上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の日刊スポーツ北海道版に「岩見沢開催スタート」の文字が。
記事も「今日7日から岩見沢開催スタート」
恐ろしいほど気付いてない。今までどこでばんえいやってたんでしょうね。これ見て北見開催始まったのに気付かない人もいそうで。
2006.10.06 7日の予想
明日は買うレースは0に等しい。(暇だから手は出すけどね。)
何かしながら競馬見ようかな。

京都
9R トップコメット 良馬場がいいが
前走は不利がなければ勝っていただろう。
牝馬限定戦で低調なメンバー。今度こそ内を上手くたちまわりたい。

10R キングオブウィナー 逃げ一騎
単騎逃げ濃厚。こちらは少し馬場が渋ってるくらいの方が持久力勝負になって歓迎。
アエローザ以外は十分抑え込める。

東京
4R ユウタージパング そろそろ決めたい
前走は勝ち馬と枠の差が出た。東京なら中山1200よりはじっくり乗れるし、決め手の差でどうにかなるはず。
2006.10.06 今週の調教
毎日王冠 デキなら負けないグレイトジャーニー
メジロマントル 6 ↑ 前走と違って動きがシャキっとしてきた。上積みは大きい。
ローエングリン 6 やわらかくゆとりのある動き。状態は安定して良い
ダンスインザムード 6+ すっかり精神面が落ち着いてきた。ビシビシ追われていないが運動量は足りているし、最後の伸びもキレがあった。
アサクサデンエン 6+ 安田記念ぐらいか。久々らしさはなく、しっかりとした動き。
ダイワメジャー 6 馬体の仕上がりはかなりいい。時計をソコソコまとめたのはあるが、追われてからが少し不満。乗り込みは足りているので馬場状態によるものかもしれないが。
クワフトワーク 6 ↑ 今年2戦の状態よりはいい。少しは見せ場を作れるかも。
テレグノシス 6 動きは軽快だし、馬体も太め感ない。ただ、乗り込み量が少ないのでレースに行って大丈夫かは少し不安。
ダイワバンディット 7 京成杯を回避したが相変わらずの猛稽古。迫力十分でデキだけはいつもケチのつけようがない。
ハットトリック 6 乗り込み量は少ないが牧場で乗ってきたと言うだけあって、一応間に合わせてきた動き。スピード乗りは遅いがズブイ馬で。
カンパニー 6 時計ほど良さは感じなかったが久々らしさはなかった。8〜9分のデキには。
サクラメガワンダー 6+ 少し飛びが大きくなった気がする。力強い動きで、これも仕上がりは良さそう。
グレイトジャーニー 7 ↑ 追えば追うほどグイグイ伸びた。動きだけなら1番。
オースミグラスワン 6+ 最後まで脚色が乱れなかった。まずまず。
サイドワインダー 6 相変わらず調教はいい。
マルカシェンク 6 少し終いが物足りなかった。まだ少し息ができていないかも。
ロジック 6 時計は地味だがローゼンクロイツを待つ余裕があった。楽な手応えで先着。まだそんなに強めに追われてないが、本数がまずまずで仕上がりも悪くない。

京都大賞典 本格化?インティライミ抜群
トウショウナイト 6 時計は地味だが仕掛けられてからの反応は確か。デキ落ちはない。
ストラタジェム 6 乗り込み量のわりにしっかり。これも放牧先での乗り込み量が豊富だったのだろう。ただ、集中力が少しだけ散漫。
アイポッパー 6 同じ久々でも阪神大賞典の時とは違う。調教では動かない馬だが、そのわりにまずまず。
マイソールサウンド 6+ DWは時計が出るようだが、それにしても最後の伸びにスピード感があった。
ファストタテヤマ 6 特に変わってきたところはない。順調。
キーボランチ 6 芝コース。動きは軽く、仕上がり自体はよさそう。
アルファフォーレス 5 バタバタ
ローゼンクロイツ 6 ロジックには少し遅れたが、そこまで調教で駆ける馬でもない。ただ、本数的にも叩いた方がいい。
スイープトウショウ 6 これで速い時計は3本。時計はまずまずなのだが、あまり良くは見えない。バテなかったのが評価できるが。
インティライミ 7+ 調教で動く馬にしても抜群の伸び。久々だが100%力を出せそうだ。春より良さそう。

