上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.31 ダレた
今日も各地の売上に少し貢献しておいた。ほんとに少しだが。
それにしても、これだけ開催している競馬場を多いとダレてくる。園田7Rあたりで「もうこの先わからんし、いいや。」と思いつつもその後も小銭で参戦。

東海ゴールドカップはニッシングリンの頭不動だったが、どうしても相手に差しを買いたくてロングランナーを少しだけ。
その結果、エイシンダイオーに割り込まれて(といっても5馬身前なのだが)ロングランナーは3着。
広く買えばよかった。3連単は7340円もついていただけに勿体無い。

ゆりかもめオープンはフジノウェーブが7連勝。ただ、前走も思ったが控えるとパフォーマンスが地味になる。速い脚がなく持久力タイプ。

高知県知事賞はサンエムウルフがここで復活。(あんまり復活って言葉を使うの好きじゃないけど、他にしっくりくる言葉が無い)
2着のストロングボス。上手いこと気分よく逃げることのできた宮川実騎手としては勝ちたかっただろう。完璧に乗ったが、やはり最後は距離の壁。
人気のマイネルリチャードはスタート直後に馬を急がせたせいか折り合いがよくなかった。「自分の競馬に徹する」と朝の展望でコメントした赤岡騎手がなぜか焦ってしまった。


今日は園田、高知をメインに大井、名古屋、笠松にも少し参戦。
映像を見る限りは今日はどこも人で賑わっていたようで何より。
スポンサーサイト
2006.12.31 いろいろいろ
兵庫JCはプラチナクラウンが差しきって波乱。さすがにタッカーテンビーが馬券の対象にならないとは思っていなかった。もし、買っていたらタッカーから小牧毅、大山と後ろから飛んできそうな騎手へと流そうと思っていただけに、買わんで正解という結果になった。タッカーテンビーは凄い手応えが一気に無くなったところを見ると距離なのだろう。

笠松のライデンリーダー記念はマルヨフェニックス。東海地区の2歳戦は道営からの転入馬にあっさり負けているレースが多かっただけに、ここもどうかと思っていたがマルヨは例外なのか、最後の脚どりもしっかりしていた。3戦3勝の土つかずで今後のレースが楽しみになった。

競輪グランプリは有坂。やはりグランプリらしい手の出しにくい決着だった。期待していた後閑は手島についていけず。展開は悪くなかったのだが… 調子がいいようなことを言っていてアレは無いだろう。
佐藤があの展開で勝てないのは、今までも山崎を差せなかったことがあったことからも予測できないこともないので別にいいや。

今日は難しいレースしかなかったとはいえ、1つもあたらなかった。そんなに買って無くても、配当金0は凹むわあ。

明日も競馬はあるが、もう今年のベストレースを挙げてもいいだろう。今年は帝王賞と菊花賞。他にいいレースはあるけど、レースの格を考えれば「勝ちたいレース」であるG?で好勝負だった2レースを評価したい。
2006.12.28 いろいろ
園田GTはベストタイザンとコアレスデジタルが健闘し、中央馬のワンツーではあったが岩田と小牧という決着なら悪くない決着だった。
ベストタイザンは少し有力を待ちすぎてしまったような気もしたが、何とも言えないところか。だが見せ場は十分あったし、来年はまずは打倒タガノインディー、その後は古馬路線を引っ張る存在になってもらいたい。
コアレスデジタルはジワッと乗ったレース運びが園田の馬場と流れにマッチした。
岩田と小牧はさすがということだろう。2着の小牧騎手は普通なら苦しい1枠で岩田騎手の番手へと流れに乗ったレース運びが見事。園田ではこれだけ上手く乗れるのに中央ではなぜ冴えないのか。2chで「小牧は園田1400の競馬が身に染み付いている。」という意見があったが、まさにその通りと良い意味でも悪い意味でも言わざる得ない。
もう少しつまらないレースになるかと思ったが、そうでもなくてよかった。

他にも園田では1Rに朝からアホみたいな競馬が繰り広げられ笑いを呼んだ。
http://www.sonoda-himeji.jp/ → インターネットライブ中継 → 28日の1R  これは見る価値あると思いますよ。
今年も兵庫GTの時期になりました。
兵庫GTといえばmihimaruGTか兵庫GTかって話ですね。これ、来年もまだ使うから。恥とか知らない。

正直、つまらないメンバーだなという感じ。よっぽど極端な馬場でなければメイショウバトラーの捲くりとリミットレスビット。それに小牧がついてくるかこないとという競馬になりそう。

東京大賞典もアジュディミツオーのデキの見極めだけもアレだし、個人的に最高に相性が悪いG?のノリがアレだし。もう1頭地方勢に匂ってくる馬がいないと燃えないな。ボンネビルで3着狙いというのも普通っぽいし。

兵庫JCは曾和が露骨に2頭大外だし。せめて1頭だけにしとけよ。

競輪グランプリは狙いが定まらない。山崎と佐藤を買うにしても、どちらが頭か。グランプリらしくゴチャゴチャして別線同士なら後閑、合志、小倉のような前が主導権を取れなくても自力でどうにかしてくれそうな奴ら。こちらは少し配当的にも楽しめるかな。頭は決めれないけど。
ストック馬の追加はなし。
ジョウノエリザベスを選ぼうかなと考えましたが、2分切っちゃうと人気がきつくなりそうなのでやめておきました。
普通はケープポルトのレースから選ぶんだろうけど、それもあえて避けました。
日曜阪神6Rハイペースで、どの馬も現時点で最高のパフォーマンスだった気がするので扱い方が難しいかも。今週はそんなレースばかり。
エイワムサシは落ち着きが出た時に買えばいいや。それまでは静観します。


土曜
阪神3R(トーセンアーチャー)
阪神7R(ケープポルト)

B+
なし


土曜
中山8R(シャーベットトーン)
阪神6R(フェスティブマロン)

日曜
中山5R(トーセンブレイク)
阪神6R(クラウンプリンセス)
中京4R(ライトグランデュア)

条件変更
ワンダフルドーラ 追える騎手の方が良い

除外
ヒシポラリス
マイネルアワグラス
2006.12.25 あれこれ
競馬ブックに掲載されている河村清明さんのコラムを見てホッとした。同じことを考えている人がいたのだと。
あの騒動以降、某馬が出走するレースに関心を持つ気になれなかった。馬券は一切買いたくないと思った。ビタ一文出さない。これは抗議の意味を含めていないこともなかったが、それよりも拒絶反応みたいなものがあって買おうとも考えなかった。

