上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
進藤さんがヤリヤラズについて触れていた。
最近、競輪を見ていると、競馬ファンって本当に不利だなと思う。
競輪の場合は、「○○君の後ろ」とか「○○さんのハコ」とか、だいたいの作戦をコメントしてくれるし、調子についても喋ってくれる。それでも推理する要素は十分に残っている。もし、コメントに背くようなレース運びをすれば、ファンの信頼と連携していた選手の信頼を裏切り、その後のレースに悪影響を及ぼすことになる。だから競馬よりはファンを大事にしてくれる。

競馬のコメントの場合、大半は状態のことぐらいしか話してくれない。明らかに情報不足だと思う。その上に騎手の体調とモチベーションが絡んでくる。進藤さんが幸を例に挙げていたが、フェブラリーSの週を境に、明らかにやる気が違う。フェブラリーSの週に「頬を叩いてもらって気合を入れる」と幸が言っていたのだけど、普段からちゃんとやれよという話。幸の馬券を買った人に迷惑をかけているって自覚が無い。
内田博が骨折しながら乗っていたというのも 南関診断士さんが異議を唱えていたが、騎手は賭けの対象になっているという意識が無さ過ぎる。
四位騎手が「パドックで礼をするのはおかしい。」ってサラブレで言っていたことがあったと思うのだけど、ああいうのはよくない。豊なんかもマスコミは大事にしても、ファンを大事しているって感じは無いね。「ファンに迷惑をかけて申し訳ない」なんてコメントは競馬だと見た記憶がない。競輪と違って「馬」という動物が絡んでくることが大きいのだけど、たまにはファンにも謝れよ。
スタッフと関係者はもちろん大事だけど、ファンも大事にしてほしい。まだ馬券を買ってくれる優しい優しい人が大勢いるうちに改善しとけと思ったわけでございます。
スポンサーサイト
遅れたが後藤のインタビューを見た。感極まって泣きながら質問に答えいてた姿に「うそ泣きでは?」という声が出ていた。
多分、あれはガチだと思う。後藤騎手の自著「意外と大変」によると、初勝利の時も泣いていたそうだし、アドマイヤコジーンで初G?の時も後輩の池添に気を使われるくらいの絶叫と号泣。なんかあるとすぐ涙が出ちゃう人のようだ。
それ以外に、ジャパンカップダートのインタビューでゴールドティアラでの落馬について持ちネタかのように話していた件でも各地で不評だったが、あれは計算というより天然なのかもしれない。マイネルレコルトで朝日杯を勝ったときにも、新潟2歳Sウィナーということだけで「地震のあった新潟の方に勇気を〜」的なことを言えちゃう人だし。それに、計算できる奴は近くにあった木刀なんかで人をブッたりしない。
自分のことで泣ける後藤騎手は自分のことが大好きなのだろう。ある意味羨ましい感性の持ち主だ。
2007.02.25 25日の回顧
見るのを忘れていたココナッツパンチの新馬戦パドック映像を間違って消していた。へこむ。

阪神
3R ソウルオブジャパン 3着
ゲートが決まらなかった。そのせいで挟まれ気味になって後方から。
岩田なら前々で競馬してくれると思ったんだけどね…

9R ベッラレイア 3着
負けたけど強かった。という時に買っているのが一番避けたかったのだけどな。
出てこれるようならオークスは勝ち負けになりそう。

12R タマモコンチェルト 着外
この馬とは相性が悪いね。
岩田もつまんない競馬をしたね。

中山
11R ローエングリン 1着
ゲートを決めて、シャドウゲイトが控えてくれた時点で勝ったね。
グランリーオの存在もありがたかった。
2007.02.24 25日の予想
阪神
3R ソウルオブジャパン 乗り替わりで
前走は折り合いがもうひとつ。
岩田騎手なら幾らか改善されるのでは。土曜の競馬見る限り、外差しはマイナスにならない。メンバーが手薄なここで決めたい。

9R ベッラレイア 距離問題なし
折り合いのつく馬でペースの遅そうなメンバーなら距離は持つ。
あとはどこまで前を飲み込めるか。新馬戦の勝ちっぷりから頭ある。

12R タマモコンチェルト 絞れて
絞れてから追ってしっかり。
今ならウォーターダッシュを差しきれる。鞍上も強化されて。

中山
11R ローエングリン 乗り方一つで
これくらいの相手なら能力的にはまだ上だろう。
内枠をうまく活かせればチャンス十分。最近の良績はワンターンの競馬においてのものだけに信頼はできないが、そこまで人気も無いだけに。
状態は久々でも悪くない。
さんざん取り上げてきたトーセンキャプテンの重賞挑戦となったレース。
そのトーセンは緩かった馬体に締まりが出てきて、更に力を出してきそうな仕上がり。瞬発力タイプではないので心配していたが、ローレルゲレイロが外から抜け切ったことでよい目標ができた。最後までしぶとい伸びでローレルを競り落とした。
ただ、後ろから競馬する馬で強いが出てくると逆に目標されて辛そうではある。ただ、自力で動く脚もあり、魅力のある馬という評価は変わらない。長い距離は、こなせないこともないだろうが、ワンターンの方が良いような気も。

