上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえず馬のリストだけあげてみます。少しずつ更新できればいいなと思っています。
追加した方がいい馬いたら教えてください。

A…器が違うかも B…余裕で上でいける C…まだ上のクラス(相手)でも行ける D…今のクラスならそこそこには E…今のクラスでも厳しい

● 3歳
オープン
・サンライズアタック

・ホーマンテキーラ

・ペニーホイッスル

1600万下
・トップガンジョー(D) 東京なら

・トラストジュゲム(C) 期待ほどには…

・ブレイクオブドーン(B) 大物の可能性も
この路線の3歳の中央馬ではカネヒキリを除けば一番のパフォーマンスを見せている同馬。
大外ブン回そうと脚が持つという脅威の持久力。上がり36〜37秒台への対応だけが今後の課題。それさえこなせば重賞で活躍できる。G?、G?は獲ってもらいたい馬。

・ツルマルオトメ(D) 決め手はあるが
1000万下勝ちはハマった感が強いが控える競馬が板についてきた。
昇級緒戦も相手を考えれば上々。1200Mでは準オープンの安定勢力になっていきそう。内枠+高速馬場のような消耗の少ない条件なら首位も。

・フサイチアウステル(D) 人気先行
1000万下勝ちは相手に恵まれたもの。3歳牡馬の層が怪しいだけに菊花賞TRでもソコソコ頑張る可能性もあるが、その後は疑問。

・ニシノナースコール(C) 末は既にオープン級
デュランダルとかサイドワインダーなんかは条件戦から圧倒的なパフォーマンスを見せていた。さすがにそれらの馬に比べると可愛そうかもしれないが、この決め手はいずれ牝馬の重賞路線やマイル路線を沸かせてくれるんじゃないかと。
ただ、秋華賞のようにコーナーの多い、ペースの緩急のあるレースは合わないと思う。とにかくハミを抜いて後方からレースをすれば末脚を引き出すことはできるだろうが、スムーズに進路を確保できるか怪しいし、差し遅れる可能性が高い。かといって器用に運ぼうとすると全く伸びを欠く可能性が高い。
ワンターンの1600〜1800がベスト。広いコース向け。

・マルブツライト(D) 折り合い本物か
HTB賞はハイペース+イン突きがハマった印象があるし、相手もさほどではなかった。有力馬も動けなかった感じ。
ただ、鞍上が気をつけて乗れば中距離も持つようだし、この日は雨馬場だったが、良馬場でも通用するの瞬発力も持っている。
3歳牡馬の層が手薄なだけにセントライト記念に出てきても侮れないかもしれない。ただ、中山コースでは馬群を捌くのが容易じゃない。人気が無いなら穴馬の一頭として抑える程度の評価。
もし、菊花賞に出てきても苦しいだろう。さすがに距離が持つとは思えない。古馬に混じっての準オープンもメンバーに恵まれないと。


・モアザンベスト(D) 注文つくが

1000万下
・タマモゴールド(C)
500万下勝ちのレースは2番手で控えたものだったが折り合いはスムーズとは言い切れないものだった。それにも関わらず直線ではまずまずの伸び。馬体も仕上げきったものではなかったのに地力強化を感じさせた内容。レース運び次第で1000万下なら十分に勝負になる。ただ、軽い馬場でこそという感じも。

・サンレイジャスパー(C) 牝馬相手なら
2戦続け豪快に決め手を披露。3歳牝馬・この厩舎と騎手というのはタイプは違うがメイショウバトラーの臨戦過程を思い出す。
ただ、前走はペースと相手に恵まれた感じはあったし、メイショウと違って前で競馬できるかわからない。レースの幅があまり無いようなタイプとも思える。能力は高いと思うのだが、ローズSでは3着があれば良いほうで自己条件でも少し時間が掛かるかもしれない。