競馬で飯を食っている人がこの記事を書いたのは価値があると思う。間違いなく今後の取材に支障が出るだろう。それを踏まえても書くべきことだと判断した河村さんの勇気を賞賛したい。

オースミダイケンの時も思ったけど競馬ファンは諦めがよすぎるし優しすぎる。おかしいことは「おかしい」と声に出していきたい。
カワカミプリンセスがアウトでフサイチホウオーがセーフなのにも疑問が残った。

他にもグリーンチャンネルのパドック解説に関して書かれていた。
パドック解説は個人的にいらないと思っているのだけど、それはさすがに少数派だろう。当番制を批判しているけども、これは遠まわしに「あんな奴が解説やってるのはマズくねえ?」と言いたいのだと解釈している。競馬ブックのTMも解説陣に入っているだけに、よく書いたなという感じだ。
確かに聞いていて「本当に馬を見ているの?」と思う酷い解説者がいるのは事実。グリーンチャンネルの場合は個人的にオッサンがたはしっかりしていて、若くて名前をあまり聞かないような人がどうかなと思う。
パドックを見る眼というのは人それぞれ(パドックに限らないが)なので、微妙なところなのだけど。

最近、メディアに露出する解説者に関しては正統派(正統派の定義に関しては省かせてもらう)が少ないと思う。
個人的に竹内康光さんの解説は勉強になるし、馬券オヤジとしても好きなのだけど、中央ではそこまでの人はいない気がする。
もう少しアナログに強い人が出てくると競馬の話をしていて楽しい人が増えるのだけどなあ。
意味も無く友人のコメントを添えた。

ポイズンガールバンド
相変わらずソコソコ面白いんだけど、芸風からして突き抜けるような笑いがとれないような。どのネタも同じような感じだし。
友人「出したの失敗じゃねえの。」

フットボールアワー
貫禄。岩尾さん飛ばしまくってたなあ。
ネタ自体も作りこまれている感じ。さすが。
友人「岩尾ってあんなのキャラなのか(笑」

ザ・プラン9
これ漫才か?
友人「あんまり見てなかった。」

麒麟
ネタそのものは一番面白くなかった。
ただ、田村さんの動きが相変わらず面白い。

トータルテンボス
たまに見るのだけど微妙なネタしか見たことが無い。
序盤のベタなボケの繰り返しはやりかたによってはもう少し面白いかもしれないけど、どうも弱い。
でも終盤のたたみかけはなかなかよかった。今まで見た中では一番面白かった。(まあ、あんまり多くのネタを見てないのだけど。)

チュートリアル
徳井さん上手いなあ。
ネタ自体も細かい感じで欠点が一番少なくてバランスがいい。

変ホ長調
ネタ自体は一番面白いような気がするんだが…
技術的なところで嫌われたのか。
友人「悪口言ってるだけ。エンタに出ればいんじゃないの。」

笑い飯
審査員の方々の言う通り終盤のたたみかけに至るまでが物足りない。
友人「出るたびにつまらなくなってきてないか?」

ライセンス
敗者復活戦と同じネタらしいけど、これは面白い。
他のコンビがどんなネタしたかわからないけど、これなら納得。
終盤、少し失速した感はあったが麒麟より下なのはおかしいような。
(審査員の面々には年齢的にドラエモンネタは辛かったか?)
友人「ドラエモンネタ自体が新鮮味なくねえか?」

決勝
岩尾さんの勢いと後藤さんのモノ凄いツッコミでもう一丁というところだったが、それ以上にチュートリアルが面白い。
ぶっちぎりで文句なし。普通の決着で何より。


ポインズガールバンドを1番手に出すのはなんか意図を感じたが、トータルテンボスと彼らが出れるなら、三拍子か流れ星にチャンスが欲しかった。
ということで来年こそ三拍子。
2006.12.24 ファンレター
タガノサイクロンと池添騎手のレースぶりには驚いた。
というのは位置取り。縦の位置取りはあんなものかなと思ったけど、横の位置取りが内すぎるんじゃないかと思っていて、見ててほんとヒヤヒヤした。
ゴチャつくのだけは勘弁して欲しいなと思いながらレースを見ていた。

レースも中盤から後半へ。ペリエがレースをぶっ壊しすぎたものだからタガノが全然映らない。
しばらくしてようやく後ろも映ったと思ったらタガノがいない。

「タガノどこだ。」

そう思った瞬間には既にトーヨーエーピーを押し退けて外に持ち出していた。
そこからは速かった。やっぱりあの馬は強い。だけど今日は池添が落ち着いて乗ってくれたのが大きい。早めから外に出していたら際どかっただろうし、少なくともこれより楽には勝てなかった。
「こう乗って欲しいな」と予想していて考えるが、池添謙一は僕の想像を超えた騎乗で応えてくれた。ほんとありがたい。こういう時に「プロだな」と思う。


さあ、いよいよタガノサイクロンがオープン入り。
どこまでいける器なのか。これ以上の上積みがどうなのかという疑問はあるが、次はたぶん平安S。いよいよゲルニカを越えるか越えないかというのも現実味を帯びてきた。
ゲルニカと違って前で勝負できないのは辛いが、なんとか頑張って欲しい。

1000万下 1着
1600万下 1着
平安S  1着
フェブラリーS 1着

もしかするとこの冗談が現実になるかもしれない。(10%くらい本気)
実はこれには続きがあって、ドバイ…いや、なんでもないです。


ということで平安S(出るのかわからんが)に期待したい。
2006.12.24 24日の回顧
今週は競馬やる気無くて、競馬ブックも月曜日に買ってこなかった。
かえってこれくらいの方がいいのかもな。マイネルアワグラスが決めてくれて何よりだったし、選ばなかったけど期待しているタガノサイクロンも連勝してくれた。タガノサイクロンに関しては後でなんか書く。
大好きなスピニングノアールが勝ったのに馬券を買っていなかった(内枠なのにエムエスワールド買ってしまった)のは痛恨だけど、馬券的にとてもいい土日だった。

中山
2R マイネルアワグラス 1着
思ったより普通のデキだった。
ただ、それだけにレースぶりが少し物足りなく映った。2、3着はわかるのだけど、その後ろがちぎれなかったのはどういうことか。
9着馬までレベルが高いのか。それとも上位が思ったより動けていないのか。半々くらいかなと思う。選べば使えるレースなんじゃないかな。