ローレルゲレイロは目標にされた分の負けとなったが3着以下は千切れているし、内容は悪くない。改めて、シンザン記念の上位2頭は相当強いと感じる1戦でもあった。

マイネルレーニアは松岡騎手が積極的な競馬。速い脚が無いということもあり、前の2頭にアッという間に離された。止まっては無いのだが、速い脚の無さは致命的。

スズカライアンはイン突きがハマったこともあるが、加速が鈍いので直線の長いコースも良かった。

コンティネントはもう少しスムーズなら3着争いから抜けれたかもしれないが、着差の通りで上位2頭とは差を感じた。控える競馬に対応できたのは収穫。

トーホウラムセスはマイネルレーニアの番手。絞れて更に力を出せそうなデキだったように感じたが、現状では力が足りなかったか。あと、自分でペースを作った方がより良い競馬ができるだろう。課題としては、もう少し持久力が欲しい。

「無理矢理面白い馬挙げれば」のアロマンシェスだったが、外に回っては辛い。使える脚が短いだけに内で我慢しなければ、最後はダラダラとしか伸びない。
2007.02.23 24日の予想は
ありません。ブルーホリゾンだけ挙げようかなと思いましたが、やめておきます。
開幕週で雨ですしね。様子見ということになりそうです。競輪やりながら、競馬は見学です。
名前をよく出すトーセンキャプテンは直線の長いコースで、どんな競馬をするのは興味深いね。瞬発力タイプじゃないので、四位騎手がどうなるのかな。自力で動けるけど、このコースだと出て行きにくいね。
他にも良い馬が多いし、アーリントンカップは面白そう。瞬発力のある馬がいれば買いたかったけど、ちょっと不在かな?

そういえば楽しみにしていた名古屋の重賞は、しょーもない競馬という感じ。ビッグドンは無理矢理下げて大外を捲っていったほうが納得できたかな。チャンストウライは大山真の思い切りの悪さが出た感じ。
期待するとだいたいガッカリさせられる。何かとね。
2007.02.23 今週の調教
中山記念
タイガーカフェ 6+ 坂路ということもあってか最後までしっかりとした脚さばき。
トウショウシロッコ 6+ 普段通りでサッと流す程度。乗り込み量も豊富だし、これでいいのだろう。
エアシェイディ 6+ 迫力十分。前走くらいは。
ローエングリン 6+ 動きが軽い。力みもさほどではないし、衰えはなさそうに見える。
ダンスインザモア 6+ 馬なり。追ってから更に伸びるかは微妙だったが、動きとしては悪くない。
グランリーオ 6 時計は悪く無いが、目一杯追われているわりに迫力がない。
ブライトトゥモロー 6 動く馬ではないとはいえ、少し物足りない伸び。
インティライミ 6+ 速い時計でまとめたわりに終いもしっかり。調教は普段通りいい。
メイショウオウテ 6+ 余裕十分の手応え。当日も落ち着いていればいいのだが。
タガノデンジャラス 6+ 動きはいいのだが、前走はそれで動けなかったのが気掛かりで。
グレイトジャーニー 6+ 速い時計でまとめたが最後まで伸びていた。
マルカシェンク 6 相変わらず、もうひと伸びが欲しい動き。
シャドウゲイト 6+ この馬なりに伸びている。動きはこんなものか。
ペールギュント 6+ 一頓挫あったわりに、しぶとく伸びて、この馬らしい動き。

アーリントンカップ マイネルレーニアさすがの動き。
アロマンシェス 6+ 馬なりだったが伸びがいい。なかなかシャープな動き。
エーシンビーエル 6+ 50秒台で最後まで頑張って走り抜いた。状態の良さを感じる。
ワンダースティーヴ 6 真っ直ぐ走らせるのが大変そうだった。動き自体は地味だが悪くない。
エーシンエスヴィー 6 少し前半から行き過ぎたか。終いの伸びなく。
トーホウラムセス 6+ 大型馬だけに瞬発力は皆無だが、しぶとい走り。
アドマイヤヘッド 6+ 回転の早いピッチ走法。ややスピード不足なのは変わってこない。時計がかからないと。
コンティネント 6+ 追われたところがなかったので何ともいえないが、動き自体は軽快。
マルカラボンバ 5 終われて伸びなし。疲れを感じる。
ローレルゲレイロ 6+ 少し迫力がありすぎるくらい。もう少し力みがなくなれば。状態はよさそうだが。
マイネルレーニア 7 相変わらず重戦車のような動き。久々らしさは皆無。