・トウカイルナ(E) 相手に恵まれた

・カタナ(B) ダートの新星
外からの進出でサンクスアロットを相手にしないという内容は評価できるし、同日の1000万下と比べても上がりを踏まえれば遜色ない内容。芝だと決め手が地味だがダートではそれがカバーできている。時計のかかる中山の馬場なんかは特殊なので何とも言い難いが、いずれはオープンまで行ける器だとは思う。

・トーセンディライト(C) 可能性秘め
500万下の勝ちっぷりはそうでもなかったが、折り合いにまだ難があるまま勝ったのは能力の高さだろう。
現状では1400〜マイルまでの短い距離の方が良いのでは。折り合いを気にすることなく競馬できるので弾ける様な脚を使えるはずだ。

・シャーベットトーン(C) 思ったよりは…

・ゼンスピリッツ(C) 長距離期待の星になるか

・エレスサール(D) 持久力ある
瞬発力に欠けるだけに500万下勝ちは相手に恵まれたのもあるし、札幌の適度に時計がかかる馬場が良かったのだろう。今後も時計や上がりのかかる条件なら1000万下でもソコソコ通用しても。逆に言えば上がりをまとめる力が少し弱いので主要な開催場の高速馬場には対応できるか疑問。
4つコーナーを回る芝の1800M戦あたりで前に行って粘りこむような競馬なんか面白そうだが。
あと、モタモタと走っている感じで追える騎手の方が合っている。

・クリソプレーズ(D)

500万下
・アドマイヤタイトル(C) 大敗度外視
1500M戦はほとんどヤラズみたいなレース。気にしなくて良い。
器用さはあまり無さそうなので外差しが決まる条件じゃないと辛いかもしれないが準オープンくらいまでは。

・メイショウオウテ(C) 素質は高い
とにかく折り合いがつかない気性のキツさが鍵。
中〜長距離を中心に使われているがマイルぐらいなら折り合いがつくだろう。気性面の成長があれば距離もこなすようになるだろうが、少なくとも現状では。少なくとも準オープンまでは行ける素質はあるように思うが。

● 古馬
オープン
・ヤマニンアラバスタ(D)

・マルカキセキ(C)

・フサイチホクトセイ(D)

・ワンモアチャッター(E) 堅実さ出てきたが

1600万下
・ビッグエンデバー(C) 勢い本物

・ワンダーハヤブサ(D) 

・ユキノアメージング(E) 地力強化は認めるが…

・リボンアート(D) 瞬発力非凡も

・ウェディングバレー(D)

1000万下
・メジロニコラス(C) 競馬が上手くなった
以前はとにかく不器用な追い込み一手のイメージがあったが、ここ2戦は上手く立ち回ってきている。
折り合い面での不安は元々無いし、層の薄い長距離路線なら上でもやれるチャンスが十分にある。トウショウナイトやオペラシチーくらい活躍できる可能性を感じる。

・ツルマルホマレ(D) 底見えたか

・ケイアイヴェニス(D) 条件を選ぶ馬

・サクラプログレス(C) 外差し馬場なら
器用さは無いが勝利を挙げた小倉、函館の競馬ぶりは圧巻。外差しが決まる馬場での競馬ぶりはオープン級と言っても過言じゃない。
瞬時にトップスピードまで加速できる馬ではないので器用さを求められるような高速馬場でコースロスを意識しないといけない条件だと辛い。コースを広く使える馬場条件でスムーズに加速できるかを考えて買いたい。

・ディアチャンス(C) 牝馬相手なら
少しズブさが出てきた。これは良い傾向なのか悪い傾向なのか。
クイーンSは大外枠が堪えたもの。外差しが壊滅の競馬で1秒負けていないのは能力の証拠だ。
馬体減りしなくなってきたように体質面の強化が著しい。自己条件なら相手を問わず首位争いできる力があるし、牝馬相手ならかなりのメンバーとやれると思う。いずれは重賞を獲れる可能性もあるのでは。