阪神
7R エイシンヒエイザン 着外
スタートして5秒くらいに勝利を確信したんだけどなあ(笑
伸びなかったねえ。自力が足りないのか追走で終わってしまった。
多少ぶつけられたけど、あれがなくても変わらなかっただろうね。
今日は岩崎が調子良かったんだけど、ここだけダメだった。嫌がらせかと言いたいところだが下手に乗られたわけでもないので。

あとは兵庫GTと東京大賞典。他にも兵庫JC、ライデンリーダー記念、東京2歳優駿牝馬が残っています。あと競輪のグランプリもありますし、まだまだ楽しみは続きます。まだ財布の中身の心配は続きます…
2006.12.23 24日の予想
2倍つくか心配していたマイネルアワグラスが妙に人気無いなあと思ったら、中間に一頓挫あったのか。さすがにトーンダウン。まあ、買うんだけど。

中山
2R マイネルアワグラス 前走レベル高い
テンザンコノハナは今日の縦の木賞ではハナに行かず持ち味を生かせず3着だったが、その後方にはクリーン、ジョーモルデュー。やはりレベルは確かな1戦。
そこで2着した同馬。だが、今回は前走後に左前の屈腱部が腫れが出て1週楽をさせているのをどう取るか。
ビシビシ追えてないが運動量と能力でカバーできるとみた。あとは太めが残らずにヨシトミが変に控えなければ。

阪神
ロングキャロットは調整が少し手緩い気がするので思ったより良くなってこないかも。絞れたら少し買うかも程度。

7R エイシンヒエイザン 条件替わって
1200Mは少し忙しいし、鋭い脚は無い馬なので前走はむしろ善戦した部類。
久々と叩いて動きが少しずつ良くなってきているし、距離延長なら少しは前で流れに乗れる。今日の競馬を見る限り外枠は更にいい。
2006.12.23 大一番
今年の中山大障害は盛り上がりに欠いていた。
それもそのはずテイエムドラゴンがいない、スプリングゲントがいない、コウエイトライもいない。そりゃクールジョイも今更勝つわけだ。新聞も特別レースと同じ扱い。

僕も忘れていた。ただ、ボーっとレースを眺めるだけ。「金子と小坂と西谷の争いかあ。」とか思いながら。レース後も「調教大将のマルカラスカルがとうとう障害ではあるがG1馬になったか。」程度の感想しか思いつかなかった。

だが、西谷騎手のインタビューを見て、損したことに気付いた。こんな思いで競馬をしている人がいたのを知らなかった。なんて勿体無いことをしたのだろう。

「先生のね、ラストイヤーやったから」

西谷騎手がまだ平地のレースにも乗っていた時にマルカダンガンという期待のお手馬がいた。
マルカダンガンはなかなかの素質馬だったが、あまり丈夫ではなかった。そのせいもあって、中央ではオープン馬になることなく道営へ移籍していった。西谷騎手としては悔しい思い出だろう。
そのマルカダンガンの同じ馬主、同じ瀬戸口厩舎の馬。この繋がりは偶然じゃない気がした。競馬はドラマだ。
今年の中央競馬も明日を残すだけ。
明日はどうでもいい。今日勝ててよかった。

中京
10R アルナスライン 1着
更に絞れていた。
砂を被ったせいかはわからないけど少しイヤイヤしていた。でもズルっと後退しなかったし精神的になかなかタフ。
中団の絶好位置からの競馬でレース運びも文句のないところ。
今年最後の大一番「縦の木賞」を締めてくれて何より。

11R タムロスターディ 着外
もう少し外枠なら流れに乗れたのだろうけど。
内だったせいか動くに動けなかった。瞬発力はないから流れに乗れないとどうしようもないね。
もう少し外に出せればよかったんだけどね。

阪神
11R グッドラックアワー 中止
残念としか…
2006.12.23 23日の予想
ワンダフルドーラとヒシポラリスは崩れないだろうけど人気がきついなあ。ブルーベレッタは赤木ルールがあるし、エイシンバンワートはエイシンバンワートだし。

中京
カリオンツリーはパドック見てからにする。このレースは地味にメンバーが悪くない。ジャイアンだったら「中京のくせになまいきだぞ!」とか言ってキレてるな。
アグネスハッピー、顔も見たくないタマモコンチェルト、モンサラージュあたりはなかなか。

10R アルナスライン パワーある
この馬には上がりが早すぎた前走。スピードは物足りないが持久力とパワーならある。
砂を被って嫌気が差さなければ面白い。流れに乗れれば。

11R タムロスターディ パンパンの良馬場なら
近走は良馬場でも微妙に時計のかかる馬場だったり、雨馬場が敗因。
最終週だが先週の中京を見る限りギリギリ8秒台が出てもいい馬場。佐藤哲三騎手に手が戻ったここは前進できてもいい。

阪神
11R グッドラックアワー 瞬発力はある
はっきり言ってしんどいとは思うが外枠からヴィクトリーが単騎なら相当スローペースになるだろう。
瞬発力ならそんなに見劣らない。幸四郎がここにきて微妙に冴えてないような気がしないでもないのも不安だが、どうせ人気も無いので。
追加
マコトスパルビエロ
モリノミヤコ
ベンティスカ 1400〜

アグネスアーク
エルカミニート 流れに乗れそうな条件
トーセンマエストロ
アグネスハッピー
ウイニングヒット
シルクパスワード
グリューエント
ディアタキオン

ヤマカツブライアン 絞れれば
ヒシポラリス
ヒラボクロイヤル オープンまで
キタノアラワシ 絞れれば
メイショウシーワン 絞れれば 気合欲しい
シベリアンバード
マイネルアワグラス
ウインルーセント
ワンダフルドーラ
デスティニーローグ
ダンディーズケア 1200 オープンまで
ショウワモダン
ホワイトリーベ
メジロソリアノ 馬体締まれば 良馬場
オンワードヒリュウ
ボージョボー 絞れれば
シルクタイガー
エイワムサシ
カンペキ
ハナイチリン ダ1400
フューチャーボーイ
クロノロジスト 牝馬限定
ミルクトーレル まだ絞れる 距離延長歓迎
エイシンイーデン
マイグローリアス 絞れれば 1400〜1800
スナークオリオン 揉まれなければ
ヤマニンジャルダン 被されない ダ1200
ユウタージパング
ホウショウリヴ 絞れる
エイシンイダテン
サニーネイティブ
マシロンガール パンパンの良馬場
タイキカムイ ダ1700〜1800
ヴァーチュ
バンブーユーロ 叩いて馬体が締まれば
キングスベリー
シルクネクサス ワンターン 1600〜1800
ラインフェニックス 芝1000〜1200 追い込み
クールダンサー ダート 馬体を戻すのが望ましい
ホッコーソレソレー 外差し馬場
ニホンピロブレイブ
ボストンゴールド 外差し
ジェイウォーク 大飛びなので良馬場
フィールドベアー 中距離