秋華賞 ブルーメンブラットが挑戦状を叩きつける猛稽古
キープユアスマイル 6 折り合いに不安なし。ただ、馬体が細い。
アサヒライジング 6+ 動きに余裕。反応もいい。
アドマイヤキッス 6+ ↑ とにかく動きが軽い。叩いた効果は十分ありそう。
ヤマトマリオン 6 ↑ 強めに追えているのがいい。しっかりとした足取りで叩いた効果はある。
サンドリオン 6+ 秋山騎乗。しっかりしていてまずまず。
フサイチパンドラ 6 ↑ 持久力タイプで追ってから少し地味だがCWでこれだけ動けば十分だろう。
ニシノフジムスメ 6+ 馬なりでサッと流しただけ。軽快さはあるが、前走も仕上がりは良かっただけに上積みまではどうか。
トシザサンサン 6 この日の3番時計だがそこまで目立つものでもなかった。
シェルズレイ 6 持久力タイプとしては理想的な内容。
ブルーメンブラット 7 この日の1番時計。ソコソコ飛ばして最後まで脚色が乱れないのだから大したもの。追われてからの伸びも上々。持久力を活かす競馬ならチャンスがある。
サンヴィクトワール 6 上がり重点。最後の伸びはなかなかで少しは叩いた上積みがあるかもしれないが、馬体に幅が出ずビシビシやれないのが現状では。
コイウタ 6+ 外から併走。追ってから力強く、成長はありそう。
キストゥヘヴン 6 内から併入。追ってまずまず。前走よりは動くようになった。
タッチザピーク 7 動きは文句なし。坂路でスピード感のある動き。
ブロンコーネ 6 動きは悪くないのだが、強めに追われたのはこの1本のみ。中身ができているかどうか。
カワカミプリンセス 6+ 内から併入。行きたがるところを見せたが、追われると突き放す。本数も足りているし時計も申し分ないが、欲を言えば最後にもうひと伸び欲しい。
ソリッドプラチナム 6 馬なりだがまずまずの時計を見せた。馬体は仕上がりすぎているくらい。

1600万下
ブラックバースピン 6+ とにかく脚の回転の早さが目に付いた。
ファイトクラブ 6 上がり重点にしては終いが地味。
マイネルデュプレ 6 少しメリハリに欠ける内容ではあるが、状態自体は悪く無さそう。
ムーンシャイン 6 併走相手が走らなかったせいもあり無理しない程度。
シンボリウエスト 6+ 力強い動き。内のマチカネゲンジを圧倒。
オトコノユウジョウ 6 時計は地味だが動き自体は悪くない。状態はまずまず。
アドマイヤカリブ 6+ 飛ばしたので直線の伸びはさほどではなかったが久々としては上々。
チョウカイフライト 6 終い重点。キビキビとしていて悪くない。ただ、馬体は少し細いか。
コンドルクエスト 5 最後の伸びに不満。乗り込みが足りていないか。
トーセンテンショウ 5 追ってからの反応に物足りなさを感じた。時計ほどの良さは感じられず。
キンシャサノキセキ 6+ 3頭併せの内で我慢。一瞬見せた脚は素晴らしいものがあった。ハマれば相当やれる力がある馬。久々だが仕上がりも良さそう。
2006.10.05 凱旋門賞
ペースは1000M61秒前後。1600Mの通過が1分37秒くらい。
スローペースと言われているが馬場を踏まえると平均ペース。


レイルリンク…ディープインパクトを徹底マーク。少し渋いところがあるのか直線入り口あたりでは手綱が動いていたが残り300Mあたりからは持久力の違いで前を飲み込み始めた。
斤量もあるがディープをマークして理想の競馬に持ち込めた。渋い馬で流れに取り残されることなく絶妙な騎乗を見せたパスキエ騎手のファインプレー。

