上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1998年の競馬雑誌まるごと1年分を捨てられずにとっておいていた。
ただでさえ片付けのできていなかった私の部屋には要らないものばかりで、物が溢れている。さすがにそろそろ捨てようかと思う。
しかし、普通に捨ててしまうのは勿体無い。久々に1998年を振り返り、何か残してから、今まで捨てずに残していた雑誌達とお別れすることにしよう。
早速から金杯から…と言いたいところだが、その週の号だけなかったので、京成杯から。(中途半端言うな)

・京成杯
この頃の京成杯はまだマイル戦だった。シンザン記念とモロに条件が被っていた。
そうなるとメンバーが分散しそうなものだが、過去の京成杯の出走馬にはピコーペガサス、ヒシアマゾン、サクラスピードオー、エイシンガイモン、スピードワールドとかなりのビッグネームが名を連ねている。サクラスピードオー以外は外国産馬というところが、外国産馬がいかに大暴れしていた時代かが伝わってくる。クラシックや天皇賞に外国産馬の出走枠を設けようとした時に多くの生産者が意義を唱え、あの大川慶次郎氏も3〜5年の猶予期間を与えるべきとの考えを示していた。

話が少し逸れてしまった。1998年の京成杯には朝日杯でグラスワンダーの2着マイネルラヴが参戦し、当然これが単勝1.2倍の圧倒的支持を得ていた。
他にはダート1200Mを新馬、500万下と連勝してきたエフワンナカヤマ、関西からはユノプリンスの参戦もあった。

だが、レースではマイネルラヴは直線で全く伸びがなく、勝ったのはマンダリンスターとこれまた外国産馬。前走でエフワンナカヤマの3着と敗れていた馬だったが、ここは巻き返した。
その前走はカンパイがあったレースで、マンダリンスターといえばカンパイの馬と一部の人には記憶されている。他にも新馬戦でエルコンドルパサーに7馬千切られた馬となかなかのネタ馬だったと言えるだろう。このことはエルコンドルパサーファンがいかにエルコンドルパサーが凄い馬であったかを説明するときにも用いられている。

・ガーネットS
前年からG?に昇格。ようやくダート路線が整備されてきた頃だった。
圧倒的な一番人気はワシントンカラー。前走では、まだ暮れの頃に組まれていたスプリンターズSを3着というのもあるが、ユニコーンSでタイキシャトルの2着、ギャラクシーS、根岸Sは共に圧勝ということを考えると単勝1.4倍も過剰なものではなかったかもしれない。
だが、勝ったのはスーパーナカヤマ。前走は叩き2戦目の準オープンだったがダート1200Mは1分10秒台の時計で圧勝。不良馬場を味方に先行押し切りという内容だった。スーパーナカヤマもやっぱり外国産馬だった。(父ジョリーズヘイローだったのか)
2着にはビーマイナカヤマ。中山競馬場でナカヤマナカヤマという非常にアホらしい結果となったのである。
ちなみにワシントンカラーの敗因は「積もった雪を見て感動しちゃったんじゃないかな(笑)物見してしょうがなかったよ(ヨシトミ)」だったとか。

・500万下
エルコンドルパサーが新馬戦同様に9馬身差でぶっちぎり勝ち。的場騎手「今日もエンジンの違いを見せてくれたね。」

・準オープン
初富士S…ケイワンバイキングがツルマルガイセンをハナ差抑えて差し切る。

・900万下
エプソムシアター(菅谷)の追い込みが決まる。
ショーザランニング逃げ切る。

・新馬
ウイングアローがデビュー戦。ダート1200Mで猛然と追い込むも3着。上がりは35.9。ちなみに勝ったケイエスグッドワンも後に準オープンで活躍する。


ということで早くも第2回が無さそうな勢いで第1回はここまでにする。次回はシンザン記念の週です。
2007.06.06 5日の感想
・北海優駿
今年は服部騎手が絶好調。ブルータブーも思った以上に強い競馬で今後が楽しみになった。
2着はティンスクヴィルかあ。キミハツヨイも頑張ったけど、5着ってのは自己条件に戻ると人気するだろうから、馬券買った人間としてはしんどい。


