上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.29 ダービー回顧
今年のダービーはあまり楽しみではなかった。アドマイヤオーラとタスカータソルテの鞍上を交換するという近年では考えられない事が起きたというのにだ。その上、ウオッカの参戦で話題性に富んでいたのはわかっていたのだが、皐月賞、青葉賞、京都新聞杯と見てきて牡馬のレベルの低さに失望しきっていた。タレント揃いの牝馬と比べてしまうと、その差は激しい。
いつもなら月曜日からダービーウィークを意識するような人間なのだが、今年のダービーは私にとってG?の1つでしかなかった。(G?とも思ってないG?もあるが)

だが、レースを見てヤラれてしまった。ウオッカがうまく2400Mを乗り切ることができたら、こういう勝ち方をする可能性があるのは知っていた。そんなに意外なことではない。それなのに、なんでこんなに唖然とさせられているのか。それは鞍上の四位洋文と一体となったウオッカの走る姿があまりにも美しかったからだ。そんな奴らが後続を千切って、馬場の真ん中を走っているんだから、そりゃ普通でいられるわけがない。こんなのが成立するのは漫画の世界ぐらいのものだ。

64年ぶりの牝馬の優勝とか全く関係ない。牡馬も牝馬も糞も無い。と言いたいところだが、やっぱりこれも凄い。アルカセットがホーリックスのレコードタイムを更新した時もそうだったけど、時計なんて前が引っ張って馬場を固めさえすりゃ出るもので時計が速けりゃ凄いってものでもないって普段思っていても、いざ更新されたらスゲエって思ったもの。あれって更新されるものだったんだって。似たような感覚が今回のウオッカの勝利にもあった。

昨年は天を仰ぐ石橋守騎手にダービーの重さを感じたが、今年の四位洋文騎手は馬上で満面の笑みで喜びを爆発させた後、我に返った瞬間「ダービーを勝った」という重大な事実に目を潤ませた。何も知らない人が見たらどうしたんだと思うだろうが、四位洋文があそこまで喜ぶぐらい、いつも無愛想に「そうだね」「そうですね」を連発する男をあそこまで熱くさせる。そんな凄いレースがダービーなんだ。
スポンサーサイト
なんで豊かなあ…
せめてヘマって負けてからにして欲しいよ。しかも、乗れてない豊だよ?いいじゃん、河北で。ようやく前走で乗り方がわかってきた感じだったのに。

あーあ、楽しみ半減。東京の時計の速いダートで前が止まらないで差し遅れてくれないかな。
これじゃ応援する気になれないよ。


・楽天
5割にタッチできないかな?
高須選手会長かっこええ。
ウオッカ 55.5 1400-2400
ダイワスカーレット 55.0 1600-2000
アストンマーチャン 53.0 1200-1400
ベッラレイア 52.5 1600-2200
ローブデコルテ 52.0 1400-2400
ミンティエアー 51.5 1800-2400
ラブカーナ 51.0 1600-2400
ピンクカメオ 50.0 1200-2400
アマノチェリーラン 49.5 1400-1600
レインダンス 49.5 1600-2400
イクスキューズ 49.5 1400-1800 掛かる
ザレマ 49.5 1800-2400
スマートカスタム 49.0 1400-1800
カチマチボタン 49.0 1400-1800 ワンターン
ユーチャリス 49.0 1200
アロープラネット 49.0 1200-1600
ハロースピード 49.0 1400-1800 出負け癖
ハギノルチェーレ 49.0 1400-1800
ヒカルアモーレ 49.0 1400-2400
ニシノマナムスメ 49.0 1400-1800
ルミナスハーバー 48.5 1200-1600
クーヴェルチュール 48.5 1200-1400
ショウナンタレント 48.5 1200-1600
ミルクトーレル 48.0 1400-2200
ローズオットー 48.0 1400-1800 出負け癖
バクシンヒロイン 48.0 1200-1400
ジョウノガーベラ 47.5 1400-1600
ホクレレ 47.0 1800-2200
ヴィアラクテア 45.5 1200-2200
クロコレーヌ 45.5 1600-2000
アルコセニョーラ 45.0 1400-2000
マイネルーチェ 45.0 1600-2000
ダービーも終わったので

フサイチホウオー 52.0 1800-2400
ローレルゲレイロ 52.0 1200-1800 ワンターン
アドマイヤオーラ 52.0 1400-2000
ココナッツパンチ 52.0 1600-2400
ヴィクトリー 51.0 1800-2200 気性難
サンツェッペリン 51.0 1800-2200 持久力
トーセンキャプテン 51.0 1400-1800 ワンターン?
ドリームジャーニー 51.0 1400-2000 瞬発力
オメガエクスプレス 50.5 1200
ナムラマース 50.5 1600-2000
アサクサキングス 50.5 1600-2400 逃げ
トーホウレーサー 50.0 1400-1800
シベリアンバード 50.0 1200-1600 ワンターン
アドマイヤホクト 50.0 1200-1400
ゴールデンダリア 49.5 1800-2200
ヒラボクロイヤル 49.5 1800-2400
ムラマサノヨートー 49.5 1400-1600
メイショウレガーロ 49.5 1400-2000 2000はギリギリ
ダイレクトキャッチ 49.5 1600-2000 ワンターン
ダノンムロー 49.5 1200-1400
ワールドハンター 49.0 1200-1400
アドマイヤヘッド 49.0 1400-1600
アルナスライン 49.0 1800-2400
フィニステール 49.0 1800-2400
フライングアップル 49.0 1600-2000 ワンターン
タスカータソルテ 49.0 1800-2400
マイネルフォーグ 48.5 1400-1800
ローズプレステージ 48.5 1800-2400
スズカコーズウェイ 48.5 1600-1800
トーセンマーチ 48.5 1800-2600
ヤマニンエクレール 48.0 1400-1800
サンライズマックス 48.0 1800-2400 バテない
ゴールドキリシマ 48.0 1800-2200
マイネルシーガル 48.0 1400-1800
モチ 48.0 1800-2200
クルサード 48.0 1600-2000
ブルーリッチ 48.0 1800-2400 パワー
サンライズベガ 47.5 1800-2400
クレスコワールド 47.0 1600-2000
フェザーケープ 47.0 2200-2600
エーシンピーシー 47.0 1800-2400 高速馬場
2007.05.28 レースレベル
いつもつけているレースレベル(わりとてきとー)です。
先週の結果分析のような感じでつけています。上からAで下はEまで。
「特」は極端なスローペースのレースにつけています。その中でも低調そうなのはE。そうでもないのはD。むしろレベルが高そうなのはCをつけています。
オープン以上のレースはつけていません。(他の方法で数値化しているので…)