阪急杯
シンボリグラン 6+ この馬にしては力みがない。久々だが力を出せそう。
プリサイスマシーン 6+ 外から併走。ゆったりした走りで悪くない。
トールハンマー 6 余裕ある手応えで先着。上がりを要したが、バテたわけではない。
エイシンドーバー 6+ 余裕ある動き。高いレベルでデキが安定している。
スズカフェニックス 6+ 相変わらず動きが良い。
コスモシンドラー 6+ 動きは悪くない。ビシっと追われたので、これで絞れればいいが。
マイネルハーティー 6 やや掛かる。
インセンティブガイ 6 とにかく使える脚が短い。終いはバタバタ。
タニノマティーニ 6 あまり良くなってきた感じはない。
ブルーショットガン 6 終いだけ伸ばすかたち。ただ、伸びはやや地味に映った。
イースター 6+ 動きとしては悪くない。この追いきりで鞍上が仕掛けを我慢することを意識できれば。
ロードマジェスティ 6 一瞬だけ良い伸びがあったが、最後は逆に止まってしまった。使える脚が短い。
キンシャサノキセキ 6+ どうにかなだめている感じ。馬体はもう少しあって良いような。
スーパーホーネット 6+ 追われるところなく先着。本数は少ないが動きは軽い。
ニシノデュー 6+ コース追いで終いを伸ばした。この馬なりによく伸びている。

ベッラレイア 6+ とにかく力みが全く無い。距離は伸びても大丈夫。
今日の園田ユースカップは笠松のマルヨフェニックスが、岩田騎乗のエンタノメガミを退け、強い競馬を見せた。もし中央の500万下で走っていても順番が回ってきそうな能力を感じる。ぜひ、兵庫チャンピオンシップを目標にしてもらいたい。「ミツアキサイレンスのように」という期待に応えてくれるといい。

他にも3連勝馬のキーポケットが山特別を好内容で2着。エリザベスクィーンに岩田騎乗したものの連敗止まらず、もう一頭のシャッフルも118連敗と連敗を伸ばした。

金曜日の梅見月杯は名古屋大賞典トライアルとなっているが、ここも楽しみなメンバーが揃った。金沢のビッグドンと兵庫のチャンストウライの激突にムーンバレイ、ウイニングウインドらの地元勢が迎え撃つ。
転入緒戦となるナムラコロンブス、マサアンビションがどれだけ動けるのかも興味深いところ。
別に面白くないけど、前から言っていたのでやってみた。
とにかくきもいので聞く方は覚悟しておいてください。
これからは、こういうくだらないことしかやりません。
無駄に加熱しているが、何も考えていないので続かない感じとか伝わると嬉しい。

宝塚記念もやったのだけど、「田中勝春か田島裕和か〜」という絶叫がきもすぎるので自主規制。

※ 公開終了
2007.02.18 雑談
本当にフェラーリピサ1頭にやられちゃったなあ。
結局、結局、関西馬かよ。あと関東で強いと言ったらトウカイゲイルくらいなのかな。
フェラーリピサはダートに限らず、芝でも楽しみがあると思う。トライアルに出てきて欲しいな。某氏は嫌そうだったが(笑

京都5Rの新馬戦。上位2頭の馬体が目立ったいた。
かなりタフなコンディションで時計の比較ができないから難しいけど、走ってくる馬だと思う。ホワイトベッセルの白さも印象に残るけど、ナタラージャとランペイアの今後も注目したい。

白い馬といえばシラユキヒメが札幌に来た時に競馬場に見に行ったっけ。実際見てみると、かわいいというよりは「変な生き物」に見えた(笑
ピンク色の皮膚が透けて見えて、弱弱しい感じだったね。あれ以降は後にも先にも、白毛の馬を見ていないけど、わざわざ見るほどのものでもなかったかな(笑
今日のホワイトベッセルは厩務員さんも真っ白にコーディネートして面白かったね。ああいう工夫はいいと思う。
2007.02.18 18日の回顧
挙げた馬は駄目だったし、全体的にも今日は駄目だったね。
結局、東京と京都は見てるだけの方がいいのかねえ・・・
来週から開催が変わるし、気分も切り替えましょうか。それにしても苦手にも程があるという感じだね。

京都
3R ルアシェイア 4着
モロに外枠が響いちゃったね…
もう少し、前で競馬できると思ったんだけどな。

7R エイシンイダテン 3着
ゲートが決まらなかったので慎重に乗りすぎた感じ。
ペースを落としすぎたね。

10R ストロングドン 着外
もう、弱いとしか言いようが無かったね。
レース運びも何がしたいのかわからなかった。6Rのアートオブウォーは上手く乗ったんだけどなあ。それ以前の負けっぷりだから仕方ないけど。

東京
11R タガノサイクロン 着外
流れに乗って競馬できないのは仕方ないけど、大外ブンまわすのはつまらないよね。
インを突いても間に合わなかっただろうけど、何のためにG?使ったのかが、あれではわからないよね。

奈良11R
佐藤の捲りにビックリした。あんなの千切れるに決まってる(笑
峠が控えたら、近畿の選手残るというのは考えられたなあ…
http://www2.shadaitc.co.jp/coffee_break/series_report/top/main.asp?article_id=118

吉田照哉さんの指摘はもっともだと思った。

あと転入の条件をもっと厳しくしてもよいのでは無いかと思う。明らかに能力の足りない馬が再転入して、転入緒戦では優先出走権を与えられ、その後も中央で未勝利を勝った馬と同じ扱いで出走枠を取ることに疑問を感じます。中にはシーキングザベストのように重賞を勝つような馬もいるのですが、それは稀な例でしょう。

少なくとも5戦1勝で中央に再転入できるという制度は変えるべきです。極端な話をすると5戦1勝で中央に戻って通用するような馬は皆無に等しいのではないでしょうか。2勝という条件にしても、開催場によっては楽すぎます。