・高松宮記念杯
小嶋敬二が普通に強かった。後閑選手が「強くなる過程でG?を勝てればいい」みたいなこと言っていたと思うのだが、小嶋敬二はまさにそんな感じだったと思う。だから終わってみるとなんの感想もない。
荒井崇博は北津留の落車の後うまく気持ちを切り替える前に岡部に切れ込まれて、全くレースにならなかった。残念だけど、今開催くらいの走りができれば順番が回ってくるだろうなと思った。

・楽天
福盛はどうしたのかねえ。
打たれてからは態度も良くなかったし、ああいうのは見たくなかった。
後味は良くないけど、上手く気持ちを切り替えないと。1試合だけで壊れる結束力じゃないと信じたい。
ヤマノトレジャー
道営の1冠目である北斗盃は短距離であるため、北海優駿までは中距離のオープンは手薄なメンバーとなっていた。それだけに、この馬の連勝はどれだけの価値があるか難しいところだろう。ただ、北斗盃組よりは1600Mの適性は高そうなのも確か。

ドクターアサシン
3歳の条件戦では最強クラスのビービーオアシス、ミスターフォークらと対戦してきた。そう差はないかも。

ブラウマイスキー
ヤマノトレジャーにあまり惜しくない連敗。旭川の実績からも推しにくい。

タガタメ
北斗盃の勝ち馬。賞金も2000万近く稼いでいるように実績はズバ抜けている。
ここはとにかく距離延長。今まで経験してきたマイル戦よりは相手が楽なだけにレース運び次第で粘りこむ可能性も。

ティンバーランド
さすがにここでは厳しいだろう。強調材料に欠く。

フィールアブレス
名古屋ではJRA交流で2着があるように、もう少し走ってよさそうなものなのだが。旭川ではアタック(JRA認定未勝利)でも苦戦しているだけに。


ブルータブー
前走は減っていた馬体が回復。距離延長は実績からも問題なさそう。
やってきた相手からも首位争い。

キミハツヨイ
前走は明らかな太目残り。叩いて良くなる余地はかなりある。
少しでも流れに乗れれば一発も。

モルフェマイハート
1500〜1800Mのレースぶりが案外なだけに、ここは苦しいだろう。

タカノダンサー
スピードはあるが、現状では一本調子なレースぶり。
それだけに距離は不安だが、先手でどこまで。

ティンスクヴィル
決め手に欠く現状。ヤマノトレジャーやブルータブーに先着することは考えにくく、良くて3着争いか。

◎ ブルータブー
○ キミハツヨイ
▲ タガタメ
△ ヤマノトレジャー
△ タカノダンサー
2007.06.04 便乗
愛読書は「食べられる野草」と5人ぐらいに認知されているであろう進藤さんの意見を見て、あえて書かないでスルーしたことを今さら突いてみる。

ダービーを勝った四位騎手についてなのだが、目黒記念のメイショウオウテの騎乗には少しガッカリした。ダービーを勝った後だけに、どんな騎乗をするのかを気にしていたのだけど、バックストレッチでまともに持って行かれてしまった。あれを見て「ああ、やっちゃったなあ」とか言いながら笑っていたけど、買っていた人はあんまり穏やかではないだろうなあ。四位騎手の場合は普段から、1鞍1鞍丁寧に乗っている感じがしないだけに見ていていい気はしなかった。もうダービージョッキーなんだから、しっかりして欲しい。

あと豊にもガッカリした。安田記念のコメントのことなのだが、何の工夫も無い騎乗で簡単に馬場のせいにはしないで欲しかったね。土曜の芝のレースでの騎乗ぶりは久々に冴えていたように思えただけに不満が残る。