ストック馬の追加はしませんでしたが、モンサンミシェルは古馬に混じってもやってくれそうな気がします。

1 D チノハテマデモ 1.38.9
2 C キルシュブリューテ 1.22.6
3 特D フサイチルネサンス 2.22.5
4 ジャンプ
5 E グラスレンヌ 1.26.7
6 E ジャドール 1.38.3
7 特E シンボリハレー 1.22.0
8 C-D マチカネノワキ 2.00.0
9 特D ケイアース 1.34.0
10 特E トウショウヴォイス 1.21.7
11 トウショウギア 1.22.3
12 C/D-E リバースモード 1.36.9
1 C マーベラスキャップ 1.39.4
2 C-D レスト 2.15.7
3 C デルマアン 1.34.4
4 特D ナムラシンドバッド 1.49.1
5 B-C ミキノモナコ 1.18.6
6 D-E リバイバルシチー 2.00.4
7 C ダイワインパクト 1.25.9
8 D-E オートゼウス 2.26.1
9 D カイシュウタキオン 1.46.5
10 ウオッカ 2.24.5
11 C テンザンモビール 1.24.9
12 ポップロック 2.31.4
1 D-E ラブリーコンサート 1.46.9
2 D マホロバ 0.59.5
3 A モンサンミシェル 1.47.6
4 B コウエイバッカス 1.08.9
5 C-D アドマイヤゴルゴ 1.47.5
6 D-E ビードラスティック 1.45.8
7 特E ギーニョ 2.01.9
8 B-C トレノジュビリー 1.08.2
9 D キーンゲイル 1.44.9
10 500C オースミダイドウ 1.47.2
11 ローゼンクロイツ 1.57.2
12 D-E キングトップガン 1.45.6
1 C シャトヤンシー 2.01.0
2 A-B プラチナムペスカ 1.08.7
3 C/D ツルマルビビッド 1.47.7
4 ジャンプ
5 特E ミッキーラブ 2.36.1
6 D/E ウエスタンダンサー 0.59.6
7 D-E チェリーロビン 1.47.2
8 C サンエムトラスト 1.47.5
9 C-D ブルーフランカー 1.44.8
10 E アドマイヤプルート 1.09.2
11 C-D ミュージックホーク 1.46.6
12 C/E ダンディーズケア 1.08.1
とりあえずは普通に1頭ずつ回顧

ウオッカ…パドックでは一番良い馬体に見えたのはこの馬(笑
結局は消耗のないレースとなり、この馬の圧倒的な決め手がモノを言った。角居調教師の一貫した我慢させる競馬を教える方針とテンションを上げない中間の調整が実を結んだ。
四位騎手の笑顔が忘れらない。人はあんなにも笑うことが出来るのだ。桜花賞は悔しかっただろう。ダービー馬とダービージョッキーに相応しいコンビだった。
それにしても強すぎた。時計的には、また強くなったというわけではない。他が実力以上に動かなかったことも重なっての大圧勝。見ていて寒気がするレースぶりだった。

アサクサキングス…まさか単騎逃げとは。
こうなると強い。時計的には古馬の準オープン〜オープン級。馬場もよかった。

アドマイヤオーラ…フサイチホウオーを見ながらの絶好すぎる位置どりのように思えたが、それが逆に悪い方に出た印象も。
直線までは言うことの無い競馬だったが、逆に直線では内の馬がどんどん外に膨れてきて、大外に持ち出しきるまでに苦労した。その影響もあってか最後は凄すぎる脚を使ったが手遅れ。内枠だったら違ったか。
あと欲を言えば、もう少し馬に幅が欲しい。

サンツェッペリン…昨日のぼそぼそで触れたが、ハードすぎる調教の影響で少しテンションが高め。
自分の競馬はやりきったが、上がりが速すぎる。この馬の持ち味である持久力の出番はなかった。だが、この調子で更に馬が良くなってこれば、強い先行馬として競馬を盛り上げてくれるだろう。

ドリームジャーニー…大外に持ち出したが、内を突けばもう少し差が詰まったかも。非凡な瞬発力は見せたが。
今後も馬体の回復が課題。

フサイチホウオー…思ったより馬体は緩い。テンションが高め。
抑えるのに苦労していたところに外からヴィクトリーに来られて、釣られて馬が持っていかれた。だが、それにしても直線はいいところなしで、スタミナ面に問題があるのかも。今後、平均ペースの競馬にも不安が。

ナムラマース…上がりが速すぎる。

ローレルゲレイロ…前日のぼそぼそでも触れたが、上がりの速い競馬になって対応できないレースとなった。今後、巻き返しは十分可能。


あと、東京はもう少し時計のかかる馬場を作った方がいいような気がするね。スローペースになると最後の直線で極限の瞬発力勝負になって、脚への負担が半端じゃないと思う。今回のダービーの直線はかなりの脚を使った馬が多いし、この後は無事だといいなと思います。