かなり条件を選ぶ(できれば穴で狙いたい)
エレスサール 1600〜
アマノサクシード 内枠 1200〜1400
チーフシャトー 追える騎手
ホッカイショコラ 東京・新潟 ワンターン
シンシンマーキー ダート中距離 牝馬限定
クラシックローズ 外差し
マヤノズイウン ダ1800
リバイバルグレイ
シルクドラグーン 1200
セフティーベスト 馬体締まれば 1400〜1600
フィールドルージュ 1700〜2500
ラズベリータイム
バンブーウエファ 距離短縮 タメれる騎手
ジャッキーテースト 馬体減り× 外差し馬場

休養中か
ポライトストーン 1200〜1400
ショウナンガッド 芝・ダート問わない 中距離
ゲイリースティング
アグネスチャンス 差しもこれる馬場
ニューヨークカフェ
ドラールブライトン 単騎逃げ
シンシアー 芝で
ペニーホイッスル 1200
スターボイジャー 瞬発力を引き出せる騎手で
レイズユアドリーム
ブリッコーネ 馬群× 追える騎手
マイケルバローズ 外差し 1200〜1400
テイエムカチボシ 重馬場
ラッキーリップス 軽い馬場 距離短縮
トゥルーリーズン
ジョーショークイン 牝馬限定で
シルクプライズ 1200〜1400
リバーキセキ 外差し

除外
ニシノゴードン まともな騎手
サクラシリウス
シルクプログレス
アグネストップ
2006.12.21 今週の調教
ネット上に競馬のことをだらだらと書き始めて7年。
だが近年は限界しか感じない。「自分に克つ」をわりと真面目に掲げながらやってきた。
もうすぐ年も替わる。スタンスを変えてみたい。これまでと違う形で競馬に接することができればと思う。

有馬記念
コスモバルク 6+ 鋭さは無いが力強い。体つきもシャープ。
ダイワメジャー 6+ 距離を考慮してか、いつもより控えめに。動きは軽い感じで悪くない。
トウショウナイト 7 体全体を使ったフォームでキレのある動き。体調は文句のつけようがなさそう。
ウインジェネラーレ 6+ 体調は上向いてきている。今年では一番のデキ。
スウィフトカレント 6+ 悪くは無いが単調な動き。
トーセンシャナオー 6 地味だが悪くは無い動き。
ディープインパクト 7 軽快そのもの。
ドリームパスポート 6+ 馬場のせいもあるかもしれないが、ここ2戦に比べると少し鋭さがイマイチかも。
アドマイヤフジ 6+ 馬体は緩さを残しているが動きは久々らしからぬ力強い伸び脚。
メイショウサムソン 6+ 上積みはなさそうだが、相変わらず動きはいい。
デルタブルース 6 力みがなくリラックスした走り。
スイープトウショウ 6 伸びが少し物足りない感じはするがちゃんと追えただけでもよかった。
ポップロック 6
アドマイヤメイン 6+ ややズブい。ようやく最後にスピードが乗った感じ。

ラジオ日経
ダノンデインヒル 6 推進力を感じる動き。特に追ったところはなかったが、長くいい脚を使いそう。
フサイチホウオー 6+ 追われて豪快に伸びる。飛びが大きく良馬場がよさそう。
ブラックオリーブ 6 悪くはないがピリっとした脚がない感じ。
ローズプレステージ 6 追ってはいなかったが追ったら伸びたという感じはあまりしなかった。平凡。
グッドラックアワー 6 力みを感じる走りで追われて案外だった。折り合いがどうか。
アサクサキングス 6+ 抑えがきいているし、追われてからの反応もしっかり。賢い。
ヴィクトリー 6+ 前半飛ばしすぎたか上がりをまとめきれなかった。だが、動きを見る限りは悪くなかった。
キンショジェット 6 非力な感じはあるが、この馬としてはしっかり伸びているのでは。
ナムラマース 7 抑えるのが大変。久々だが万全と言っていいデキに映った。
コスモグルミット 6+ いかにもパワータイプ。持久力勝負に強そう。器用さはなさそう。
マイネルソリスト 6 スピード不足が課題になりそう。体調自体は悪く無さそうだが。

ホープフル
ニュービギニング 6+ 終い重点だが一瞬の脚なら兄にも負けない鋭さがある。
クルサード 6 距離は伸びても問題なさそう。
コーナーストーン 6 コース追いだった分だけ追ってからの伸びが一息だった。
2006.12.17 力はあるのに
アドマイヤタイトルとシャドウゲイトの強さを見て「なんでいつもこれができないかなあ」と思った。
アドマイヤには関してはとにかく脚を余さないで欲しいなと思って見ていたけど、その期待に応えて大外をブンまわしてレースの流れに乗ってポジションを上げて行ってくれた。内枠だったのに1コーナーで大外に持ち出せる位置にいたので「これはもしかして」とは思ったが。
仕掛けも遅すぎず早すぎず丁度よかった。思った通りに乗ってくれた競馬だった。
今の1000万下なら十分勝ち負けできると思うし、トウカイエリートがオープンまで行けるのだから、この馬だってね。来年こそは強さを多くの人に見せ付けて貰いたいものだ。
シャドウゲイトは逃げたら強い。今日の走りができたらディセンバーSに出ても勝ってただろう。

あと内田じゃなくて御神本が毎週こればいいのにと思いました。
2006.12.17 17日の回顧
最終的には微妙な日。

中山
7R アクセルホッパー 2着
本当に決め手がいいね。
インを突いたのはファインプレー。大庭騎手といいコンビだね。
他でダート中距離で今のところ楽しみなのはマイネルアワグラスとテンザンコノハナになるのかな。ダートに関してはまずまず豊作なんじゃないだろうか。