再転入の条件に本賞金が100〜200万以上というのを加えてみてはと思います。この条件なら能力的に明らかに厳しい馬が中央に戻ること減らすことができます。地方の主催者にとっても馬資源の流出を防ぐことに繋がっていくのではないでしょうか。(連勝馬が中央に戻っていくのは寂しいですが)
2007.02.17 18日の予想
京都
3R ルアシェイア 外枠不安も
幸→川田と鞍上強化。
雨馬場だけに外をまわされるのは辛いがメンバーは手薄なので、どうにか。

7R エイシンイダテン 力、上
前走は相手が悪かった。
思ったより上積みが無さそうだが、能力的に多少競られてくらいでは負けられないところ。

10R ストロングドン 前が止まれば
1400Mだった2走前を除けば、近走の内容はそこまで悪くないもの。冬場にしては体も太くない。
中間もプールを併用。時計のかかる馬場と長丁場、52キロのハンデは魅力。外に振られすぎる可能性も高いので、幾らか上手く乗って貰わないといけないが、この人気なら少しくらい買うのもいい。

東京
11R タガノサイクロン 人気薄なら
近走が中距離を中心に使われてきたので追走に不安があるのは確か。
前走はサンライズバッカスに前をカットされたのが痛かった。トップスピードに至るまで時間のかかる馬。内枠だけに今回もゴチャつかずに競馬するのは難しいと思うが、進路さえ確保できれば勝てない相手ではない。

おまけ
奈良11R
◎ 佐藤
○ 有坂
▲ 市田
△ 大塚
徹底先行の峠と中村の競りは避けられないのではないか。
みえみえではあるが佐藤の捲り。
2007.02.17 今週の調教
クイーンC
カチマチボタン 6+ 前走との比較はできないが動きは軽快。
ローズオットー 6+ 追ってからがしっかりしてきた。じわじわと良くなってきているので、あとはゲート。
ラストベガ 6 前半なだめられているわりに追われてからの伸びが不満。
ジョウノガーベラ 6 ゆったりとした走りで折り合いはつきそう。ただ、追われてからが少し物足りない。
ジョウノパンジー 6 3頭併せの真ん中。そのわりには行きたがるところがなかったし、折り合いは問題なさそう。ただ、動き自体は馬なりということもあるが平凡。
シャルロットノアル 6 馬にもう少し行く気が欲しいくらい。ただ、追われてからが少し鋭さに欠く。実戦タイプなのかもしれないが…
ハロースピード 6+ ハミをかけられてから鋭い脚を見せた。中間の乗り込みも豊富で力を出せるデキ。
アポロティアラ 6 もう少し力強さが欲しい動き。距離も微妙。
イクスキューズ 6+ 前に馬を置いてゆったりと折り合いをつけれる練習。いい感じに力まず走れたが、外枠は少し不安。
ホットファッション 6+ 時計は地味だが追われてからの脚の回転は早い。
クラウンプリンセス 6+ 馬体はもっとあっていい。終い重点だが動きにキレがあった。
リラコルレオーネ 6 マイルを走るには少しのんびりしているかも。追ってからも物足りず、全体的にまだ力不足。
シュガーヴァイン 6 芝コース。掛かって持っていかれる。終始、突っ走っている感じ。元気はいいが…

京都記念
トウショウナイト 6+ そこまでビシっと追われなかったせいもあるが少し地味だった。
スウィフトカレント 6+ 少し終いを要したが止まったという感じではなかった。
シルクネクサス 6 すっかり力みがなくなった。それだけに追ってからも鋭さが欲しいが…
ローゼンクロイツ 6 久々だが変わってきたところはない。追ってからが甘い。
アマノブレイブリー 6 この馬なりに最後は伸びてきている。ここ何戦かの中では良い状態かもしれないが。
トリリオンカット 6+ 乗り込み十分。動きも休養前と変わらない。久々だが仕上がっている。
ロジック 6 加速が鈍い。特に変わってきた感じは無い。
トウカイワイルド 6+ 追わせるタイプ。最後の伸びは力強かった。上がりが早くなりすぎになれなければ。
アドマイヤムーン 6+ 長めから時計をまとめた。さすがに最後はもうひと伸びといかなかったが、この追いきりで仕上がりそう。
ポップロック 6+ 瞬発力タイプではないし、これだけ伸びていれば十分だろう。
ファストタテヤマ 6 まずまず。
オースミグラスワン 6+ いつも通りで迫力のある動きではある。
エアセレソン 6 悪い動きではないが。

