上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石橋守と高田潤の競り合い。なぜ、この2人なのだろうか。
石橋守は知っている。メイショウサムソンの良いところは良い脚を長く使えるところだと。底なしの持久力が生かすにはどうすればよいのか。
早めに外に出して0.1秒の遅れもなく、いつでもスパートできる準備をした。G?だからと小細工せずに後ろの有力馬を構わず、いつも通りに早めに前へ出て行った。完璧だ。馬の力を出し切ることに徹した結果が勝利だった。馬を知り尽くしたからできる競馬、まさに人馬一体。
ドリームパスポート。枠を生かしきった高田騎手。
出たなりの競馬で最初から最後まで内のコースどり。そして、良いところで前が支える。しかし、外に出すという選択肢を選べない状況に前が開くまで我慢した。どこまで追い出しを我慢できるかが、この馬の瞬発力を引き出す上で重要だっただけに良いタメが作れた。
しかも、直線入り口で最内のスペースができて言うことのない競馬ができた。この競馬なら勝っても全然問題ない。問題ないのだけど、残念ながら前に馬が1頭だけ。捕らえることが出来なかった。でも、これで負けたら仕方ないという騎乗だったのではないだろうか。
それでも悔しかっただろうなあ。石橋守騎手を祝福していた高田騎手は色んな気持ちが入り混じっていたのではないかと思う。
この馬はダービーよりは皐月賞という馬なので次は厳しいと思うけど、もしダービーも乗れるなら存分に楽しんで欲しい。
岩田・武豊。桜花賞に続き豊が岩田を見ながらの競馬だったのは偶然か。偶然じゃないが気がする。
この2人に内田博に加わっての睨み合い。日本を代表する3人の名手がバチバチと火花を散らす。岩田が動く。岩田が動けば豊が動く。豊が動けば内田博が動く。この3人だけでの競馬。それが一つの敗因でもあったように思う。もちろん枠のせいもあったが、馬の持ち味を出し切ることに拘った上位2頭と駆け引きに拘った3頭。明暗を分けた。
今回の皐月賞はとても見るべき所の多い1戦だった。石橋守騎手の初中央G?制覇だけでも感動的なのだが、高田騎手の健闘などもあって、より好レースに。レースを終えて早くもダービーが待ちきれないくらい楽しみになった。今年のクラシックは面白い。


フサイチリシャール…スタート後にナイアガラに切れ込まれて引くところがあった時にハミが入ってしまったのが痛かった。掛かり気味でゆったりと追走することができなかった。それさえなければ少なくとも3着はあったように思う。ただ、距離はこれ以上伸びない方が良さそうか。NHKマイルに出てくるようなら面白いが。

ジャリスコライト…後半は上手く捌いたが距離や少し力のいる馬場になったのが良くなかった。パンパンの良馬場と距離短縮なら。成長力、スタミナ面で物足りず。

インテレット…毎日杯同様に結構、無茶な仕掛けなのだがその割りには止まっていない。持久力はある。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/119-6d92607f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。