プライド…無欲の後方策でどこまでという騎乗。8番手(シンガリ)から。
道中は一番無駄のない競馬ができて、直線も大外まで行かずレイルリンクの後ろ。ただ、レイルリンクが外に行ったときにディープの後ろになってしまった。そのディープがあまり伸びてなかったので結局、外に持ち出すことになり、差し遅れた原因に。結果論だが、直線入り口で大外を選んでいたら勝ち馬はこちらだったかもしれない。

ディープインパクト…スタートを決めすぎて前に壁作れなかったことにより脚を溜めきれなかった。他にも斤量、馬場などが少しずつ堪えて最後伸び切れなかったことに繋がった。
ペースは敗因にならない。ペースが速く、折り合いスムーズだったとしても、この日のディープが最後まで伸びきれたとは考えにくい。ハイペースなら後ろの馬も有利になるし、更に着差をつけられた可能性もあるだろう。


まとめ
単純にシロッコとハリケーンランが別に抜けた馬ではなかったということなのではないか。馬柱を見ただけでプライドはハリケーンランを負かしているし、レイルリンクはいい時計で勝ってきていた。(これは結果を見たから尚更そう感じるところがあるのですが。)
そう差のないメンバーで上手く乗られた馬が勝った。

ディープに関しては似たような競馬しかしてなかった経験の浅さが出てしまったところもあるのでは。豊があんまり競馬を教えなかったんだよね。差し、追い込み、捲くり、大外一気。これだけ見ると極端な競馬しかできない馬だった。それでも「十分強い」というのと、凄い期待で絶対負けられない状況で色々試す余裕が無かった。豊が色々試さなかったのにはそんな背景があるのかもしれない。
小柄で鉄砲も利くし、1つ叩く必要は無かっただろうが、試走という意味で1走使った方がよかったのかもしれない。これも結果論でしかないのだが。あの乗り方はむしろ上手いくらいなのだが、少し自信を持ちすぎたかなという気もした。

マスコミ的にはペースが敗因で落ち着こうとしているが、ペースが敗因ということだけは無いと思う。それに実際、スローペースで負けたとしたとしてもそれがどうしたというのだ。スローペースの何が悪いって話。スローペースだから勝てなかったなんて強い馬の敗因ではないだろう。スローペースに対応できないのが弱さなのだ。

ただ、普通に勝てるのではと思っていただけにレース運びはともかく、不利もなにもなく負けたというのは残念だった。ディープも普通の馬だったんだなぁ。少なくともサイボーグ説は否定された。
ここ1、2年ずっと感じていたことがある。日本の競馬は全体的にレベルが下がってきているのではないか。
条件戦やダート重賞のメンバーを見ていると特にそう思う。

JRAの場合、6月にクラス編成があると1つ(2つ)上で走っていた馬が降級してくる。そうなるとクラス編成の前より条件戦のメンバーに厚みが増してくるのが普通のはず。
ただ、ここ2年はそれ実感できない。今週からは主場に戻って2場開催。これもメンバーが充実してくてよさそうなものなのだが、芝の中距離戦以外は相変わらず手薄。極端な例を挙げると観月橋Sとか。
今年だけなら1つ勝てば上のクラスに行けるという賞金制度によるものだろうが、去年もそうだった。

言い方は悪いけど馬場の高速化でごまかされている。これは意図的ではなく、造園課の馬場を管理する技術が向上しているによるものだとは思うのだが、ダートまで高速になってるのが気になる。(そんなことを疑うのは病的だが)

今日は東京盃を見て改めてそう思った。時計は少し遅いというのもああるけど、上位馬がシーキングザベスト、ニホンピロサート。
シーキングザベストは条件戦を勝ち上がってきた馬。ニシノコンサフォスもそうだがノボノボが元気だった頃あたりでは、そういう馬はオープンになると面白いくらい蹴散らされて上の層の厚さを感じさせられた。
ニホンピロサートがまだこれだけやれるというのも上のレベルがそうでもないという裏づけ。高齢馬が活躍しているのは馬を傷めない調教技術の向上もあるだろうが、世代交代が進んでないことの方が大きいように思う。