11R ウインアンジェラス 着外
1200を使ってほしくないのはこういうことだよね(笑
1400〜1600なら違うのでこれからに期待しましょう。

中京
11R パープルファルコン 2着
一番やってほしくない競馬をされた。
前走で勝てた理由と前々走で負けた理由を理解してないからあんな競馬になる。早め早めの意識を出しすぎ。まともなら1馬身差で勝てた。
頼むから秋山に乗ってもらいたい。
笑った。
今日は一杯書きたいことあるなあ。
2006.12.17 17日の予想
キタノアラワシ強くてびっくりした。
逆にヒラボクにはがっくし。

予想しててピンとこないのは変わらないのですが一応無理矢理名前挙げておきます。確実そうな馬がどうもわからないので、どれも穴くさいので。
馬券的にはスランプってわけでもないんですが。

中山
7R アクセルホッパー 末脚強烈
ピサノデイラニ、クランエンブレムに比べると劣るかもしれないが、ここ2走の末脚はなかなかのもの。
これだけに人気が無いのなら少し買ってみるのも手。調教は動かないタイプで心配なし。あまり差す競馬をしている馬がいないので、展開に恵まれれば一発も。

11R ウインアンジェラス 前走内容濃い
前走の2、3着馬は2走目で未勝利勝ちを決めたように相手はそれなりのレベルにあった。
欲を言えばもう少し強い調教を課して欲しかったが前走では馬体が緩かったので多少の上積みを見込めるだろう。とにかく決め手はあるので、1200のペースに少しでも乗って競馬できれば。
正直、1200はあまり使って欲しくなかったが能力に期待。

中京
11R パープルファルコン 昇級の壁なし
昇級といってもメンバーがそこまで強化されるわけでもない。
追ってジリっぽい馬ばかりが集まったし、いきなり勝ち負けになる。
2006.12.16 16日の予想
どうも冴えないのでお休みします。
なんか書きたいことがあったような気がしたんですが忘れたので、また今度にしておきます。

ソングオブウインドの故障(?)にはがっくし。
三拍子とハマカーンのM1決勝進出ならずも残念。特に三拍子が…


日曜
阪神7R(アグネスアーク)


土曜
中山1R(アイヴォリーカラー)
阪神2R(テラノフォースワン)
阪神3R(ウルトラソウル)

B+
なし

ストック馬
アグネスアーク
エルカミニート 流れに乗れそうな条件
トーセンマエストロ
アグネスハッピー
ウイニングヒット
シルクパスワード
グリューエント
ディアタキオン
2006.12.10 10日の回顧
今の馬場なら出遅れ、大外ブン回しが「好騎乗」に変換できる。わざと出遅れたらなら蛯名らしかぬ計算ぶりだなと思ったが、そうではなかったしい。
蛯名の捲くり。ゴールデンミシエロでもやってほしかったんだけどなあ。
まあ、大西騎手が勝ったので良かったかなとは思うが。
大西騎手はファンサイトに新聞に載る前に引退を明かした。寡黙だけど、ファンを大事にしている大西騎手。無愛想インタビューをもっと見たかった。

中山
6R
◎ エイワムサシ
○ ワンダフルドーラ 2着
▲ ディオスクロイ 1着
△ サーキットレディ
△ パープルプローズ
エイワにとっては辛い展開だったかな。もう少し水分が残るのかなと思っていたのだけど、外差しが有利すぎたね。
それもあるけど一番の誤算はオープンザゲートの成長を察知できなかったこと。


9R タガノサイクロン 1着
着差は思ったほどではなかったけど中身はあった。
イエスが外から来た以外は理想的な競馬。ただ、外から被された時はヒヤヒヤさせられた。勝浦がそれに惑わされず焦らず乗ってくれて良かった。根性もあるところを見せてくれたし、やはり楽しみな馬。

阪神
8R スナークファルコン 1着
ヴァンデグローブが前に行ったから心配だったけど騎手が落ち着いていたね。いいタイミングで外に持ち出してくれたし、ヴァンデグローブが動くの遅らすような進出の仕方で完璧だった。
上位の3頭はなかなかのものだったね。

中京
1R ショウワモダン 2着
前走同様に展開が辛かったのは確かだけど、それでもどうにかなると思ったんだけどね。

12R ホウショウリヴ 着外
今日は難しいところだけが目立ったね。
せっかく馬体が仕上がっていたのだけどね。両側から挟まれて馬が競馬をやめてしまった。馬具か外枠待ちかな。
2006.12.09 10日の予想 
「いらなくなった選手。高価買取します」巨人

明日は買いたい馬多め。
エバンジェリストなんかもパドック次第で手を出したい。
ほかはサンエムワールド、サクラインザダーク、カームブレーカーあたり。
馬券以外では阪神7R。トーセンマエストロの復帰戦ということはもちろん、グリューエント、アグネスハッピー、ウイニングヒットと好メンバー。

フィールドベアーは買ってもいいかなとは思うところだけど、選ぶほどでもないかな。金額はともかく、買うことは買いそうだが。

中山
6R
◎ エイワムサシ
○ ワンダフルドーラ
▲ ディオスクロイ
△ サーキットレディ
△ パープルプローズ
能力的にはエイワよりワンダフルドーラだと思うが内枠で何かがあると大きなロスになりかねないのでエイワの方が無難かなと。
ただ、ディオスクロイとの比較は難しい。流れに乗れる可能性が高いエイワを取ったが、そこは自信がない。
△の馬は3頭に比べれば厳しいだろう。サーキットレディはハナに立ってこそだろうし、ハナを奪えても外から来られる辛さがある。

9R タガノサイクロン アッサリある
自分の形に持ち込んだセルフリスペクトを捕えただけではなく、最後は抜け切ったという内容に改めて能力の高さを感じた。
後々オープンでも活躍できる素質がある。久々だが強い追いきりも足りており、今日くらいの馬場なら展開もむしろ有利になりそう。昨年はタガノゲルニカが冬に復帰して大活躍したが、この馬にはそれ以上に期待している。

阪神
8R スナークファルコン 順番が来た
ここはメンバーに恵まれた。
湿った馬場なら内枠でロスなく運べるのも強調材料。早めから外に出しても勝てると思うので、そこを踏まえて乗ってもらえれば。

中京
1R ショウワモダン ここは決めないと
前走は終始勝ち馬に絡らまれる辛い展開。枠順が逆なら際どい勝負に持ち込めてもおかしくなかった。
今回は同じ展開になっても他を全部潰して粘りこめる相手。減量騎手の効果も望めそうだしアッサリと決めたいところ。