フェブラリーS
アジュディミツオー 6 時計が速いこともあるが、最後はバテバテ。不満が残る。
カフェオリンポス 6 行きっぷりはいいが、追われてからが、レースと同様で、もうひと伸び欲しい感じ。
ダイワバンディット 7 デキだけは相変わらず良い。あとは能力の問題。
ビッググラス 6+ 11.9という数字ほどキレは感じなかったが、終い重点だけあって、脚どりは確か。
シーキングザダイヤ 6+ 武豊騎手騎乗。そのせいもあって動きは力強く、いつもより機敏さがあった。
サンライズバッカス 6+ ある程度、時計をまとめてきたので終いの伸びは少し地味だったが、高いレベルで状態は安定している。
オレハマッテルゼ 6+ この馬にしては動いている方。久々は大丈夫そう。
リミットレスビッド 6+ 日程はしんどいが、元気一杯。最後もよく頑張っている。デキ落ちはない。
フィールドルージュ 6 いつもより多少、行きっぷりが良い程度で変わってきたところはない。
メイショウバトラー 6+ 坂を軽々と駆け上がって来た。
ブルーコンコルド 6+ さすがに最後はバテた。
タガノサイクロン 6+ 粗いところはあるが、追われてからも力強く伸びているし、状態はいい。
トーセンシャナオー 7 動きに迫力がある。思った以上に良い動き。
シーキングザベスト 6+ 軽く仕掛けた程度。最後までしっかりとした脚どり。デキは安定している。
メイショウトウコン 5 馬体がさびしく見える。動きも全くいいところなし。ただ、前走はこれで走った。
2007.02.15 週末
京都
土3 ウインルーセント
 7 ホワイトペッパー
日3 ルアシェイア
 7 エイシンイダテン

東京
土9 ガイアレーサー
日11 タガノサイクロン
2007.02.10 11日の予想
今日のぼそぼそはポレールしか記憶ない。
次にぼそぼそするときは少しネタ考えておくことにします。今日は馬のことがぜんぜん出てこなくて駄目でした…

小倉
12R マイネルオレア

京都
5R イイデレインジャー

7R タケイチゼット
2007.02.10 10日の予想
小倉
2R ジャングルバード

4R メトロシュタイン

京都
6R サイキックダイブ

10R カイシュウタキオン
アグネスアークを選んだのに一度も挙げていないし、馬券も買ってないことに気がついた。
忘れてたけどフェラーリピサ強いよねえ。今まで関西でダートのいいのが少なかったのだが、この馬だけで関東の強いのやられそうだ。

追加
フィクシアス

トーセンキャプテン
テラノマニクール
プロミスフェアー 1200〜1600
ジョーモルデュー
カイシュウタキオン
ロペットマスター
トーセントゥルー
モリノミヤコ
ベンティスカ 1400〜
アグネスアーク
エルカミニート 流れに乗れそうな条件
トーセンマエストロ
アグネスハッピー
ウイニングヒット
シルクパスワード
ディアタキオン
ヤマカツブライアン 絞れれば
ヒラボクロイヤル オープンまで
キタノアラワシ 絞れれば
メイショウシーワン 絞れれば 気合欲しい
シベリアンバード
ウインルーセント
デスティニーローグ
ダンディーズケア 1200 オープンまで
メジロソリアノ 芝 馬体締まれば 良馬場
オンワードヒリュウ
ボージョボー 絞れれば
シルクタイガー
エイワムサシ
カンペキ
クロノロジスト 牝馬限定
ミルクトーレル まだ絞れる 距離延長歓迎
エイシンイーデン
マイグローリアス 絞れれば 1400〜1800
ユウタージパング
ホウショウリヴ 絞れる
エイシンイダテン
サニーネイティブ
マシロンガール パンパンの良馬場
ヴァーチュ
バンブーユーロ 叩いて馬体が締まれば
キングスベリー
ラインフェニックス 芝1000〜1200 追い込み
クールダンサー ダート 馬体を戻すのが望ましい
ホッコーソレソレー 外差し馬場
ジェイウォーク 大飛びなので良馬場
フィールドベアー 中距離

かなり条件を選ぶ(できれば穴で狙いたい)
エレスサール 1600〜
アマノサクシード 内枠 1200〜1400
ホッカイショコラ 東京・新潟 ワンターン
シンシンマーキー ダート中距離 牝馬限定
クラシックローズ 外差し
マヤノズイウン ダ1800
リバイバルグレイ ダ1000
シルクドラグーン 1200
フィールドルージュ 1700〜2500
バンブーウエファ 距離短縮 タメれる騎手
ジャッキーテースト 馬体減り× 外差し馬場
テイエムカチボシ 重馬場
ラッキーリップス 軽い馬場 距離短縮
ポライトストーン 1200〜1400

休養中か
スナークオリオン 揉まれなければ
ヤマニンジャルダン 被されない ダ1200
ニホンピロブレイブ
ボストンゴールド 外差し
セフティーベスト 馬体締まれば 1400〜1600
ハナイチリン ダ1400
フューチャーボーイ
ショウナンガッド 芝・ダート問わない 中距離
ゲイリースティング
アグネスチャンス 差しもこれる馬場
ニューヨークカフェ
ドラールブライトン 単騎逃げ
シンシアー 芝で
ペニーホイッスル 1200
スターボイジャー 瞬発力を引き出せる騎手で
レイズユアドリーム
ブリッコーネ 馬群× 追える騎手
マイケルバローズ 外差し 1200〜1400
トゥルーリーズン
ジョーショークイン 牝馬限定で
リバーキセキ 外差し
シルクプライズ 1200〜1400

除外
グリューエント 勝ち上がり
ラズベリータイム 状態冴えず
チーフシャトー 状態戻らず
ホワイトリーベ 勝ち上がり
4R中3R当てても、11Rだけ外した分マイナスというのに笑った。
それだけ安く簡単だったのね…

