上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スマートファルコンが今日もハナへ、2番手にフリオーソ、3番手もバーディバーディと予想通りの展開となった。好位にアドマイヤスバル、シルクメビウスは中団より少し前でレースは進んだ。
前半1000メートルは58.9秒と数字だけを見るとかなり速いペースだが、平均よりやや早いペースといった印象。大井競馬場では前日から前残りが目立っており、この日も好時計が出ていたことからも、スマートファルコン自身はそこまで無理なペースでレースを進めていたわけではなかった。
とはいえども勝ち時計2.00.4というのは驚かざる得ない。圧勝だったJBCクラシックもそうだったが、自らペースを作る競馬の方が合っているのだろう。折り合いに難があるだけに絶対王者という感じではないが、軽快なスピードはサイレンススズカを連想させると言っても過言ではない。今日はスタート後に焦ることなくフリオーソの前に出れたのも大きかったのではないか。
フリオーソは中間の調整に一頓挫あった前走よりは納得の調教が積めていたが及ばずの2着。日本テレビ盃で退けたトランセンドがジャパンカップダートを制したように、この馬自身も間違いなく強いのだが、相手が悪かったとしか言いようがないだろう。
3着バーディバーディも前でレースしていた馬。今日のような時計の出る馬場も良かったかもしれない。中距離では今後も安定した走りを見せてくれそうだ。
アドマイヤスバルは今日も一歩及ばなかったが、G?戦線でも安定して上位争いできるようになった。小牧騎手も合っているのか、良い位置でレースを運べるようになったのが大きい。
シルクメビウスは5着も案外な内容。差し馬には苦しい馬場が堪えたのか、直線では伸びるどころか逆に止まってしまい、最後まで前との差が詰まることがなかった。ブリーダーズゴールドカップの内容が素晴らしかっただけに物足りなさを感じる。
逆に6着のスーパーパワーは充実一途。大金星の前走がフロックではないことを証明した。
展開待ちの脚質ではあるが、来年以降も楽しみになった。
条件馬の身ながら果敢にG?挑戦したゴルトブリッツは2.4秒差の7着ではあったが、外々を追い上げてのもので内容は濃い。まだまだレース運びには進境が欲しいところではあるが、オープンクラスでもやれそうな手応えを感じた。
ボンネビルレコードは掲示板に載れなかった。帝王賞以降はさすがに衰えを感じるが、まだまだ上がり馬の壁として活躍して欲しい。
ワンダーアキュートは枠と馬場に泣いた。幾らなんでも、ここまで負ける馬はないだろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。