上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.28 28日の展望
明日は多目なので名前だけ。

中山
2R リアルストロンガー 鞍上不安も
前走は外が伸びる馬場でとにかく先行馬に辛い馬場。馬場も重かった。
メンバー的にも単騎で行けそう。今度は馬場も軽い。

7R アルファトリリオン 内枠。
とにかく内枠。好位から。

9R ダイワシークレット 威張れる相手
ここは単純に力が上だろう。デキ落ちも無さそう。
外外からでも抜け出す。

11R
◎ マツリダゴッホ
○ シャドウゲイト
△ スウィフトカレント
マツリダはゲート決めればまず崩れない。
シャドウゲイトはデキに関しては大丈夫そう。ただ、メンバー構成的にマツリダが2番手でもおかしくないので、それはちょっとしんどいかな。ハナは叩けそうだけども。
スウィフトは芝ならもうちょっとやれそうなもんだが。これくらいのメンバーならそこまで見劣りしない。

札幌
2R ダンツエスエスティ 外枠で
前走は内枠で道中動けない位置に。
正直、それにしても物足りない内容だったが、外枠で早め早めの競馬ならしぶとさ生きる。

7R エミネンツァベルタ 条件一変 
滞在と1200はベスト。
終いの脚が違ってくるはず。

10R ハギノアスラン ハマれば
1200は悪くないし、末脚だけは悪くない。
うまく捌いてこれればだが。

阪神
6R エバーアップワード 広いコース+乗り替わりで
前走は小回りコースのせいもあってか馬群で詰まった。
藤岡君次第。前走のようなことはないと思いたい。

10R オウケンブルースリ G?へ
ここではモノが違う。
うまく捌いて直線に持ち込んで欲しい。負けちゃいけない。

12R リーガルアミューズ メンバー構成で
前走はいかにも強力先行型が揃ったメンバーだった。
ここは外めの枠からスムーズ番手〜好位が望めそう。
スポンサーサイト
2008.09.26 27日の展望
札幌
11R クレバージェフリー 距離短縮で
ようやくベストの距離。
斤量はいいし、強力先行型が潰しあう様なら中団から抜けれないか。
内枠だが、うまく捌いてほしい。

阪神
3R アグネスヘルメス 時計は出してる
前走内容は悪くない。
久々も時計は出している。

8R シゲルアサンテサナ 鞍上強化で
ここ2走は後ろからすぎた。
乗り替わりで違った競馬を。
フリオーソに川島正太郎ってすごいですね…

※ そういえば札幌競馬場で見た有名人は小川奈那さんだったようです。
テレビで微妙に見たことあったけど、名前まで出てこなかった。

明日はどっか行くのもめんどいから、青森記念と園田で遊んでよ。
2008.09.21 こわいねえ…
吉田隼騎手と柴山騎手はかなり危険な落ち方をしただけに心配だ。吉田隼騎手はフジヤマと接触しているように見えるし、柴山騎手の落ち方はいきなり後ろに放りされたような格好。
先日、競輪の内田慶選手が落車で死亡するということがあっただけに、大事にならないことを祈るのみ。

しっかし、張り切って参加した両重賞。かすりもしなかった。セントライト記念はヒモヒモヒモだったが、かえってタチが悪い。
よく考えたら、今年の3歳の重賞を当てた記憶がない。共同通信杯だけだ。
それにしても両重賞、共に終わってみて「やっぱりレベルが低い」という感想。どの馬も差がないので、予想が難しいね。こういうのを当てると嬉しいんだけどな…
セントライト記念はダイワワイルドボア。持久力が強みの同馬には雨馬場で時計がかかったのが良かった。北村宏騎手も実に落ち着いて実績馬2頭を4角で見送り、直線に賭けた。
マイネルチャールズは松岡騎手が本番に残して置けばよかったんじゃないかというくらい、うまいこと内に潜り込んでロスなく乗られた。それだけに勝ちきれないあたりが古馬にあっさり返り討ちにあった、同馬の実力なのだ。それでも、このメンバー相手ではやはり崩れなかった。
ノットアローンは蛯名騎手の相性がいいのか、安定して力を出せるようになってきた。
ナリタダイコクはもうちょっとどうにかならんかったかな。枠が内すぎたか、動きたい時に動けなかったし、落馬の影響も多少あった。
ロードニュースターは全く運が無い。完全に落馬の影響で不利を受けてしまい競馬に参加できなかった。