だからどうしたと言われればそれまでのことなのですが。
横の比較ばかりしていて馬の成長を把握できてないからレベルが下がっているように感じるのかなと少し考えていたのですが、やっぱりレベルが下がってきているで正解のような気がしてきた。まあ、ノボノボ全盛期の頃が層厚すぎただけなのかもしれないけど、別に東京盃見ただけで言っているわけでもないので。

それにしてもコアレスタイムは動けなかった。前走とは枠が違うと言えばそれまでなのかもしれないけど。現にリミットレスビッドは内枠。ニホンピロもだし。
今年に限ってはJBCスプリントじゃなくてよかったかもしれない。リミットレスビッドは好きだけどG?馬って言われたら違う気がするしね。アグネスジェダイがG?馬になったりした日には意味不明の猛抗議するもん。誰にすればいいかはわからないけど。
追加
メイショウアピール
フューチャーボーイ

ツインスマイル
クロノロジスト 牝馬限定
ミルクトーレル まだ絞れる 距離延長歓迎
ナリタファントム かなり絞れる余地がある
エイシンイーデン
マイグローリアス 絞れれば
スナークオリオン 揉まれなければ
ヤマニンジャルダン
シルクプログレス
ユウタージパング
セフティーベスト 馬体締まれば 1400〜1600
スリーバブルボーイ 絞れる
ホウショウリヴ 絞れる
エイシンイダテン
サニーネイティブ
セイウンドーバー 追える騎手○・砂被り×
シャイニングスルー 使い込まれないうちに
マシロンガール パンパンの良馬場
シルクドラグーン
タイキカムイ 小ダ1700
レーヌフレイバー 軽い馬場
ヴァーチュ
マルカジーク 1200
バンブーユーロ 叩いて馬体が締まれば
7/23小倉1R 2〜6着
キングスベリー
レディキラー
シルクネクサス ワンターン 1600〜1800
ラインフェニックス 芝1000〜1200
シルキーステラ
ニューヨークカフェ
タマモコンチェルト
ポライトストーン 1200〜1400
フィールドベアー
ラズベリータイム
ショウナンガッド 芝・ダート問わない 中距離
クールダンサー ダート 馬体を戻すのが望ましい
エレスサール 1600〜
アマノサクシード 内枠 1200〜1400
ゲイリースティング
フィールドルージュ 1700〜2500
アグネスチャンス 差しもこれる馬場
ホッコーソレソレー 外差し馬場
ニホンピロブレイブ
ボストンゴールド 外差し

かなり条件を選ぶ(できれば穴で狙いたい)
マヤノズイウン
ホッカイショコラ 東京・新潟 ワンターン
ストラトス 芝1200
シンシンマーキー ダート中距離 牝馬限定
マイネルラファエロ 絞り込んで 1200〜1400
クラシックローズ 外差し
クリノファイトオー ダート1200

休養中か
ドラールブライトン 単騎逃げ
シンシアー 芝で
ペニーホイッスル 1200
スターボイジャー 瞬発力を引き出せる騎手で
ゴールドオアシス ダート1800 外差し
チーフシャトー 追える騎手
アサクサポインター ワンターン 1600〜2000
バンブーウエファ 距離短縮 タメれる騎手
アイアムドルフィー 関東なら
レイズユアドリーム
ジェイウォーク
ジャッキーテースト 馬体減り× 外差し馬場
ブリッコーネ 馬群× 追える騎手
マイケルバローズ 外差し 1200〜1400
テイエムカチボシ 重馬場
ラッキーリップス 軽い馬場 距離短縮
トゥルーリーズン
ジョーショークイン 牝馬限定で
リバイバルグレイ
シルクプライズ 1200〜1400
リバーキセキ 外差し
シンメイジュピター

扱いが微妙になってきた(そんなに買いたくないかも)
ニシノゴードン まともな騎手
サクラシリウス

除外
セルフリスペクト 輸送競馬ではあてにしずらい
アリババシチー 体調面の良化がなく
ミヤコノカーン
オレンジアロマ
キャッチータイトル 勝ち上がり
ローランラムズ 使い詰めで
ランキング
パルマローザ
あちらこちらで散々速報が流れると思いますので(速報メルマガを)発行しません。ご了承ください。(日刊ポケット競馬)