・ソーユアフロスト(D) 地力あるのか

・マヤノグレイシー(C) アンカツクラッシャーの恩返しなるか
前走はニホンピロキースが口向きが悪いのか手間取っていたとはいえ、決め手が鮮やかだった。常にソコソコ人気になる馬で馬券的妙味は薄いと思うけど、ここにきて持ち直してきたのは確か。
休む前も強い相手と善戦しているし、今の上のレベルを考えるとオープンでもやれる力も十分ある。アンカツも言ってるけど無事にいってほしいな。

・ジョイフルハート(B) 少なくとも準オープンまでいける器
とにかくスピードが上。順調に使えなかったが能力を感じさせていたということでサイレンスボーイを彷彿とさせると評したがアレより軽快な感じ。
順調に使えるのなら既にオープンでも勝ち負けできると言っても過言ではないような気がする。今のダートの短距離路線の層は以前に比べてかなり薄くなっているし。ただ、ここ2戦は少し先行力を出しすぎな感じはあるので、その点だけは心配かも。
スポンサーサイト
札幌1Rマナーハウス。最初は持て余し気味だった馬体が1戦ごとに絞れてきて今日はようやく太め感のない仕上がりになっていた。
だが、鞍上武幸四郎は今年の成績があまりよろしくない。乗れていないというよりは何らかの理由で騎乗数が少なくなっていることが大きい。理由はわからないが。
彼の持ち味は馬を尊重した騎乗ぶり。とにかく馬のペースに忠実な騎乗で相手や馬場を関係なく、その馬の持ち味を引き出すことだけに力を注いでいる。彼によって新しい面を引き出される馬も少なくないが、逆にコースロスを意識しないといけない馬場や極端な先行有利な馬場でも騎乗スタイルを変えることがないので批判の対象になることも多い。
そんな幸四郎の今日のマナーハウスでの騎乗ぶりは今までの幸四郎に無い意思を感じる騎乗ぶりだった。
まずスタート後に馬を急かすかのようにグイグイと押していく。明らかに良いポジションを獲りに行くような意思を感じる。幸四郎が馬任せの位置取りでは無い競馬をする。「勝ち」を意識していたからとしか思えない。指示なのかもしれないが、それにしても珍しい。1コーナー付近で外からアドマイヤに来られて窮屈になりそうな場面があったが、それでも馬を怯ませず馬体を入れていく。この「強引さ」も幸四郎らしくない。ああいう場面では無理をせず控えることの多い騎手。やはり位置取りへの拘りなのだろうか。
しかし、良い意味で幸四郎らしさを感じさせるところもあった。満足のいく位置取りを確保した後はしっかりと息を入れさせる。前のアドマイヤキッスが抜群の手応えでいつでも抜けれる状況を作っているのに対して焦りを出してもおかしくない場面。だが、ここからはいつもの幸四郎らしく焦っても仕方ないというのを理解していた。
息を入れた後は一気に加速していく。とにかくブレーキをかけないようにどこかで外に出さないといけない訳だが、外に出すタイミングもほとんど完璧だったと思う。最後はキッチリと差しきってみせた。
こういう競馬を毎回できれば…というのは少し高望みだとは思うが、ちゃんと乗れば良い乗り役なんだから、もっとしっかり…と思っていたら4Rも渋い競馬をしていた。少しは真面目にやる気になったのかもしれない。
小倉1Rのデンシャミチ。前走では馬が若さを見せて「真面目に走れば」と思うところを見せてくれた。
難しいところのある馬を柴原騎手がどう乗るのか楽しみにしていたが、まず前走で物見をしたスタート後ではガシガシと気合をつけて物見する暇を与えない。悪くない判断。
道中は先行集団を内で見る形。コースどりは枠なりのものでローラーで固められた馬場をロスなく追走していく。馬が少し気を抜こうとしたのか馬群に突っ込んで行くことを戸惑っているのか前に進もうとしなくなると、すかさず鞭をくれて前を追撃し始める。鞭を使うには少し早いように思えるが柴原騎手の腕力を考えると鞭を使わないと馬を本気にさせることができるか怪しいし、何よりも馬がまだ遊んで走っているような状態だから少し馬を怒らせるぐらいで丁度良い。
少し早めの進出でもレース終盤まで加速していたし全く問題なかった。人馬共に前進できたレースで内容があったのではないか。改善すべき点を次に生かす。プロってのはこうあるべきなんだ。
兄ブラックタキシード同様にとにかく気性の難しさが出世を阻んだ馬。サンデーの大型馬ということで見栄えが良くてとにかく立派な馬体。兄同様に期待も高く、常に人気していた。
だが、途中で気性難が改善された兄とは違い、ブラックジーンズは全く真面目に走るところがなかった。結局、力を出し切ったと言えるのは未勝利戦と駒草賞ぐらいのものである。
その未勝利戦は素晴らしいパフォーマンスだった。とにかく周りに馬がいると走る気を無くすこの馬を逃げることによって馬に精神的ストレスを与えることなく最後まで走りぬいたというブラックジーンズにとって最初で最後の完全燃焼ぶり。タイムは当日のNHKマイルCと同じ1:33.5で着差は8馬身。少なくとも未勝利でウロチョロしてる馬の走りとは思えないもの。だからこそ、その後は不満しか感じない。
この後ブラックジーンズが逃げる競馬をすることは全くと言ってよいほど無かったのである。結果は当然のように未勝利でウロチョロしてた頃に逆戻りしてしまった。あの未勝利を見たら逃げるのがベストと考えるが普通だと思うのだが逃げれない理由でもあったのだろうか。
結局、あのまま武豊が乗っていたら… という残念な結末を迎えてしまった。「未勝利しか勝てなかったんだけど、能力は重賞級だったんだよ。」なんてことを言える貴重な馬。ああ、もったいない…
2005.08.11 たまには更新
ブリーダーズゴールドCのメンバーを見て