最後に今日のレースにディープ出ても勝てなかったと思うのは僕だけでしょうか。
2007.05.27 明日は
ストック馬が出てくるのでそれを中心にして買いますか。

ちなみにラジオの内容は

目黒記念
・アドマイヤタイトルに頑張って欲しい。
・上がりはまとめられないがミエミエの先行アドバンテージが怖い

ダービー
・買いたい馬があんまりいない
・結局、アドマイヤとフサイチが無難
・一角崩しならウオッカだが、やはり距離は心配。枠はよさそうなもんだが。


そのほか
東京5R プレンティラヴ
23時30分あたりから30分〜1時間程度を予定しています。
放送アドレスは後ほど。タイトルは「ヨシトミ行方不明」

終了しました。聞いてくださった皆さんありがとうございました。
ダービー
タスカータソルテ 6+
瞬発力は少し地味だが、直線の伸びはまずまずで前走並みにデキ。
ゴールドアグリ 6
前走前よりハードな内容で乗られているのはいいが、モコモコとした動きで距離延長が歓迎できそうにない感じの不器用な走り。
ウオッカ 6+
乗り込み本数が豊富。あまりテンションをあげないようにサッと流す程度。
ゴールデンダリア 6+
前走と比べると良くなってきたというところはない。
トーセンマーチ 6+
とにかく乗り込みが入念。今週はなかなかの時計でまとめてきた。追われてからの鋭さはないが持久力はありそう。このひと追いで体に締りが増しそう。上積みある。
マイネルフォーグ 6+
前半から飛ばしたが最後までよく踏ん張っている。
フィニステール 6+
終い重点で伸びはまずまず。前走から良い意味での平行線のデキにありそう。
ドリームジャーニー 6+
相変わらず軽快な動きは変わらないのだが、馬体に気を使いながらの調整で上積みはない。
ヒラボクロイヤル 6+
特に前走から変わってきたところはない。良く言えば順調。
プラテアード 6
前走後も順調に乗られているが、上積みはさすがになさそうだ。特に目立つところは無かった。
ナムラマース 7
ハミをかけられてからは同馬らしい豪快なフットワークを披露。
サンツェッペリン 7
先週にハードな内容をこなしたせいか、馬の気合の乗りが良すぎるくらい。抑え切れない手応えで直線も力強さ溢れる動き。
ローレルゲレイロ 7
きつい競馬をした後とは思えない。デキ落ちは意外とない。
アドマイヤオーラ 7
とにかく動きが軽快。体調は間違いなくいい。
フサイチホウオー 6+
前走時より馬体がシャープに映る。馬場のせいもあるだろうが動きも良くなってきた。
アサクサキングス 7
攻め駆けする方だし今週の動きも終いの伸びが目立った。だが距離を考えると、馬が行きたがっていたことが心配。
ヴィクトリー 6
相変わらず調教は平凡な動き。中間はプールを併用して乗り込んできた。前走並みのデキか。
フライングアップル 6+
坂路で追いきりだったが、前走時より良くなってきたという感じはしない。平行線。

目黒記念
チェストウイング 6
動きは軽快さがあり悪くないが、明らかに馬体を気にした中間の過程は褒められない。
ポップロック 6+
帰厩後は乗り込み入念。今週の動きは抑えきれない感じで楽に先着。意外と仕上がっている。
アドマイヤタイトル 6+
きつい競馬の後だが、順調に乗られている。今週の動きも大型馬ながら軽快さがある。体つきもシャープさが出てきた。
ソーユアフロスト 6+
前走後の乗り込み入念。少しズブい感じはあるが、最後の脚はなかなか。
ゴーウィズウインド 5
攻め駆けしない馬に時計のかかるコースとはいえ平凡な動き。
ローズプレステージ 6+
終い重点とはいえ最後の伸びは目だった。ようやく良くなってきたか。
マイネルネオス 6+
時計は地味だが最後までしっかりと伸びている。ここ2走の好調さをキープしている。
アドバンテージ 6+
ここ2、3週はビシビシ追えている。今週の動きもトーセンマーチに先着されたものの、この馬の動きとしては良いものだった。
アドマイヤフジ 6+
動き自体は文句のないものだが、ここ2走は攻めの良さがレースで生きていないだけに。
ココナッツパンチ 6+
相変わらず強い追いきりは控えられているが、今月の乗り込み量は豊富。今週の動きも馬なりだったが伸びはいい。
メイショウオウテ 6+
順調に乗り込まれているの評価できる。今週の動きも終いの伸びがまずまず。
ダディーズドリーム 6
追ってからの伸びが案外な感じで。
ブリットレーン 6
軽く流した程度。そこまで良くなってきたという感じではない。
トウカイトリック 6+
前半から飛ばしたせいもあるが、この馬にしては終いの伸びが物足りなかった。絶好調時に比べるとやや落ちる。
センカク 6+
もう少しスピード感が欲しいが、この馬としてはまずまずの動きなのだろう。
2007.05.26 土曜の回顧
金鯱賞 インティライミ 3着
前半の位置取りは良かった。
シルクネクサスが先に動いたので、哲三騎手としてはシルクに中京記念のように抜けてもらったところを差す競馬を思い描いたのではないかと思う。
結果的にはシルクが抜け切っていかなかったし、外に切り替えるにもヴィータローザらが捲っていったので内に詰まってしまったのが痛い。
最後はしぶとく伸びてきているし、流れに乗れていたら勝ち負けまであったと思うんだけどなあ…
今日は持ち味が発揮できなかったね。