・ローズS
受けて立つ立場と挑戦者というので差が出たレジネッタの仕掛け。良馬場ならあれで勝てたのかもしれないが。
牝馬に関しては上がり馬すら出てこなかったな。
2008.09.21 21日の展望
・セントライト記念
18頭立てということで予想って感じの予想にはならないよなあ。土曜のメインもそうだけど、そうそう前の馬が止まるような馬場じゃないし、コースロスも最後の伸びに響く馬場なんだけど、何が捌いてくるかなんかわからないもんね。絶妙なレースをする馬が力不足だったりすると、ああいうレースになっちゃう。
セントライト記念の場合は、先行馬がそこまで多くない。そして中距離でコースロスした馬がもう少し厳しくなるような気がします。それほどの能力差もないメンバー構成だろうし。
昨日のモルトグランデ的な無難さがあるのはマイネルチャールズだが、この頭数で大外から内に入るのは困難。終始、外からのレースで伸びきれるほど強い馬かというと少し不安が残る。それはタケミカヅチにも言えることだろう。
では別路線。ラジオNIKKEI賞組はどうだったかというと、あのレース自体レースレベルがかなり怪しく、同日の500万下より時計が遅い。ペースを踏まえても、せいぜい同じ程度のレベルだったのではないか。
スーパープライドが1000万下で中くらいの馬と考えると、ラジオNIKKEI賞の上位馬はレベルの低い1000万下なら勝てるかもという馬の集まり。出負けしたスマートギアの除いて、キングオブカルトの1000万下勝ちのレースを見ると、しっくりくる。
セントライト記念で首位争いするには、1000万下で勝ち負けできる能力と馬群を捌く機敏さがあればいいのだ。
だが、そんな馬はいない。ダイバーシティが一番近いかもしれないが、この距離はやや微妙な感じがする。前に注目しても、ネオスピリッツは前走内容から距離延長で終いが更に甘くなりそうだし、ダイワワイルドボアの持久力は魅力だが先行力自体が微妙だし、シルクマンハッタンも能力が微妙だ。ノットアローンがスンナリなら一応怖いが。
こういうときは買わないのが正解なのだが、残念ながら妙に人気のない馬がいるのでそれを買う。

ロードニュースター、ナリタダイコク。うーん、どっちも馬群に弱そうだぜ。ロードは騎手が、ナリタは速い脚ないから抜けてこれるかな…
でも、人気がないしなあ。
あとはノットアローン、マイネルチャールズ、ダイワワイルドボア、キングスエンブレムあたりか。小額で広くいきますかね。

・ローズS
牝馬路線は上がり馬も出てこなかった印象。ダイワスピリットは未勝利勝ち以降、走る度に底が見えてきた感じ。
馬場も微妙な感じですが、とりあえずレジネッタは大崩れしなそう。
展開はエアパスカル、ダイワスピリットが行くと思うが、外からハートオブクィーンに来られることを考えるとその後ろあたりが一番楽そう。ブラックエンブレムあたりに展開の利が生まれそうだが、そのブラックエンブレムの調整過程は量、動き共に物足りない。これまた難解なのだ。
パドックで馬体を見てから決めたいが、一応、メイショウベルーガ、サワヤカラスカル、トラストパープルあたりを買ってみようかと思う。どの馬も脚質、状態、右回りと不安材料があるだけに、ちょいと気が進まない。

札幌
10R ヒシエンジェル 恵まれた
ここはメンバーが手薄。その上、前々の馬が多い。
これならこの馬が外から流れ込めそう。
2008.09.17 えー
トーセン動けなさすぎ・・・
せめて前を潰せ。

大井最終ミッシェルラブの単と旭川ブチカマシの3連複で、昨日に続きちょっとプラス。
3日連続開催でかなり吐いてしまったのを補うには全然足りませんが、当たるのが嬉しいですねえ。見てて理解できるのが助かる。

競輪のF1ナイターがないのも落ち着いててかえっていいのかも。旭川や大井で楽しめるなんて、ほんと久々。メインは ハイペースだろ → 騎手もわかってるから牽制してペース上がらず というありがちな見当違いでしたが、真ん中〜外が伸びる馬場も予想しやすくて、なんとなくいいや。
今日はなんとかプラス。ほんとなんとかだけど…
大井最終で英光がちゃんとゲートだしていれば、もうちょっと元気だったのですが。

ボナンザーオペラ。スピードタイプが多いところをトーセンジョウオーが全部潰しそう。
ということで外から追い込んで3着まで突っ込まないでしょうか。それともちょっと後ろからすぎますか。捌けた方がいいでしょうかね?

かなり前になりますが、兼六園ジュニアカップで笠松のニュースターガールが勝ちましたね。
去年は馬インフルエンザで遠征馬がいなかったんだっけか。中央馬相手云々のレベルではなさそうだけど、西日本の牝馬路線で頑張ってくれそう。

セントライト記念。キングスエンブレムが気になります。
前走は調教が軽かったうえで馬体減。レース使う状態じゃなかったような。
休養を挟んで体質強化といきませんかね。
→ 豊騎乗でおいしくない。早くもやる気を無くす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。