アンカツについてはもともと敗因をしっかりコメントする騎手だし、今年はレースでも、しっかり追えているから馬券を買う側に優しい。腰痛を考慮した騎乗制限も無理矢理乗って変な乗り方されるよりはいいだろう。
幸四郎もヴィクトリアマイルのカワカミプリンセスの件で、ファンに申し訳ないと言っていた。少し前まではファンに謝る騎手というのは皆無に等しかったような気がするのだが、何かが変わってきたのかもしれない。社交辞令のようなものでも、無いよりはあったほうがいい。
期待されている馬で負けた時には関係者やスタッフだけではなく、馬券を買っている人のことも少しでもいいから考えて欲しい。そのような姿勢がファンと騎手の距離をより近いものする。その延長でファンサービスについて考えていけば、競馬は生き残っていけると思いたい。
無理。
それにしても何食べたら、ああなるんだろう。

今日は各地で大レース。
地方競馬はダービーウィーク開幕で佐賀の栄城賞、中央競馬は安田記念、競輪は高松宮記念競輪(2日目だが)競艇も笹川賞とアホのように大レースが乱立した日であった。

その中でも明らかに一番しんどいのは栄城賞だったと思うのだが、購読しているスポーツ新聞に馬柱が載っていたのには驚いた。東スポには載っているという話を聞いていたけど…
ダービーウィーク頑張ってますねえ。レースはナンブラッキーワンが決まって、これが1着となりました。楽しみにしていた高知のスパイナルコードは残念ながら、やっぱり厳しかったようです。上には上がいる。

火曜日は北海優駿。またまた施行時期と条件が変わりました。日本一落ち着きのない3歳戦線です(笑
メンバーは結構揃ったのでまずまず面白い競馬を見せてもらえるのかなと思います。良くも悪くもタガタメが中心でしょう。それに道営に復帰してからはオープンを2戦2勝のヤマノトレジャーも支持されそう。
ちなみに僕はキミハツヨイを狙おうかなと。太目を叩いて良くなってくることに期待してみます。

水曜日はついに来ました東京ダービー。今回も3強対決になりそう。トップサバトンは御神本騎手に手が戻るんですね。フリオーソの内田騎手がどう乗るかも楽しみ。戸崎騎手もそろそろビッグタイトルが欲しいところ。これらにレッドドラゴンが絡んでこれるかどうか。これらは甲乙つけ難いです。他は少し力量差があるかな。

・高松宮記念
6R 昨日、今日と北津留翼の仕掛けが抜群。
7R 稲垣はほんとに状態いいな。強い。
8R 荒井崇博強すぎ。昨日もびっくりしたけど、今日もおかしい。
9R ヤマコーのインタブーひどい
10R 神山落ちるなよ(笑
11R 海老根はつまんないことして内に詰まらなければ強いんだけどなあ。

それにしても大津は当たらない。唯一、小野−北都留−飯島だけ当たりかけたが、小野が仕事しすぎて株が落車して失格になりやがったという…

ああ、酷い土日だった。
2007.06.03 日曜の回顧
中京
1R セフティプラスワン 1着
人気だったしなあ。
これよりヒモを買えるかってのが問題だね。ちょっと難しいわ。

3R トップオブザロック 3着
3角で外から絞られたような格好になっていたけどね。審議にもならないから、よくわからないのだけど。
その後に盛り返してきているんだけど…

5R マルカフェニックス 3着
出負けが無ければ2着だったのかもしれないけど、いずれにせよ勝ち馬は問題にならんくらい強かったね。
この厩舎の馬は扱いが難しいので以後スルーすることしよう。

9R ダノンムロー 意味不明
4角で勢いがつきすぎてコケた。
コーナー下手なのかね。不器用なのはわかるけど、それにしてもねえ…
また小牧の悪い癖が始まったかという。

12R メイショウアズーロ 1着
よっぽどデキがいいんだろうね。スタートも良かったし。
ウインプログレスは前を全部掃除してくれたこともあり、絶好の展開になった。あれで勝てなかったら、どうしようもないってくらい恵まれた。