ふつうの人
「タイムパラドックス今年も出るんだあ」
道営ファンの人
「どうにか地元馬に頑張ってもらいたいよね」
アレな人
「ユウキュウとうとう北海道にも来ちゃったね」

サンボマスターの新曲は7位だそうで。もう少し早く出した方が売れたんじゃないかと思う。まあ、別に俺には関係ないですけどね。
サンボマスターは売ろうという動きが強い。私は商業的な臭いみたいのが強すぎると少し拒否反応が出てしまうクチだがそれでも好きな部類だ。
ただ、サンボマスターって少ししつこいのかもしれない。見た目じゃなくて曲が濃いというか。ライブならともかく、何回も連続して聞くと疲れそうというか。パンチが効いてて美味しいラーメンなんだけど、頻繁には食いたくない。みたいな(きっとこの例えは失敗なんだろうな)

結構前の話ですがcoccoがミュージックステーションとかいう毎週どうでもいいアーティストがよく出る番組に出てたようで。
coccoは好きだったのですが、今のcoccoはどうもガツンと来ない。以前にも今、歌ってるような曲(さわやかな曲、メルヘンチックな曲)というのはあった。けれでもそれは生命力を吐き出していくような激しい曲の後の清涼剤のような役割でこそと思うので、そればっかり聴きたいとはあまり思わない訳で。少なくとも遺書のようなスケールの大きさを感じるサウンドの曲はないし、今のcoccoの歌声はアッサリとしすぎていて物足りない感じだ。逆にこっちの方が聴きやすい人もいそうだけど。
ただ、相変わらず歌うときは裸足で目が怖かったですけどね。

どうでもいい話だが、ちょっと前に自転車で色んなところをウロチョロしてきた。車ばかり乗るようになってから自転車にあれだけ乗ったのは久々だ。
そこで驚いたのは外に出ている人間の多さだ。いかに自分がインドアな人間かということを痛感する。オッサンは上半身裸で走ってるし、競輪選手でもないのに凄い自転車にヘルメット被って走ってる奴はいるし、なんだんだよアンタらは… 上半身裸にしていいのは若い女性だけにして欲しいよなと思った。