すげえ日本語だ。
それにしても今日は雨にやられた。最近、雨降ってなかったから油断していました。選んだ馬はあんまり関係なかったけど、他のレースが悲惨なくらい当たらなくて昨日の勝ちをJRAに返金してしまったよ。
来週から一番嫌いな東京や今年はぜんぜん冴えない京都と地獄のような開催が待っています。2場なのだけが救い。

中山
6R シルクヴェルディ 2着
ターキーに上手く乗られたね。
こちらは出負けで位置取りが悪くなってしまったから。

札幌
8R ランキング 2着
よく頑張っていると思うのだけど。
それ以上にノースベアハートが力つけてきてるね。レース運びも上手いし、追ってからが反則だった。

明日のストック馬
中京3R ナリタファントム 2着
まだ太かったね。
ビシビシ追えないところがあるのかな。叩いたわりに上積みがなかったかな。

中京4R ニホンピロブレイブ 2着
また2着だったね。
崩れないんだけどね…

札幌11R セイウンドーバー 着外
芝では前に行けないね。
距離を伸ばしてみると面白いかな。

中京7R
リバイバルグレイ 5着
この競馬見ると1200Mがよさそうなもんなのだけどなあ。
わからん。
なんだかヘボい画像を使うが気にしないでください。
2006.10.01 1日の予想
もう10月になってしまいました。
ほんと早いですね。

明日は厳しい。

中山
6R シルクヴェルディ 崩れない
前走を素直に評価。

札幌
8R ランキング 同型多いが
かなり行きたい馬が揃いましたが、内枠と藤田騎手の気合に期待します。斤量や馬場を考えると行き切れば十分通用していい馬。

明日のストック馬
中京3R ナリタファントム 自信度・○〜△
絞れるかによって信頼度が変わってくる。
メンバーも微妙なところがあるので、絞れないようなら無理して買わなくても。

中京4R ニホンピロブレイブ 自信度・○
かなり初出走馬が多いので自信を持って頭とは言えないが、崩れるとまでは考えにくく、連軸としてなら信頼できそうです。

札幌11R セイウンドーバー 自信度・×
全く無いと言いませんが、この馬が上位争いする競馬が想像できません。

中京7R
クリノファイトオー 自信度・×
前走は馬体が少し緩めでした。
ただ、500万下となると家賃が高い気がしますね。それに1000Mよりも1200Mで期待したい馬なので。

リバイバルグレイ 自信度・?
もう選んだ理由を覚えていません。さすがに古いですね。
来たら腹が立つので小銭で買います。

タイキカムイ 自信度・△
1700Mではなく1000M。少し忙しいような気がしますね。
1000Mとなると騎手の気合も重要ですから金折騎手というのも失礼ではあるのですが強調できません。
2006.10.01 30日の回顧
今日の競馬は楽しかった。スズノテンカが負けて、買い損ねたソノフェリーチェが勝って、ホーマンラフィットが落馬したあたりなんか半分トドメを差された感じだったけど、そこから開き直って遊びに遊んだのが良い方にでた。
現地競馬だったけど、前回と違ってパドックで馬を見れたし、返し馬の判断も上手くいった。
美味いラーメン屋には寄れなかったけど、いい1日だった。

中京
10R ウィズディクタット 4着
マイネサニベルに被されたのがまずかった。
あそこは内から張らないと。内に入れていいことなんか一つもない。何も考えないで乗っているとしかねえ…

中山
10R ネヴァブション 1着
もうこれは完璧。いい予想だったと思うね。
エイシンテンリューを行かせてから焦らず大外へ持ち出した後藤の我慢も言うことなし。この馬に関しては後藤みたいなのがいいのかもしれない。

札幌
3R スズノテンカ 4着
気合乗りが遅い。大型馬らしくモサっとしていた。
強い返し馬をかければ違ったかもしれないが。内から行かれたの誤算だった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。