上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カワカミプリンセスがアウトでトールポピーがセーフというのは呆れますね。
同じ人間が決めている訳ではないとはいえ、あんなに長いこと内に切れ込んでいって、立て直すことすらしなかったなんてフォローしようがないですね。文句なしで降着です。
変な思惑を感じることをするから良くないんです。これは裁決委員で研修会開かないと駄目。もう少し一貫性を出さないと。
あんな競馬が許されるなら、皆ガンガン内を突くよ。ちゃんと競馬やってる奴を愚弄してる。


審議の件を置いておくと、この結果は難しかったなあ。
あの調整過程(速い時計が無い)のトールポピーは買う気がしなかった。エフティマイアは状態面の充実は理解していても距離延長に対応できると思わなかった。レジネッタは微妙なところかな。
オディールなんかは桜花賞組では一番順調に見えたので、好走も頷けたのだけど。
トライアル組は面白いくらい全然駄目だった。レッドアゲートは全く伸びないとは。
あと藤岡(佑)君。今年は本当に乗れてるね。控えたってつまらないっていう気持ちが見えるレースだった。乗れてない頃だったら、つまんない2、3番手だった筈。よくここまで立ち直った、そして腕を上げた。
ほんと難しいレースだった。

ダービーも難しいよね。皐月賞組は決め手に欠けるし、トライアル組はプリンシパルS、京都新聞杯は露骨に空き巣レベルだった気がするし、青葉賞のアドマイヤコマンドもコースどりとペースを考えればもっと楽に勝って欲しかった。
ここでこそブラックシェルがいいような気がする。今日のレースを見る限り、武豊騎手は東京の馬場をキッチリ把握している。8Rではイン突き、9Rでは落ち着いて真ん中に持ち出して冴えている。
馬群を捌ける器用さの無いブラックシェルも東京なら話は別。極端なレースをしなくても力を出せる気がする。あとは状態面。G?3連戦で疲労は無いか。
ディープスカイもどんなレースをするか楽しみではある。
スポンサーサイト
2008.05.24 雑感
オウケンブルースリ 1.5 5着
フサイチワイバーン 1.1 3着

どちらもデビュー戦を2着で、2戦目人気しながら期待に応えられなかった。
人気するのも頷ける初戦の内容だった。オウケンブルースリは直線で鬼脚と言っても良い豪快な伸び脚を見せて、スター候補が出てきたという印象すらあったし、フサイチワイバーンは特別派手さは無かったが、このメンバーに入ると時計だけは抜群に良かった。
だが、それは良いところしか見えてなかったのと思い知らされるのが2戦目であった。オウケンブルースリは第4コーナーで騎手が制御できなくなり、外に吹っ飛んでいってしまい、最後伸びるもさすがに手遅れで5着。フサイチワイバーンに至ってはそこまでロスがあったわけでもなく、わりと普通に敗れてしまった印象すらある。
キャリアの少なさ。当然、その馬に対する知識は乏しくなる。深く突っ込めば死角が無かった訳でもない、だがそれが取り越し苦労に終わるケースも少なくない。
最後に何を取るかは自分次第だし、その傾向が自分のスタンスとなる。いずれにせよ思考を止めてしまうのが一番怖いこと。その時計は何を意味するのか、ただスピード決着への適応力を見せただけなのか、他のレースと比べて価値のあるものなのか。
スローペースでも前との差を詰めてきた馬はどういう馬なのか。瞬発力に長けた能力の高い馬なのか、ハイペースでは脚を使えないスタミナ不足の馬なのか、単に馬場に恵まれた馬なのか、それどころか逆なのか。
それらを最後に結果論だけが肯、否定する。それまで無限に楽しめばいい。
ウオッカの仕掛けが早かったって言ってる人が思ったより多くて関心した。そうだよねえ・・・
ほんとに使える脚が短いよね。

ドバイの時は明らかに伸びきれ無そうなレース運びで全く勝てそうになかった。差は僅差だったのかもしれないけど、全然惜しくなかったと思う。
ただ、今回はマイルで折り合いは楽な条件。そこで勝てなかった。何が敗因かというと仕掛けがまだワンテンポ早かったというのと、勝ち馬が捌いて中を割ってきたのに対して、あまり捌かないで外をまわしてきたこと。
多頭数で外から差して勝ち切れるような馬でも無いんだよね。阪神JFもダービーも道中はイン攻め。

っていう話がファンの間ですらされているのに、井崎さんの解説は酷いもんだよな。
まさか吉田均が恋しくなるとは思って無かった。
2008.05.04 4日の展望
花粉症。

京都
3R マヤノテムジン 馬は良化
前走は出負けの時点で論外だったが、それでも前々の競馬ができたことは評価したい。
坂路の時計からも能力は高いと思うし、乗り替わりで前進したい。

6R サマーファインデイ こんどは順調
前走は間隔が開いて本数が物足りなかった。
レースでも内枠すぎて全く流れに乗れなかったし、4角での反応ももうひとつ。
今回は中1週でまずまずの時計を出して使えた。順調ならもっとやれていい馬。
京都なら内から捌く競馬も阪神ほどゴチャゴチャしないし、幸四郎にちょっと頑張ってもらいましょう。

7R ウイズハンズダウン 距離延ばして
前ほどではなくなったがもまれ弱い馬。
すっかり好調の小牧騎手に戻るのもいいし、距離延長で先行馬が少ないメンバー構成。
そこまで強い馬もいないと思うし、後続を抑えれないか。

8R ヴィオレットステラ 軽い馬場プラス
軽快なスピードの持ち主。未勝利を勝つのに手間取ったが能力は高い馬。
控える競馬も視野に入れているコメントだが、小倉の内容から控える競馬も駄目ではないと思う。
逃げ馬の後ろで競馬すると面白いかも。逃げてもそれなりに頑張れるだろう。

新潟
1R キーボックス 先行流れ込みたい
前走で絞れて先行力はより確かなものに。
あとはスタミナ面。前走後もう少し時計を出してきてほしかったが、追える騎手にちょっぴり期待して。

2R フジノアリオン ハナなら
前走はせっかく絞れたのにまさかの消極策。速い脚はなく、直線勝負では分が悪すぎた。
田中健騎手の気持ち1つ。馬場は先行馬にとって文句ない条件だけに。

10R メイショウヨリトモ 1000Mなら
前走は外から抑えきれない感じで脚を小出しにして末の伸びを欠いた。
1000Mなら折り合いも糞も無い。スピード負けすることはないだろう。ここは能力全開といきたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。