12R ホウショウリヴ 乗り込み十分
前走は強気に行き過ぎたのもあるが満足な調整ができていなかった。
今回も久々という不安があるが、早い時計を今週を含めて4本。
あとは冬場なので太めが残りすぎていなければ、どうにかなるだろう。
2006.12.09 9日の回顧
ダノンジュンコウはアッサリ差し切った。もうちょっと買えばよかった。
そしてストック馬であるバンブーウエファの復帰。本数が少ないかなと思って挙げなかったのだがパドック見たら動けそうな感じで失敗した。
心配していた馬は勝ち上がり、あまり心配してなかった2頭はヘグられる。見切りが難しい。

中山
10R ダイワエンパイア 4着
出負けは前にもあったからね。ゲート入りを拒む馬がいて待たされたのも運がなかったかな。
それにしても早く鞍上変えて欲しいと思う競馬だったね。

12R ゴールデンミシエロ 4着
松岡がハナ叩かないのは想像ついたけど、あそこまで控えるとは。しかも遠慮しすぎて誰も行けないものだから外に出せるところがなかったね。
内枠は嫌だなあと思っていたから仕方なかったかね。
2006.12.09 9日の予想
牧場しぼりうまい。全味うまい。

明日は微妙。ダノンジュンコウは1800Mなら「家を売ってでも買え。」(類似語「ダイヤより堅い。」)とかほざきながら買いそうだが、2000Mは微妙に時計がかかっているし、ちょっとギャンブルになっちゃいそうで。能力は高いと思うのだが。

この厩舎だし、コース追い中心だし持久力もあるというオチもありそうだが。

ホワイトリーベは内枠ってのが少し嫌だし。カネトシツヨシオーは相手弱いけど、なんか微妙だし。
しかも、明日雨らしい。俺を殺す気か。これは競馬をやめろという神のお告げなのか。それとも中央そっちのけで地方競馬に寄付しなさいということなのか。

中山
10R ダイワエンパイア 距離はこなす
短いところを中心に使うのはまだ早いような気もするが現状、気性面から短距離の方が安定した走りを望めそうなのも確か。
前走は内がやや荒れている馬場状態で逃げ切り勝ちという力でねじ伏せた内容の上に2〜4着馬の能力も未勝利では上位。
好位からの抜け出しに期待。

12R ゴールデンミシエロ コース替りで
500万勝ちの内容がなかなか。
昇級後は上がりの速過ぎる決着に詰めきれないところを見せているが大きく負けてはいない。
実績のある中山なら東京よりは上がりがかかるし、メンバーを見る限り決め手は最上位。直線までに外へ持ち出せればどうにか勝ち負けできるはず。
2006.12.08 今週の調教
鳴海章さんは本当にばんえいがお好きなんだなあと思いました。原作本を読んでみようかな。
その鳴海さんが「ばんえい競馬は、バブル期には300億円を超える売上げがあり、現在はたしかに半減しました。この半減にもかかわらず300億円時代のままの経営をつづけていたのです。」と書かれているのだが、これはいくつかの市町村にも当てはまりそう。
それとは少しズレているかもしれないが神恵内村というところに以前行ったのだが無駄にトイレを乱立させている地区がある。それだけでも無駄のような気がするのだが、その上管理費も馬鹿にならない(年間763万)。これがまだかわいい方になりそうで怖い。
各市町村、町おこしの為に知恵を絞っているのだろうが方向性を間違えるとおかしなことになる。


朝日杯 ドリームジャーニー・マイネルレーニア・オースミダイドウ抜群の動き。ゲレイロも上積み
アドマイヤホクト 6+ 動き自体は悪くないし、力みのない走りでマイルも問題なさそう。ただ、もう少しビシっとやってもよかったような。
ゴールドアグリ 6+ 少し気合をつけられると回転の早いフットワーク。ただ、叩いての上積みは思ったよりないかな。
マイネルシーガル 6 馬なり。3頭併せの中だが我慢できていたし、まずまず。
マイネルサニベル 6 コース追いで。悪くはないがスタミナ面でどうかなという心配が。距離がどうか。
アポロダヴィンチ 6 追われても集中力がなく、馬がまだ若い。揉まれた時に不安が残る。
アドマイヤヘッド 6+ 相変わらず脚の回転が早い。大きな上積みまでは厳しいが順調そのもの。
ドリームジャーニー 7 軽く仕掛けた程度だが、更に追えばフッ飛んでいきそうな動き。馬体が減らなければ楽しみ。
マイネルレーニア 7 前走も良かったが今週の動きもCWだと考えれば2歳とは思えないしっかりとした動き。ある程度飛ばしての持久力勝負なら。
オースミダイドウ 7 先週ビシっと追って今週が終いだけ。ほとんど追ったところはなかったが終いの伸びは抜群。
ローレルゲレイロ 6+ 上昇度はこれが1番。前走地味だった動きに今回は力強さがあった。
マイネルフォーグ 7 先週一杯に追われたので今週は終い重点。とにかく動きが軽快そのもの。状態が悪いわけがないという動き。
フライングアップル 6 掛かる面を見せる。ワンターンの方が良さそうということで前走も納得。マイルは悪く無さそうだし、デキも悪く無さそう。
コアレスレーサー 6 最近は腹袋もスッキリ見せるし、前走からの上積みはさすがにないだろう。
アロマンシェス 6 動きはキビキビしていていいのだが全体的にスケール感が物足りない。元気は良いが。
エーシンビーエル 6 まだ馬が若い。ただ、追ってからはしっかりしていたし悪くはない。
ジャングルテクノ 6 いい格好で走っているのだが追ってからが少し物足りない感じ。距離はマイルまでで、スローペースの瞬発力勝負は現状よくなさそう。