白百合ステークス メイショウレガーロ 着外
こちらはつまらない競馬をされたなあ。
もう少し積極的で良かったと思うのだけどね。せめてビンチェロの外で流れに乗せて欲しかった。
2007.05.25 土曜の展望
金鯱賞 インティライミ ここは買える
ここ2走は騎手との相性としか思えない。
久々になるが調教の動きはさすがのものだし、難しいところは見せていない。乗り慣れている佐藤哲三騎手に戻るのは大きいし、ここはストーミーカフェの単騎がミエミエ。番手〜好位で追ってからしっかりしている馬となると、この馬しかいない。

白百合ステークス メイショウレガーロ 条件いい
距離はマイル〜1800くらいがベストだろう。
最後は前と脚色が同じになってしまうレースが続いているが、距離短縮と直線が短くなる中京なら改善されるはず。相手関係からも決めたいところ。
2007.05.25 金鯱賞
金鯱賞
スウィフトカレント 6+
乗り込み入念。最後まで脚色衰えず久々らしさを感じさせない。
パッシングマーク 6
時計は悪くないが終いの伸びはやや地味なもの。
シルクネクサス 6+
負けはしたが前走も悪い動きではなかった。相変わらず、デキは安定している。
タガノデンジャラス 6+
相変わらず終いのキレは抜群なのだが、終い重点ばかりで引き続きスタミナ不足の不安が。
インティライミ 6+
攻め駆けする馬らしく、馬なりでサッと流してこの時計。先週にビシっと追われて、今週は軽めで十分だろう。
ヴィータローザ 6+
この馬らしい粘りのある走り。時計もまずまずで順調さをアピール。
マチカネオーラ 6+
行きっぷりがなかなかだし、追ってからの伸びもいい。走りに威圧感が出てきた。良化気配。
ローゼンクロイツ 6+
そこまで調教で目立つ馬ではことを考えれば、この時計で追われてからの伸びもしっかりしていたのは好感が持てる。
アドマイヤメイン 6+
昨年は調教ではあまり動かない方だったが、今週の動きは終いの伸びが目立った。
2007.05.20 日曜の回顧
オークス以外はどうしようもねえ・・・
あと悔しかったのは宇都宮。調子を上げてきた後閑の差し目があると思って、後閑→神山を本線にしようと思っていたが、名古屋で晴智が後閑に競りで勝っていたのを思い出して、晴智から後閑と神山の2車単を表、裏にしてしまった。あれで20倍つくとか拷問ですぜ。

オークス
首位争い
ザレマ 着外
位置取りとしては最悪の部類。脚を小出しにしていくような競馬になったしね。
ただ、終いがサッパリだったし、スタミナもそんなにないのかなあ。あざみ賞の内容が気掛かりだったので悩んでいたのだけど、僕が思っているほどは持久力が無いね。ロスなく運んでこその馬のようだ。
絞れてよくなってきていただけに期待はずれの1戦。

ベッラレイア 2着
秋山のレース運びは堂々たるものだったんだけどね。
もう少し馬が落ち着いていて、馬体減りを気遣わずに追えていたら最後の踏ん張りが違ったんだろうけどね。体質面の強化が課題。

上位争い
ローブデコルテ 1着
思った以上に前が引っ張って流れたのが一番の勝因。
とにかくバテない。

ミンティエアー 4着
前走より離されたあたり、あのオッズは多くの人が正しい判断をしたということになる。
ただ、この馬自身の能力も高い。

3着候補
レインダンス 着外
ここ2走を見るとやっぱり幸四郎は上手いね。
デキも一番いい頃に比べると一枚落ちていたから仕方ないかな?念のために抑えたようなものだし。

ラブカーナ 3着
大健闘。しぶといね。
先週のオートドラゴンの凡走が納得いかない(笑


その他に気になる馬
トウカイオスカー
現状ではスタミナ不足だろう。現状では遅いペースの瞬発力勝負じゃないと、強い相手とでは足りない。
この馬もまだまだビシビシ追えない現状だから、体質が変われば楽しみはあると思う。ホライゾネットは効いていたしね。

中京
5R イソノクイーン 4着
あれで粘れないのか。
前走の疲れが少しあったのかなあ…

9R フサイチバルドル 着外
出負け。悪い方のノリだったね。
それに時計が掛かった方がいいのかな?伸びも少し地味だったし。

新潟
10R ローレルナイト 着外
4角で外から来られて窮屈になった。
ただ、脚は無かったけどね。
2007.05.19 日曜の展望
ピリっとしない上に明日もあんまり楽しみじゃないや…

オークス
首位争い ザレマ ベッラレイア
上位争い ローブデコルテ ミンティエアー
3着候補 レインダンス ラブカーナ

4頭が勝ち馬になる資格を持っていると思う。
アマノチェリーランの逃げで平均ペースとなりそう。どの脚質の馬にもチャンスはあるかもしれないが、幾らかスタミナも要求されるのではないか。瞬発力だけの馬には辛い。馬場を踏まえると、あまり外に出すと不利になりそう。

ザレマは前々で粘りこむ競馬ができそう。最終的には目標になるだろうが、アマノチェリーランとアドマイヤスペースを見ながら競馬できる展開はいい。前の2〜3頭をどこでマークを外すかという競馬がベスト。
ベッラレイアは馬群との闘いもあるが、差し遅れの心配も。簡単に勝てるかわからないところで秋山騎手にとって試練になりそう。多分、馬のペースを崩さずに道中は後方から進み、最後は大外になるとは思うのだが。

ローブデコルテの距離延長はいいだろう。調教であれだけ動く馬だし、2歳時のレースからも距離延長は問題ない。上手く捌けば。

ミンティエアーもベッラレイアと同様のことが言えるが、ベッラレイアより他から意識されないのは有利になるかもしれない。逆転があっても驚けない。

レインダンスは出たなりの位置で、前走より前で運べれば面白い。
ラブカーナは前の集団を見ながら、ロス無く運べれば。


中京
5R イソノクイーン 先手なら
小柄な馬で上積みは無いが、テンの速い馬がそんなにいないので悪くても2〜3番手から競馬できそう。
非力な馬で開幕週もいい。距離ロス無く運ぶと強いだけに。