8R
◎ 中村
○ 青森
△ 高橋
3日目同様に、中村の捲りは千切れる。2着には前で残る青森か、それを差した高橋。

9R
◎ 渡辺
○ 鈴木
普通に考えれば丸山が出切って後閑だろうが、今の後閑で低配当というのは気が進まない。
渡辺で穴狙い。

10R
◎ 佐藤
○ 成田
ここはさすがに佐藤。

11R
◎ 三宅
○ 井上
ここは難しすぎる。「恵まれても勝ちたい」と言う三宅。
2007.02.04 明日の四日市
8R
◎ 佐藤 
○ 成田
▲ 吉村
× 鷲見
△ 高田
落車の影響がなければ成田の捲り。
◎−○▲×−○▲×△

9R
ここも落車の影響がなければ三宅だろう。
三宅が駄目なら鳥生
3=7 5=9

10R
◎ 平原
○ 高木
▲ 山口
△ 渡辺
ここは平原。高木は千切れる可能性があるので、そこを考慮した。
◎−○▲△

11R
◎ 佐藤
○ 後閑
◎=○

2日目は佐藤、平原、小嶋とかなり強力な自力3車の争いは落者があったとはいえ小嶋の強さばかりが目立ったレースとなった。
だが、ここは小嶋をどうするかだけを考えればいいということでレースがしやすくなるかもしれない佐藤。
エルフィンS
ウオッカのテーマは力まず走ろうということに尽きる。調教からレースまで一貫している。
この走りなら桜花賞までは間違いなく主役だろう。

未勝利
ジツリキドンドンは絞れた。もともと不器用なタイプだけに、前に目標となる馬がいた今回は走りやすかった。今日は手前を変えるのもスムーズ。

500万下
ニードルポイントはスピードが勝ちすぎている現状を御神本騎手がどう乗るか興味深かったが、さすが御神本騎手という結果だった。どういう馬なのかを把握し、どのような乗り方をするべきか?を考え、見事にニードルポイントで控える競馬してみせた。結果的には枠も良かったのだろうが、改めて凄さを感じた。
ゴールデンシャインは進路がなかなか確保できなかったということもあるが、関東の強いところとは差があったように感じた。

エイワムサシは軽い馬場の方が合うのだろう。福島と東京でのパフォーマンスと中山でのレースぶりの違いはパワー不足ということかもしれない。やってきた相手も違った。

シンゲンは強かった。ハイパーレスポンス、コスモプロデュースもそうだけど、アンカツなんだよな。特にコスモはアンカツとヨシトミだと別の馬になっちゃう。
手薄な長距離路線だったが、ここにきて続々とスター候補生が出てきた。セレスステーラーの決め手も侮れない。

ダンスフォーウィンがようやく勝った。
岩田騎手の逃げて折り合いをつけようという作戦はチャレンジャー。
もし、そのままカーっと行ってしまったら?という不安。だが、先頭にたったダンスフォーウィンはゆっくりと力むことなく走っていた。もうこの時点で勝ったも同然だった。1200〜1400なら重賞を獲れる素質馬がようやく準オープンへ。

共同通信杯
有力馬の参戦により賞金の加算が難しいと考えた馬が多かったか、8着狙いの馬と地方馬とG?を狙う馬という極端なメンバー構成。
それだけに上位馬を素直に評価してよいものかが難しい。「だったら、他に強い馬がいるのか?」と聞かれたら「う〜ん…」と唸ったまま黙ってしまう現状。もっと出て来いクラシック候補。まずは来週のきさらぎ賞。

来週の登録馬一覧にオーソリティバイオの名が。力をつけて戻ってきているといいな。
2007.02.04 4日の回顧
エイワムサシを挙げないのは駄目だよな。
予想的にはタツシャンハイでどうにか帳尻か。

今日は逆に京都と東京が当たり始めて、小倉はお通夜。
いずれにせよ、難しいレースが多い。選ばないと。

小倉
5R アルファルド 着外
スタート直後に内が空いていたので西田騎手がそれに過剰に反応してしまったかなという感じ。
そこで脚を使いすぎたね。あくまでも人気薄でこそかな。