鳴尾記念
ローエングリン 6 コース追いで道中ペースを緩めた調教をこなせているようにすっかり控える競馬が板に。状態はまずまずで、あとはペースが早くなれば。
ヴィータローザ 6 上村騎手が騎乗したせいもあってか、馬なりとしてはまずまずの動き。前走よりは良さそう。
アルビレオ 6 どうも追ってからが物足りない。変わってこない。
フサイチリシャール 6+ 調教大将。鮫島騎手のせいかいつもより馬を制御できていない感じはあったが動き自体は相変わらずいい。
ラッセルバローズ 6+ 行きっぷりがなかなかいいし、追ってからもまずまずの伸び。良い意味で変わりない状態。
ホッコーソレソレー 6+ 相変わらず首は高いが動きにキレがある。あとは外差しが決まるかどうか。
サクラメガワンダー 6+ 豪快なフットワークで迫力がある。デキは相変わらず良さそう。2走前くら動けば、あとは展開待ち。
オースミグラスワン 6+ ハミをかけられるとしっかりとした伸び。デキ落ちはない。
メイショウオウテ 6+ 動き自体はゆったり追走できているし、追われてからもしっかり伸びている。あとは馬体維持と落ち着きが鍵。
マルカシェンク 6+ 悪くはないし迫力もあるのだが、少しモコモコした動き。絞り込んだ方がいいのかも。
アサカディフィート 6 いつもよりテンから飛ばしたので終いは地味だったがこんなものだろう。
サンバレンティン 6 2週連続で馬なりだったが馬体の仕上がりからこれで十分ということだろう。馬体が持てば問題ないのでは。
シルクタイガー 6+ 非常に伸びがシャープ。コース追いに切り替えたことがプラスに出れば。
サンレイジャスパー 6+ 悪くないのだが、絶好調時に比べるとやや落ちる。掛かったせいもあるが少し割引。
ブライトトゥモロー 6+ ルメール騎乗。相手が走らなかったこともあり先着したが、しっかり坂を駆け上っていたし高いレベルでデキをキープしている。

ギャラクシーS
モンテタイウン 5 終いの脚が鈍く、いかにも叩いてからという動き。
トウショウギア 6 前走より力みがないし、時計は地味だが追ってからもまずまず。じんわり良化。
ハリーズコメット 6 久々だが乗り込みは足りているし、動きも追ってからまずまずの伸びを見せた。ただ、大型馬にしても少し立派に映る。
スリージェム 6 軽く仕掛けただけだがなかなかの伸び。ゆったりとした走りも好感が持てる。2走ボケはない。
シーキングザベスト 6 そんなに調教で目立つ馬でもないので、これくらい動けば十分だろう。
ツルマルファイター 6 時計ほどではないが追ってから地味だったのは確か。


師走S
カイトヒルウインド 5 乗り込み量が足りているのだが手緩い内容。今週の動きも地味に映る。
エイシンセイテン 6 こちらは久々だが乗り込み量もまずまずで、今週の動きも軽快でまずまず。あとは能力。
スズジャパン 6 ある程度飛ばしたとはいえ、もうひと伸び欲しい内容。
シアトルユー 5 中1週とはいえ軽すぎる調整。これでは変わらない。
バアゼルキング 6 内から併入。ほとんど追ったところは無かったが特に目立つところもなく。
ヤマタケゴールデン 6 少しキツいところが出てきた。少し減点材料。
サウンドザビーチ 6+ 動きに軽快さある。時計は地味だが体調は良さそう。

黒松賞
ダイワエンパイア 6+ これだけ飛ばして終いもしっかりしているぐらいだから体調は言うことなし。
サープラスシンガー 6 楽に先着。追って味があるタイプでもないだろうし、動きとしては合格点。
ニシノクイック 6 併走馬が動かなかったので楽に先着。追ってからの伸びはまずまずだが使える脚は長くない。
ウインクルウィナー 6 馬体は細いくらい。仕上がりは問題なさそうだがスタミナ面がまだまだ。
2006.12.05 ばんえい競馬
banei.jpg


先日ようやく「雪に願うこと」を観る。
評判に違わぬ良い映画でよかった。ネタバレなので詳しく書きませんが1つ印象に残ったシーンを挙げるなら母と再会するところかな。

その「雪に願うこと」の原作である「輓馬」の作者・鳴海章さんがニュースの中で、ばんえい廃止寸前までに追い込まれていること(そのニュースでは「廃止」って言ってたが(苦笑 )に「映画(雪に願うこと)が改めて考える機会にならなかったのが残念。」のようなことを仰っていました。

確かに今回観て「これを見た人がばんえいに興味を持つかな?」と思った。
ばんえいの良さというのは「馬と一緒に歩きたくなるレース」と「生で見るド迫力のデカさ」はもちろん「第2障害に挑む各馬の姿」ではないでしょうか。
第2障害の前で一旦止めてからの勝負というのは声援に熱が入ります。1000人にも満たない岩見沢競馬場でしたが濃い空間でした。

「雪に願うこと」では舞台はばんえいなのだけど、そこらへんはあまり力を入れてもらえなかったように思う。寒すぎて馬から湯気が出ている映像は素晴らしい画でしたが。
ただ、他を疎かにするようなことがあってもいけないし仕方ないか。


・地方競馬
某所でも話題になっていたがWSJSの濱ちゃんはアドマイヤの勝負服が似合わないなあ(笑

結局、今年は前日・早朝発売やSPAT4でも全主催者の馬券購入が可能にならなかった。後者はニュースリリースでも出したのに。
競輪のネット投票・d-net・オッズパーク・A−PAT・SPAT4と利用させて貰っているが一番優れているのはSPAT4。動作が軽快で、オッズ投票もサクサクとできる。ビッグレースでは不安定になることもあるが、そこは性能の良いサーバーにシステムを移せば解決できそう。
せめてネット投票ぐらい1つのシステムに統一してほしいものだ。オッズパークもレース映像のオン・オフを実装したが、SPAT4の方が動作は軽い。
JRAですら早朝販売を強化しようとしているのに、なんでやらないかなあ。いろいろしがらみはあるかもしれないけど、これくらいはできるようにしてよ。
先週は3場開催のせいもあったけど低調なメンバーの揃ったレースばかりだった。

ヒシポラリスはブリンカーつけて逃げて好走というパターンで、もう1丁と狙うのはどうかなと思いましたが距離延長が大きかったと捉えて「なんとかなるだろ」と選んでみました。あえて2着馬を選ばないのはいつもの遊び心です。

テイエムカチボシとエイシンイーデンの激走は予想できなかった。こいつらは訳がわからん。

高レベルレース


土曜
中山3R(サクラゼウス)
阪神1R(スズカコーズウェイ)

日曜
中山7R(モンテチェリー)

B+
ありませn


土曜
中山2R(ニシノフジヤマ)
阪神5R(シャウトライン)
阪神6R(スウィープシルバー)