9R フサイチバルドル イン突きハマる
4週連続で、それなりの時計を出してきた。体調はいい。
道中で少しでも動くと脚を使えない馬。開幕週のいい馬場で内で我慢して、あとは前が詰まらなければ。

新潟
10R ローレルナイト 時計かかれば
時計のかかる競馬なら同条件では善戦している。
雨でバテ合いになれば浮上。
2007.05.19 土曜の回顧
中京
3R マイプリティワン 着外
何も今日の馬場で控える競馬しなくてもいいと思うけどね。
番手ならともかく消極的にもほどがあるよ。

10R マコトスパルビエロ 着外
ゲート、ダッシュが共にひと息。
結局は外枠が悪い方に働いてしまったね。使える脚が短いのか、前で後ろを待つ競馬じゃないと厳しいかな…

12R カネトシスティーブ 3着
雨馬場じゃないけど動いたね。
デキが上がってきただけなのかなあ?
2007.05.19 土曜の展望
松崎初勝利おめでとう。

中京
3R マイプリティワン ハナなら
とにかくスピードはある。前走は最後まで踏ん張り切れなかったが、開幕週の中京なら止まらない。
調教の内容からも前走の反動もなさそう。

10R マコトスパルビエロ 叩いて良化
調教の内容から叩いて順当に良くなってきた。
砂を被ると加速が悪くなる馬なので外枠がいい。スピードの勝った終いに不安がある馬が多いので、それを外から見ながらの競馬なら。

12R カネトシスティーブ 雨馬場なら
とにかく雨馬場はいい。
前走よりはメンバーは強いし、前が速くなるから有利とは言い切れないが、また人気がなさそうなので今回も買ってみても。
2007.05.19 調教チェック
オークス
スマートストーム 6+
走りが軽いし、実績からも良馬場がいい。動きはまずまずで高いレベルでデキが安定している。
ローブデコルテ 7
前走もデキは満点といえるものだったが、終いを伸ばす内容の今週も体が軽く、スピード感がある。
マイネルーチェ 7
走りが軽すぎるのは変わってこないが、最後まで脚の回転は早かった。この馬自身の体調としては文句のないもの。
ハロースピード 6+
デキは高いレベルで安定しているが、2400Mを走るには少しスピードが勝ちすぎている。抑えが利かない訳ではないが…
ミンティエアー 7
Cコースなので時計は地味だが豪快なフットワーク。スピードの乗りが良く、絶好の気配。
ベッラレイア 6+
中間は前走より攻めを強化。今週も馬なりではあるが時計は速い。前走より良い過程で望めそう。あとは馬体だけ。
レインダンス 6
さすがに上積みは無い。それでも良い頃の9分のデキには。
ピンクカメオ 6+
絞り込んだ前走の反動は意外と無さそう。一度行くとカーっとなるが、ソロっと乗れば距離はこなせるかもしれない。
トウカイオスカー 6+
中間を抑え気味の調整にしたことで今週は少しハードな内容をこなせた。前走より元気がある。これなら楽しみがありそう。
カチマチボタン 6
デキ落ちはなさそうだが、緩いペースに馬が我慢が利いていない。距離に不安。
ラブカーナ 6+
今年6戦目となるが元気一杯でデキ落ちはない。中2週でこれだけやれれば十分。
ウィンナワルツ 6
先週に強めの内容で今週は軽め。体がないので鍛えれないのが現状。
ラストベガ 6
時計はいいが、内容としては平凡。
アマノチェリーラン 7+
中間もしっかりと乗り込まれているし、今週の動きもグイグイ坂を駆け上がり抜群。距離は長いが、ハナか番手でどこまで。
アドマイヤスペース 6+
馬体はもう少し欲しい。動き自体は軽快そのもの。だが、距離が距離だけにもう少し走りに遊びが欲しい。
ザリーン 6
体の無い馬で強行日程は厳しいがデキ落ちはない。上積みも無いが…
ザレマ 6+
中間も速い時計のハード内容を消化できているし、今週も速い時計でまとめたが、脚色に衰えなし。スピードの持続力なら。

東海S
マイネルボウノット 6
追われてからの伸びが少し物足りない印象。
オリンピアンナイト ?
あまり無理しなかった。少し馬体が立派に映る。
ジュレップ 6
終いの粘りはもう少しほしいが。
メイショウトウコン 6+
前走から引き続き緩めず調整できているのに好感。
タガノサイクロン 6
終い重点。伸びはまずまず。
サカラート 6
悪くは無いが、良い頃は追われてからがもっと良い伸びだった印象。
アルドラゴン 6+
なかなかしぶとい。併走相手に先着されたものの、最後まで頑張っている。
ラッキーブレイク 6+
それなりに時計をまとめて、終いの伸びもなかなか。
エイシンラージヒル 6+
時計的にはさほどでもないが、終いの伸びはなかなかいい。
キクノハヤテ 6
時計ほど終いに鋭さを感じない。むしろ地味な感じが…
クーリンガー 6
馬場が悪かったこともあり、いつも以上にバタバタだったが、この馬の場合は調教は参考にならない。
クワイエットデイ 6+
馬場が悪かったことを考えれば、時計をまとめた上で最後までよく頑張っているだろう。