7R ホーネットアーミー 着外
これはなんで挙げてしまったんだろうな。
どうやっても駄目だったと思うけど、自分で動くくらいの気持ちが欲しかったね。

8R タツシャンハイ 1着
結果的には好騎乗なんだけど偶然のような気がするな。
ただ、展開予想は言うこと無かったし、良い予想だったと思うよ。

10R アンソロジー 着外
ここまで負けてしまうような馬ではないと思うのだけど。
ペースがきつかったにしても、見せ場も無かった。時間が掛かるのかな。

東京
2R ホワイトリーベ 1着
外に馬がいなければ控えても問題なかったね。
ここは力の違い。やってきた相手が違った。


あたらないおまけ
四日市
9R
◎ 一丸 1着
○ 海田 2着
△ 青木 3着
ラインで決着。

10R
◎ 佐藤
○ 関
▲ 渡辺
△ 川崎
佐藤は完全に前が詰まってしまった。川崎云々の前に、これではどうしようもない。

11R
小嶋強いな。明日はどうなるんだろう?
2007.02.03 4日の予想
なにかと縮小

小倉
5R アルファルド 西田騎手のイン突き
前走は外を通った分だけ足りなかった。
詰まるリスクはもちろんあるが、内枠で内を突ききれるようなら勝てる。

7R ホーネットアーミー 軽い馬場で
前走は捲るも中山の力の要るダートの前に逆噴射。
脚はある馬。初ダートの馬が動けないようなら勝機。

8R タツシャンハイ 好位から
また外枠なのは残念だが前に行く馬は少ない。
これなら外をまわらず競馬できるかも。

10R アンソロジー 距離短縮
前走は池添騎手が何も考えず引っ掛けてしまった。内枠だったし、あれではどうしようもないのだが1秒負けていない。
距離短縮なら手綱を引っ張る必要は無いだろう。折り合って競馬できれば強い。

東京
2R ホワイトリーベ 東京なら先行できる


10R マイイージス 内枠嫌だが
イアオニードル見落としました。ケンします。

あたらないおまけ
四日市
9R
◎ 一丸
○ 海田
△ 青木
初日は飛ばす中村と共にグサグサ差された海田だが、捲りで改めて。

10R
◎ 佐藤
○ 関
▲ 渡辺
△ 川崎
先行は中村だろうが踏ん張りきれそうにない。
小川の捲りもどうか。結局、佐藤が差してきそう。
2007.02.03 3日の回顧
東京
9R ショウナンタレント ウインアンジェラス
ショウナンは控えればいいってもんじゃないよという競馬なので仕方ないが、ウインは普通に負けちゃったなあという感じ。気配は良かっただけに解せない。東京の芝はちょっとわからないなあ。

京都
7R ナムラカゲトラ 3着
これは勿体無かった競馬ではあった。
外枠で前に馬を置いて競馬をできなかったので前に行ってしまったね。もう後ろで競馬できるかなと思ったのだけど、前の2頭に理想的な競馬をされてしまったのが痛かった。でも、ナムラもいいところはあるので次の機会に期待。

9R ウォーターダッシュ 2着
長谷川が何が何でも行くので行かせる以外方法が無かったのかな・・・
どうせ負けるなら強引にでも行って貰いたかったけど。

小倉
11R エイシンドーバー 2着
終始、内の動きたい時に動けないポジションだったからね。
内からよく脚を使ったとは思うのだけどね。直線で後ろにリードをとるような競馬ができれば違ったと思うけど。

あたんないおまけ 四日市
9R
◎ 平原 1着
○ 後閑 2着
▲ 渡辺 3着
△ 一丸
やはり後閑の体調が戻りきっていないのだと思う。

10R
◎ 山口 3着
○ 小嶋 1着
なんで山口が内に切り替えたのか。(ちぎれた?)
小嶋は勝つときは強いね。

11R
◎ 佐藤慎
○ 佐藤友 3着
△ 稲村
突っ張るのかなと思いきや、2番手で粘って半端なレースになった。
2007.02.03 3日の予想
もう一年の12分の1が過ぎたんですねー。とか言う奴は何でもありだと思う。

東京
9R ショウナンタレント ウインアンジェラス
ショウナンは乗り替わりでヨシトミよりは抑えて乗れるはず。距離短縮もあるので、今度は終いまでしっかり。
ウインは1200が忙しすぎた。最後は伸びているし、1400なら巻き返せる。
この2頭はオープン級。3連複ならセンシュアルドレス、ノボスイーツ、パイクーニャン、ナイツブリッジ、ケアレスウィスパーあたりか。

京都
7R ナムラカゲトラ 芝合うのかも
前走はスローで消耗のない流れではあったが、直線の伸びに見所。前が支える前は2着のクルサードと同じくらいの脚を使っていた。
距離延長だがゆったり追走できる馬なので大丈夫。メンバーが手薄なので決め手勝負になれば首位争いできる。

9R ウォーターダッシュ 平均ペースの逃げ
金曜に撒かれた凍結防止剤で軽い馬場が続く。
平均ペースで他に脚を使わせながら逃げる同馬にとって絶好の馬場になりそう。追いきりの動きもなかなかで。

小倉
11R エイシンドーバー 安定感
確実に伸びてくるし、好位〜中団で競馬できる強みが生きそうな条件。
昨年と違って鞍上も頼もしい。ここも崩れない。

あたんないおまけ 四日市
9R
◎ 平原
○ 後閑
▲ 渡辺
△ 一丸
◎−○=▲を中心に。
平原−後閑の連携は前回の小倉でもまずまず。
小倉では後閑の調子がイマイチだったので、そのままの体調のようだと、3番手の渡辺が浮上。あとは切り替えた時の一丸。


10R
◎ 山口
○ 小嶋
単騎の選手が何か仕掛けてきそうだが、さすがにこの相手では小嶋の自力だろう。後ろが山口ならなおのこと。

11R
◎ 佐藤慎
○ 佐藤友
△ 稲村
◎−○=△を中心に。
ここも硬いか。佐藤友が無理して突っ張りすぎなければ。
2007.02.01 今週の調教
浜翔、口開きすぎ。