あとこれはいまさら感タップリだが、エンタの神様に出てるような奴というのは人の悪口しかネタを作れないような奴ばかりだなと思う。お笑いブームはつまらん奴が平気でテレビに出てくるから怖い。その流れに乗じて宗教つながりでつまんない奴出しても大丈夫だろ的なことをやるのはねえ… お笑いブームなんか来なきゃ良かったのに。私はお笑いとか興味ないので三拍子しか知りません。

だいたひかるは昔の方が面白かったと思う。ホリプロライブかなんかの映像で見た記憶があるのだが、明らかに垢抜けてないモサっとした女の子が淡々とネタをしていったのは当時としては衝撃的だったんだけどなあ。
2005.08.07 勝手に
とある方にメールを送ったところメールの内容についてブログで触れてくれた。この方はメールを送ると送ったメールの1.5倍くらいの返事をくれることが多い。本当に競馬がお好きなのだなあと思う。
その方が小倉9Rを予想していた。ということで私も予想してみよう。あんまり当たる気はしないが真面目に予想してみよう。

メンバー構成・短距離色の強い先行馬がビッグエンデバー、ラブイズミラクル、ウインリゲル。短距離色の強さは無いが先行したい馬がエイシンハクサン、カシノコールミー。ハナ争いがそんなに落ち着かないと勝手に決めつけてみたい。そうなると今の小倉ダートにある主導権を執りきった馬だけは残るという現象は起きないのではないかと思う。
そんな展開でも今の小倉で外差しを決めるのはかなり難しい。未勝利クラスならともかく1000万下となると尚更。このような想定であってもある程度ロスなく回って来れる馬を選んだ方が無難ではないか。
あと、短距離色の強い先行馬ではスタミナが足りなくなるというのも決めつける。

スタミナ不足 10 11 14
コースロス 12 13 15
能力に疑問 2 3 5 12 13

候補 1 6 7 8 9 11 15

インペリアルパワー
また内枠。
ただ、序盤から馬群に入っていけるほど先行力がなく馬群を捌けるかどうか。更に頭数が増えるし、簡単ではなさそう。せいぜい買っても少しだろう。インを突ききれるかどうか。

ピサノフィリップ
前走はペースもあるけど外をまわされて追いかける形ではどうしようもない馬場。そんな中で大崩れしなかったのは評価できる。
半端に控えなければ首位濃厚。半端に前に馬を置いたりすると少しジリっぽくなって取りこぼすかも。まあ、それでもこのメンバーでは一番信頼できそうだが。

タマモガルチ
前走は上手くインを通って競馬ができていた印象。
ただ、この条件ではアンカツは無視できない。馬は怖くないと思っても抑えたほうがいい。ホーマンオブジェ、アズマサムライ、ローズカクテルのようにメリハリをつけた競馬をするようなら。枠も悪くない。逆に土曜のヤマニンコーリングみたいな競馬したら無理。

リッチスマイル
前走は前崩れと思えばまずまず。
これくらいの相手だとソコソコ動けるだろう。ただ、勝ちきるには鞍上がある程度厳しい競馬をしないと。

スズカフォイル
2走前のレースぶりからは能力はあるのだと思う。
ただ、前走の鞍上によると砂を被ると良くないらしく、かといって外から進出するのでは辛い。無いことも無いとは思うのだが違うところで買いたい。できればここではあんまり来ないで欲しいね。でも、乗り方一つで怖い馬ではある。


インターコウキ
能力はここではかなり高いのだが枠がなあ…
頭数が頭数なだけに辛そう。

評価
A ピサノフィリップ
B タマモガルチ リッチスマイル
C スズカフォイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。