上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
報知オールスターカップ
今日の川崎はとにかくタフなコンディションだった。とにかく時計の掛かり、我慢比べの競馬だったのではないか。
ビービートルネードは東京ダービー、戸塚記念と上がりのかかる決着に強く、今日の馬場はプラスに出た。川崎記念に向けてという意味ではジルハーとの着差は少し物足りなかったか。
ジルハーは坂井英騎手の絶妙なレース運びが光った。

名古屋記念
ゲットゥザサミット、キングスゾーンがいなくても、これだけのメンバーが揃えれるのが今の名古屋。これでもまだレッドストーンがいる。
ムーンバレイは52キロという斤量もあったし、自分のペースに持ち込めたことから勝ってよかった内容だったのだが、それを見ながら内で脚を貯めていたレイナワルツに目標にされた分が最後に出た。
ブルーローレンスは距離も長かったが、まだまだ本調子になさそう。

新春賞
昨年も思ったが園田の人の入りが凄いことになっている。
タガノインディーはやや強引にハナ奪った後はほぼ無風。オメガダイナーが外から競りかけてきたが控えて味のある馬ではなく、かえってよい蓋になってしまった。
バンブージーコは良く言えば我慢した競馬だったが、中央時代の印象から反応がそこまで良いタイプとは思えず、結局は動きたい時に動けない位置にいたことが最後に響いた印象。
レッドペガサスはバカの一つ覚えのように早めの捲くりが多いと指摘する人も少なくなかっただけに、今日の内で我慢する競馬でようやく限界が見えた印象。距離も1400の方がいいのかもしれない。
ロードバクシンの現役生活も残り僅かとなった。
兵庫の馬で初めて交流重賞を制した同馬。ロードバクシンに続く馬が出てきた言えるかというと、少しまだ頼りない馬が多い。そんな状況だからロードバクシンが今まで重賞戦線で活躍し続けれたというのもある。
兵庫の馬が交流重賞を勝つ日が再び来るのか。
2007.01.01 はしる
明日の高知競馬の出走表を見ていたら中1日の馬が出ていた。
出走馬の確保が大変なんだなあ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。