共同通信杯
ノワールシチー 6+ 動き自体はいいのだが、芝ではスピード不足の感も。
ニードルポイント 6+ ペースをコントロールしきれていないのが現状。これも元気はいいが。
ダイレクトキャッチ 6+ 動きが軽い。前走も良化を感じたが、良い意味で状態が安定してきた。
フライングアップル 6 速い脚が少し足りない感じ。
マイネルブリアー 6 元気はあるが突っ走っているだけという感じ。
フサイチホウオー 6+ 迫力十分。
ニュービギニング 6+ 兄と違ってストライドは大きくないが、これだけの時計を出して最後の伸びもあるというのは評価できる。これはこれで只者ではない。
ツカサラッキー 6 この馬なりに最後まで頑張って走りぬいている。状態は悪くないだろう。
フリオーソ 6 併走相手に合わせて。もう少しスピード感が欲しい動き。


白富士S
ファイトクラブ 6 終われて案外だったが、調教ではそんなに動く方でもなく。
ジャリスコライト 6 正直、強い追いきりが欲しかった。少し手緩い調整で上積みはどうか。
ネヴァブション 6+ 内から併入。時計は地味だが動きに余裕があったし問題ない。
ニシノデュー 6+ 前走との比較はできないが、動きは回転の早い脚捌きが好感。
シュフルール 6 今週は軽め。ハミをかけられてからの反応はまずまず。動きは悪くないが。
ルーベンスメモリー 6 いつもと違って終いを伸ばすことはできたが動きは少し硬め。
シェイクマイハート 6 終い重点にしては伸びが物足りなかった。
マイネソーサリス 6 目一杯。この一追いで変わればというところだが、輸送を考慮すると少しオーバーワーク気味。

シルクロードS
リキアイタイカン 6 追われてもう少しシャキっとしたところが欲しい。
サチノスイーティー 6+ 状態は良い意味で変わりない感じ。順調。
アンバージャック 5 長めから追われたにしても最後は少し物足りない伸びだった。
ディバインシルバー 6+ 動き自体は最後まで伸びているし元気一杯ではある。
コパノフウジン 6+ 速い時計だったが最後までしっかり。
エムオーウイナー 7 とにかく動きが力強い。動きだけなら既に上、デキならこれ。
エイシンボーダン 6 相変わらず真面目に走る気がない。
マルカキセキ 6 馬体は太め感なくできているが、最後の伸びは少し不満。息ができていない感じが。
カフェボストニアン 6+ チークピーシーズ。行きっぷり良く、年齢的なズブさはない。
ビーナスライン 6+ 久々だが太め感はない。仕掛けられてからも鋭い脚を使った。脚の使いどころ一つ。
ナリタシークレット 7 やれば時計は出る馬とはいえ、これだけの時計で最後までしっかり伸びているのだからデキが悪いわけがない。
タマモホットプレイ 6+ この馬にしては速い時計だが状態が上がってきたという感じまでは無い。だが、良い状態で安定しているのは確か。
タガノバスティーユ 6+ 追われてからの伸びは悪くないが良い頃に比べるとやや劣る。馬体が締まってこない。
スピニングノアール 6+ 芝と違って伸びが続かないのは仕方ないが最後までしっかり走り抜けているように状態はいい。

小倉大賞典
エイシンドーバー 6+ 終い重点とはいえ坂がキツくなってくるところを加速してしっかりと伸びてきた。
ナスノストローク 6+ 前に馬を置いて。終いだけ追われたが力強く伸びてきた。
ワンモアチャッター 6 どうにかなだめられる。ペリエは不安か。
マルカシェンク 6+ 良い状態は続いているが、動きにもう少しキレが出てきて欲しいのが本音。
マチカネオーラ 6+ 強めの追いきりが1〜2本少ない感じはあるが馬体に太め感はないし、動きも軽い。あとは折り合いだけ気をつければ。
ペールギュント 6 この馬としてはまずまずの動きだが、もう一つピリッとしたところが欲しい。
ツルマルヨカニセ 6 しぶとく伸びてはいる。状態は悪くないが。
フォルテベリーニ 6 終い重点。調教でよく見せる馬ではないが、それにしてもズブい。
マヤノグレイシー 6 プールと併用で本数と内容は物足りない。今週も軽めと調整は手緩いが、動きは軽い。
グロリアスウィーク 6 伸びてはいるがキレに欠ける。
マヤノライジン 6 時計はまずまずだが追ってからが最近のレース同様にやや案外。
タガノデンジャラス 7 久々で中間も終い重点の内容とこの厩舎らしいもの。正直、叩いた方が良さそうな攻め過程ではあるが、今週の終いの切れは抜群。
アサカディフィート 6+ 速い時計だが最後までしっかりと伸びた。デキは良さそう。

エルフィンS
ニシノマナムスメ 6+ 時計も動きも合格点なのだが、首が高く、動きにやわらかみが欲しい。
ウオッカ 6+ 乗り込み豊富。先週に速い時計を出して。テンションが上がらないように今週は軽め。前走より力みがマシになってきた。
フェスティブマロン 6 馬なり。1400で新馬勝ちをしたがゆったりと走れる馬。距離を伸ばしてみると面白いかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。