ダービー1週前
フライングアップル 6
終いのスピードがひと息。変わってきた印象は無い。
サンツェッペリン 7
5F61.8の猛時計。この時計でも追われてしっかり伸びている。絶好調で馬体の張りも目立つ。
プラテアード 6
相変わらず首が高い。動き自体はまずまず。
フサイチホウオー 6
調教でそこまで目立つ馬ではないが、良くなってきたとまでは感じない。
ヴィクトリー 6
重そうな助手さんの騎乗。そのせいもあり地味な動きではあったが、気にしなくていいだろう。
ウオッカ 6
距離を考えてかゆったりとしたペースで。脆そうな感じではあるが、折り合いはついていた。
アドマイヤオーラ 6+
この厩舎にしては珍しい3頭併せ。終いは楽に突き抜けた。反応は良い。
ナムラマース 6+
速い時計を出してきた。最後の最後に先着したように、長く脚を使える。状態も高いレベルにある。
ドリームジャーニー 6+
相変わらず軽快そのものという動き。ただ、体には余裕がない。
フィニステール 6+
追われてからもう少し伸びがあれば。決め手欲しい。
ヒラボクロイヤル 6
馬場が重かったせいもあるが、終いは脚が鈍った。
昨日は連敗を止めはしたが、今月ようやく2勝目。インパクトは無いが、ロッテの18連敗並みに苦しい状況にある。

一方で昨年まで「最弱」の座を不動のものとしていた楽天は19勝22敗と大健闘している。昨日は山崎武選手が1試合3本塁打と凄いと通り越して笑ってしまう好調ぶり。田中幸雄選手の2000本安打にも空気読まないガチっぷりで楽天の圧勝だった。
昨年から応援していて思うのは楽天はとても雰囲気がいい。山崎武選手は調子が悪い選手を励ますことを忘れないし、草野選手はよく投手に声をかけている。高須選手は寡黙だけど選手会長に相応しい真摯さを感じさせるし、絶好調の渡辺恒投手は「投げるのが楽しい」とまで言う。楽天に来てから不調が続いていた礒部選手も今年は絶好調で外野陣の兄貴分として鉄平選手をからかいつつ、チームを引っ張っています。
これに選手会長副補佐となった鉄平選手の調子やフェルナンデスの体調が上がってこればと思うと楽しみが広がります。プレーに一所懸命さを感じるし、見ていて気持ちがいい。今年は勝ち試合と負け試合を分けれていますし、本当に強くなったと思います。昨年までは全試合必死にやらないと勝たせてもらえませんでしたし。

で、オリックスのムードはというと無いような気がするんです。毎試合見ているわけでは無いので、これまた無責任なんですけれども、ムードが無いというのは初めて見ました。暗いとかギクシャクしてるとかじゃなくて、「無い」んです。負けても淡々としていて、負けることに何の感情も沸いていないのではないかとすら感じてしまいます。そんなことは無いとは思うのですが…

戦力的にはラロッカ、ローズと補強は成功していると思いますし、投手陣が厳しいのは確かではあるのですが、ここまで絶望的な状態に陥るような戦力ではありません。「なぜ、勝てないの?」と不思議に思えるくらいです。勝てない原因はムードにあるとしか思えません。

今、必要なのは選手のモチベーションを引き上げていくことではないかと思います。あのファンの少なさは気の毒です。ビジターだとファンより選手の方が多いこともあります。甘い考え方かもしれませんが、あれでは選手もやりがいが出てこない。
せめて中継があれば、頑張っている姿を見て「球場に行ってみよう」となるけど、それもない。他球団のようにネット中継した方がいい。

究極の方法は本拠地の移転です。大阪のファンは寂しがると思いますが、京セラドームが本拠地になってから、ファン離れが加速しています。日本ハムのように本拠地を移転するのも選択肢の一つです。候補としては独立リーグのある北陸、四国(坊ちゃんスタジアム)で野球の中心を目指すか、今盛り上がっている宮崎(サンマリンスタジアム)なんか面白いと思います。って、話を先日していたのですが2ちゃんでも同じことを言っている人がいました(笑

移転とか中継は大変かもしれませんが、現場の首脳陣には良いムード作りに力を入れて欲しいと思います。勝てないからムードが悪いのか、ムードが悪いから勝てないのか、まではわからないのですけどね。そこはまた無責任なんですけど(笑

と思っていたところに昨日の勝利だったので、これで少しは変わって欲しい。昨日勝ち投手の大ベテランの吉田修司投手も「とにかく向かってく気持ちが大事なんだ」と言っています。ありきたりですが、今日から連勝するぞという勢いで試合に臨んでもらいたい。
藤田騎手といえばお金にシビアというイメージがある。取材について、グリーンチャンネルはビール券(だったかな?)をくれるけど、他もそういうところ気をつかってほしいな的な意見や、ワールドスーパージョッキーシリーズの賞金が減額されたことについては、来る騎手のレベルも下がるし、やる気が無くなる的なことを自著の「特別模範男」に綴っていた。(本を見つからないのでアバウトな表現になってしまい申し訳ない)

賞金の減額でやる気無くなるというのを見ると、ファンとしては正直萎える。しかも、藤田騎手ぐらい稼いでいる騎手がそういうことを言わないで欲しかったと思う。
やる気がないなんて言うのはファンに対して失礼だと思わないだろうか。JRAに対する不信感も違う訴え方があるのではないか。勝利ジョッキーインタビューや記者会見に出ないというのは馬券を買う側としては非常に残念なこと。雑誌に連載を持っているのだし、あまり更新してはいないがブログだってある。藤田騎手ほど実績のある騎手が言えば注目されるだろう。普段から記者会見などに出ていれば「藤田がそう言うなら考えなくてはいけない」となるかもしれないが、現状ではゴネているように映る人もいるだろう。