ストック馬に追加
ヤマカツブライアン 絞れれば
ヒシポラリス

ヒラボクロイヤル オープンまで
キタノアラワシ 絞れれば
メイショウシーワン 絞れれば 気合欲しい
シベリアンバード
マイネルアワグラス
ウインルーセント
ワンダフルドーラ
デスティニーローグ
ダンディーズケア 1200 オープンまで
ショウワモダン
ホワイトリーベ
メジロソリアノ 馬体締まれば 良馬場
オンワードヒリュウ
ボージョボー 絞れれば
アグネストップ
シルクタイガー
エイワムサシ
カンペキ
ハナイチリン ダ1400
フューチャーボーイ
クロノロジスト 牝馬限定
ミルクトーレル まだ絞れる 距離延長歓迎
エイシンイーデン
マイグローリアス 絞れれば 1400〜1800
スナークオリオン 揉まれなければ
ヤマニンジャルダン 被されない ダ1200
シルクプログレス
ユウタージパング
ホウショウリヴ 絞れる
エイシンイダテン
サニーネイティブ
マシロンガール パンパンの良馬場
タイキカムイ ダ1700〜1800
ヴァーチュ
バンブーユーロ 叩いて馬体が締まれば
キングスベリー
シルクネクサス ワンターン 1600〜1800
ラインフェニックス 芝1000〜1200 追い込み
クールダンサー ダート 馬体を戻すのが望ましい
ホッコーソレソレー 外差し馬場
ニホンピロブレイブ
ボストンゴールド 外差し
ジェイウォーク 大飛びなので良馬場
フィールドベアー 中距離

かなり条件を選ぶ(できれば穴で狙いたい)
エレスサール 1600〜
アマノサクシード 内枠 1200〜1400
チーフシャトー 追える騎手
ホッカイショコラ 東京・新潟 ワンターン
シンシンマーキー ダート中距離 牝馬限定
クラシックローズ 外差し
マヤノズイウン ダ1800
リバイバルグレイ
シルクドラグーン 1200
セフティーベスト 馬体締まれば 1400〜1600
フィールドルージュ 1700〜2500
ラズベリータイム

休養中か
ポライトストーン 1200〜1400
ショウナンガッド 芝・ダート問わない 中距離
ゲイリースティング
アグネスチャンス 差しもこれる馬場
ニューヨークカフェ
ドラールブライトン 単騎逃げ
シンシアー 芝で
ペニーホイッスル 1200
スターボイジャー 瞬発力を引き出せる騎手で
バンブーウエファ 距離短縮 タメれる騎手
レイズユアドリーム
ジャッキーテースト 馬体減り× 外差し馬場
ブリッコーネ 馬群× 追える騎手
マイケルバローズ 外差し 1200〜1400
テイエムカチボシ 重馬場
ラッキーリップス 軽い馬場 距離短縮
トゥルーリーズン
ジョーショークイン 牝馬限定で
シルクプライズ 1200〜1400
リバーキセキ 外差し

扱いが微妙になってきた(そんなに買いたくないかも)
ニシノゴードン まともな騎手
サクラシリウス

除外
アポロダヴィンチ
タマモコンチェルト もう嫌い
2006.12.03 3日の回顧
1Rでやめときゃよかった。

中山
11R ピアチェヴォーレ 4着
通ったコースの差かな。
外に持ち出すような競馬だったら違ったものかもしれないけどね。
そこは枠もあるし文句は言えないか。

阪神
シゲルもマイネルもぜんぜん絞れてねえし。

ウオッカはいいマイラーだな。
小牧はどうにか控えて欲しかったけど…

中京
8R ロトブルースター 着外
どうも流れに乗り切れず途中で置かれてしまったね。
単純に能力も足りてなかったのかな。残念だ。

11R
◎ マヤノグレイシー 論外


ここからドラクエ

ちなみに「ゲームで遊んでるんじゃなくて、ゲームに遊ばれてるんだよ。」という言葉はRPGのレベル上げが作業化していることについて、かなり前に友人に言ったことがあります。
だって、レベル30なのに風のマント取ってないと言うんだもの。攻略本に到達レベルってのがあるんですがアレですら上げ過ぎということが多い。イシスにはレベル8で行くって言ったら「俺は7で行くとか」無駄に張り合ったことがあったなあ。あばれ猿にやられるかやられないかってのがいいんだよ。
2でもマンドリルにやられるかやられないかってのが大事なんだよ。リザードフライにギラ連発されたらやばいっていうギリギリの攻防だよ。
それなのにそいつはレベル30とか言うものだから言ってやったんです。

こんなくだらんことばっかり言い合ってるから駄目なのかな(笑)

決してゲーム機買うぐらいで騒いでる奴らを見ながら「全員死ね」と思いながら言ったものじゃありませんよ。まあ、それも少しはあるんだけど。

ゲーム最近やってないなあ。雨格子の館とかいうのには期待してるんですけど。
2006.12.03 3日の予想
雪が酷くてコンビニ行くのがめんどくさいのでニッカンで予想してましたが中間の調教タイムないからやっぱり予想にならないですね。諦めて明日かってくることにします。いずれにせよ明日はあんまり買わないほうがいいような気はするんだけどね。
今日のところはそんな状況でも挙げれる馬を。

中山
11R ピアチェヴォーレ マイル
以前は掛かるところがあったが、最近はそんなこともなく、馬体も減らないようになったように馬が落ち着いてきた。
ただ、その前はマイルならかなりキレるのではないかと思っていた馬だけに、この格上挑戦は少し買わないと気がすまない。

阪神
11R
2歳戦にしては前に行く馬があまりいないですし、コース的にもあんまり行く騎手もいなそう。メジロアダーラとテンザンコノハナ以外は道中ダラダラしそう。
だったらルミナスハーバーでいいやと思ったけど小牧ってのが悩ましいな。小牧悲願の初G?も見たいような気もするけど、乗れているわけでもないしなあ。ということで馬券はあんまり。

1Rのシゲルと3Rのマイネルは絞れたら少し面白いかも。

中京
8R ロトブルースター 前々で安定
今日のレースを見る限りは前にいた方がよさそう。
前走はレベル的にもまずまずで、流れに乗れなかったタイインテンスリーの方を取る手もあるが無難な方で。ようやく勝ったレースがかなりの好騎乗だった千葉騎手がうまいことやってくれると嬉しい。

11R
◎ マヤノグレイシー
○ マヤノライジン
▲ トウショウシロッコ
△ トーホウアラン
△ インティライミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。