体が目立っていて「勝ち」を意識させる馬だというのは理解できるのだが、デビュー戦であんなに無理をさせるのは酷いだろう。外から叩かれ追い通しなんて、新馬でやる競馬じゃないよ。あんなダメージが残りそうな強引な競馬をするなんて馬のことを考えて欲しい。あんなレースをさせられた馬は競馬が嫌になってしまうかもしれない。牧場の人や一生懸命仕上げてきた厩務員さんが気の毒だ。
去年、ワイルドソニックという馬が2戦目のオープン特別を使ってから突然走らなくなったのだが、アレは今思うと馬が競馬に嫌なイメージを持ってしまったからではないだろうか。なんだかそう思えてきた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。