藤田騎手を見ていると中村紀を連想してしまう。契約更改でゴネにゴネて「2000万でもいいです。お金じゃないんです。」と言ったことが反感を買った。悪気は無いが常識のない発言に異常な金銭感覚(あれだけ稼いでいるのに蓄えが無い)を感じさせた。周りが教えてこなかったというのもあるのかもしれない。
そんな中村紀は中日の育成選手として新たなスタートを切り、野球選手として、もうひと花咲かせようとしている。無責任かもしれないが、あの騒動は中村紀にとって素晴らしいターニングポイントとなったと思う。野球に対する取り組み方やお金に対する考え方を見直す良い機会だったのではないか。ちょうど話題の無い時期と重なり、マスコミや野球ファンに叩かれに叩かれたが、あのままオリックスでダラダラとやるよりは充実した生活を送っているはず。優勝争いに貢献できるチャンスがあるだけではなく、オリックスを見返せる。

藤田騎手にもこのような時期が来るのだろうか。多分、来ないだろうと。そう思わせるのが、今のマスコミと関係者の関係なんだろうなあ。できることなら関わりたくないと思っている記者もいるだろうし。今思うとサンエイサンキュー事件とか考えられんな。
田原さんのブログがアドマイヤオーラと豊の件で盛り上がっている。

やりとりを見ていると、田原さんはやはり多少気難しいところはあるけど、とても良い方だと思う。質問をすればしっかりと答えてくれる。普通のことでも、田原さんが言うのでは重みが違ってくる。レスポンスがあるのは質問した側としても、とても嬉しい。

盛り上がるのはとてもいいことだと思うのだが、変な質問やコメントが増えて田原さんがコメント欄を無くさないかと少し心配している。元騎手の視点で質問に回答して貰える貴重な場。2ちゃんのノリで書き込むのとかは気をつけてほしいと思う。

あと、質問するのって難しい。具体的に考えて質問をしないと、聞きたいことが聞き出せない。それはきっと競馬記者が苦悩するところでもあるのだろう。
2007.05.16 ディラクエ
きょうはディラクエというお馬さんを見てきました。
色んな意味でマジ大物。


d2.jpg


このレースにはロサード産駒で田部厩舎と岡田繁幸さんというタッグのメスナーも出走していました。
m1.jpg


パワーのディラクエ、スピードのメスナーといったところでしょうか。
今日のところはディラクエに軍配。それにしてもいい馬体だ。張りが凄かったですよ。
d1.jpg

2007.05.14 今日の感想
・トーセンイマジゲンは素質ありそうだ。
・ディルシードは順調に使えれば今頃オープンにいるのになあ…
・ダンスアジョイは芝の長丁場がピッタリ
・下原が藤沢和厩舎の馬に乗っているのは岩田と同じエージェント?(11鞍というのにもビックリした)いずれにせよ下原はいい騎手だ。
・武(豊)さんのフォームが微妙におかしいのは気のせい?
・ゴッドヘイローが差しで来れる時点で栗東Sはやばい。
・アスクジュビリーが障害じゃないところで落馬で嫌がらせか。
・中舘特集はよかった。
・それにしてもG?は酷い。ファン減るわ。東京の馬場造園課って高速馬場しか作れないのか。

・一宮の永井の強さは異常。永井の番手は罰ゲーム。
2007.05.12 土曜の展望
エコエコアザラシて(笑

タガノトップリズムがようやく出てきたのだが、叩いた方がよさげなのが気になる。

京都
1R ◎ ローケイダブリュ ○ アースコマンダー
ここは上の2頭以外は低調なメンバー。
ローケイは田中学騎手に期待して、外枠からハナなら逃げ切りも。
追って甘いアースコマンダーはできるだけ前々で。

6R オートドラゴン 未勝利勝ち内容濃い
前走はコースどり、ペースと全てが勝ち馬に向いた。
久々だが動きはいいし、馬場も極端なものではない。マイネルブルメリオやメイショウジダーンをマークしながら競馬できれば。

新潟
10R クサタロウ 叩いて
前走は太め残りでいかにも調整不足。
坂路の動きが良くなってきたし、輸送で絞れれば丁度いい馬体になるだろう。乗り替わりもプラスだ。
2007.05.09 羽田盃
お気づきの方もいると思いますが、トップにある画像はトップサバトンです。
そのトップサバトンが羽田盃を勝ちました。本当にいいレースでした。久々に競馬でゾクっとさせられましたね。
石崎駿騎手はピンチヒッターとは思えないような豪快な騎乗ぶり。それをマークしていたアンパサンドに一度差されたのですが、差し返す根性も素晴らしかったです。負けはしましたがフリオーソもさすがの競馬でした。

今年は中央の競馬を全体的に楽しめていなかったのですが、南関東のクラシックは面白いですね。時計も速い1.51.1。ジャパンダートダービーでのロングプライド、フェラーリピサらの対決が今から楽しみです。今年は芝のダービーより、砂のダービーです。
2007.05.05 土曜の回顧
パッとしないですね。
明日もピンときません。無理して買うのはなにか違うと思いますから、お休みします。

京都
11R マイネルキーロフ 着外
うんざりするような競馬をされたね。
あれでは何もないよ。

新潟
4R トシセント 2着
ちょっとテンションが高かったかな。
最後は苦しがっていたし余裕が無かった。自力で動いていく展開だと辛いのかもね。

7R シルクヴェルディ 着外
パドックで少し馬体が寂しいようには映ったけど…
それにしてもいいところがなくて。

東京
2R セイサムシング 3着
気合をつけて前々へ行こうというよりは、ズブいから気を抜かせないようにしたかったのかな。
最後はまた伸びているんだけど、ちょっと難しい馬なのかもしれないね。
2007.05.05 土曜の展望
京都
11R マイネルキーロフ 能力足りる
ここ2走は楽なペースとはいえ、直線の伸びは良かった。前走勝ったナタラージャは残念な結果となってしまったが、まともなら青葉賞は勝ち負けしていただろう。
メンバーが手薄なここなら後ろを抑えこめないか。できればハナがいい。