・安田記念
ダイワメジャーは道中微妙だったと思うんだけどね。後ろが情けなかったこともあるけど、さすがの強さを見せ付けられた。
コンゴウは叩いてく動きが更に良くなってきているなとは思ったけど、ここまで踏ん張るとはね。マイル路線に強力な先行馬が出てきたというのは喜びたい。
ジョリーダンスが一番うまい競馬をしているかなと思ったけど、前が強かったね。
2007.06.03 日曜の展望
中京
1R セフティプラスワン ここは決めたい
もう牝馬同士なら格上の存在。500万下ですらソコソコやれそうな力がある。
前走は距離延長で手探りで差し届かなかったが今度は決めたい。

3R トップオブザロック じわじわと良化
馬体が締まってきて少しずつ良くなってきた。
今回の追いきりもなかなかの時計で上がりをまとめてきた。外枠からヒシヴェンチャーを見ながら競馬できれば楽しみ。

5R マルカフェニックス 1200悪くない
前走外から中途半端に脚を使ってしまって末の伸びを欠いた。
レベルの高かった新馬戦のパフォーマンスを考えると案外なレースが続いているが芝の短距離なら。
枠は嫌なところだが能力に期待。

9R ダノンムロー 相変わらず好状態
ファルコンSと橘Sは前が止まらなかった。
頭数と馬場を踏まえれば差し切れる条件。G?の後だが追いきりの動きも良く。

12R メイショウアズーロ 小牧と好相性
前走は前日の1000万下より時計がよかった。2着のシルクワンダーも500万下では骨っぽいところ。デキに関しても中1週だがデキ落ちもなく順調。
外めの枠。ゴールドイモンらが内に切れ込んでくると思うので、そこを不利無く乗り越えて好位からなら勝機がある。

・安田記念
これは難しそう。ダイワメジャーが持久力を生かす形に持ち込めなさそうな枠順というのが更に予想を難しくしていると思う。
日本勢と香港勢ともに差の無い感じの馬ばかりで予想する上で決め手がない。
2007.06.02 土曜の回顧
中京8R
◎ マイネルアンツーク 着外
スタート直後に窮屈になって後方まで下がってしまったのでが全てだろう。全く流れに乗れず終いで競馬が終わってしまった。
やりたい競馬をツルマルフェローにされたなあ。


ロングプライドは強かったね。距離は忙しかったと思うけど、最後は豊富なスタミナがモノを言った結果となった。速いペースで適度に上がりを要したのと、思ったより時計の出る馬場にならなかったのも大きい。
ただ、時計的にはそこまで優れたものではなかった。ロングプライドは可能性を秘めているが、それ以外は低調な1戦だったかもしれない。
これならJDDは南関東勢に希望がありそうだ。
2007.06.02 土曜の展望
最近へたれた予想しかあげてないなあ…
いくら俺メモとはいえ、ちょっと申し訳ない。

フェラーリピサはよくがんばるなあ。
市川義美率いるフェラーリ軍団がちょっと前の阪神にあったF1セブンみたいな感じだよね。(賛同が得られそうにないのは薄々気がついている)
松田(この松田がなかなか思い出せない)以外はみんな現役という。

中京8R
◎ マイネルアンツーク
前走は道中で折り合いを多少欠いたところがあった。
外から前に取り付いてチェリーロビンの外に張り付くところまではいったが、そこから伸びきれず。
やや終いの甘い馬だが、今回はこの馬以上に甘い馬が揃った感じ。スズカフローラ、パスクア、ニホンピロらは追って味が無いので、早めの粘りこみを心掛けそう。平均ペース以上の淀みのない流れになるだろう。
好位、差し馬もユーガットテーストもタフな中京だと更に甘くなりそう。
佐藤哲三騎手が中団あたりから他力本願の流れ込みを狙いそう。これなら折り合いも大丈夫。状態も中間しっかり乗られて万全そうだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。