新潟
4R トシセント 前走レベルが違う
ここは低調なメンバー。そんな中で同馬の前走は未勝利としてはレベルが高い。
展開的にも楽そうだし、デキも前走くらいありそう。これならキッチリ抜け出しそう。

7R シルクヴェルディ 能力むしろ上
未勝利ではターキー、トーセンクルーズらとほとんど差の無い競馬。
後方からでしか競馬できないのは辛いが、そんなに人気しなそうなので、どうにか馬券になればありがたいのだが。

東京
2R セイサムシング 内枠で
前走は行き脚がついた。これなら中団あたりで競馬できそう。
内枠でロスなく運べば、差の無い競馬ができないか。
2007.05.04 今日の感想
今日は兵庫大賞典と平塚の決勝に尽きるのではないでしょうか。

まずは兵庫大賞典ですがチャンストウライの捲りにも引かないタガノインディーの食い下がりは見事でした。一旦、外から出られたのにも関わらず、差し返しに行かせることができるのは追える木村騎手だからこそでしょう。それを完封した下原騎手とチャンストウライも見事でした。素晴らしいレースでした。

平塚に関しては荒井選手に男気を感じました。
原選手も小嶋をしっかりと張った上で最後まで粘り抜いて、荒井選手の好アシストに応えました。競輪を見るようになって日が浅いので、このような競走は初めて見たのですが、少し感動しました。買ってなかったからかもしれませんが(笑)

今日は予定通りに門別と京王閣だけ参戦しましたが、昨日の勝ちを半分近く溶かしてしまった。残念…


明日は大垣と園田でも買ってみようかと思います。

大垣
11R
◎ 新田
○ 山田
▲ 法月
△ 横田
△ 大井
新田の捲り。新田の頭の車単を。

9R
◎ 兵藤
○ 伏見
函館を見る限りは伏見は自力の方がいいような気がする。

園田に関してはD級の下のほうで軸がしっかりしたレースか、3歳のF2で穴を狙うのが好きなのだけど、明日はそういう番組じゃないからメインだけ。状態はまだ何も見てないので知らないのですが、フェラーリピサは岩田が中団あたりから捲るのかな?そうなると頭かなと思います。
そこからコートユーフォリアとヤマカツという全くつまらん馬券を。ゴールドキリシマとかスルーしてよいものなんだろうか。
地元馬はオオエヘイローがアレではどう考えても無理だろうなあ。
今年は園田ダービーの1着賞金が1000万ということで盛り上がってますが、3歳戦線は盛り上がらないですねえ…
連敗馬の話題を「いかがなものか」地方競馬の連勝馬(ドージマファイター、エスケープハッチなど)の話題を「何の意味があるのか」という意見をたまに見ます。
それらを見ていると、何でも話題にするくらいの気持ちが無くては話題を作っていけない主催者の苦しい事情を知った上で言ってるのかなと疑問に思います。知った上で言っているのなら、それは大人の言うことなのかなと。
そんなことを考えている私ですが、エリザベスクィーンの122連敗はちょっと腑に落ちないところがあります。道営競馬の公式掲示板で挙がっている「道営は強い馬をアピールすべき。連敗馬を話題にすべきではない。」という意見とはまた違うのですが。

小柄で非力なエリザベスクィーンにとって門別競馬場は馬場が重すぎます。現に道営に戻ってきてからの4戦は惜しくもなんともありません。遠征先だった園田では0.3秒差まで頑張ったレースもあったように勝てる望みが十分にあった。
遠征して戻ってくるのがパターン化している馬なので、なおさらケチをつけるような問題ではないと思うのですが、わざわざ勝てる可能性が低くなる所に戻ってくるのは「なんだかなぁ…」という感じです。

懸命に勝ちに拘って連敗している(今までの連敗馬がそうだったとは言うつもりは無い)のなら素直に「頑張れ!」と応援したくなるのですが、エリザベスクィーンに関しては少しだけ首を傾げたくなる。いずれにせよ「馬に罪はない」のですが。
今日はかしわ記念だった。ブルーコンコルド−サンライズバッカスの馬単と3連単だけ買ってみたが、サンライズバッカスの弱さには驚いた。
ブルーコンコルドはパドックの映像を見たけど、威圧感があるね。風格が出てきたように思う。これでG?(jpn1と併せて)は4つ目。
解説の竹内さんも言っていたけど、あれだけ坂路でビシビシ追えるのって凄い。体重が安定せずに成績が不安定だった頃と比べて、体質も強くなってからはレース内容も強いし、もう少しダートのエースとして評価されていいと思います。
ディープサマーはミツオーの番手でウロウロするのかなぐらいにしか思っていなかったのだが、これは南関東に新星誕生かもしれませんね。
それとは逆でナイキアースワークにはガッカリしました。まだ体質面に課題がありますか。

平塚の方では相変わらず小嶋の馬力がおかしい。今日も後ろが千切れるのかと思ったが、山内が離れなかった。まあ、どっちにせよハズレなんだけど。
明日は山崎と小嶋がどう出るのか楽しみです。車券的にはなんともいえない感じです。


明日はかきつばた記念ですね。サンライズビートの参戦が嬉しいです。
リミットレスビットがここを使うのは「かしわ記念使えよ」という感じの乞食プレイですが、2着争いは地元勢も絡んできそう。

兵庫大賞典はある意味、次の日のチャンピオンシップより面白いと思います。チャンストウライ下原、ジョイーレ川原、グレートステージ田中、タガノインディー木村と騎手の腕比べが楽しめそう。これにビッグインディとベストタイザンが加わればベストメンバーでしたが、十分楽しめそう。海外から帰ってきたばかりの木村騎手の騎乗ぶりにも期待したい。
同じ日に山or川特別を組めば、岩田も参戦できたのになあ。

馬券は今日の感じだと明日もどうにかならんかなと思いつつ、門別で頑張ろうかと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。