上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はとても落ち着いていたダンスインザムード。最内枠に好状態なら不利だけが怖いといったところだったのではないだろうか。インが伸びる馬場は好条件であると同時に内に馬が殺到しかねない怖さがある。人気馬ならなおさらだろう。
まずは大事なゲート。スローペース確実のメンバー構成でゲートを決めてないと致命傷になりかねない。できるだけ前に馬群のない良いポジションで競馬するに絶対決めないといけないところだった。そのスタートをまずまず決めてマイネサマンサ、コスモマーベラスだけを気にすればよい展開になった。
道中はスローペースで折り合いが辛かったと思うが、どうにかなだめて直線までミスらしいミスはない。だが、試練はこれからだということは北村宏騎手もわかっていただろう。レース前に色んなパターンの展開をシミュレーションしていたなら、このパターンはあったはずだ。
コスモマーベラスとマイネサマンサの間。たった2頭の壁が大きく厚く見えた。そんな中で最内にギリギリのスペース。ロジック、ウエスタンクィーンを連想すれば狙いたくなる隙間。だが、我慢した。まだ早い。それにヨシトミの馬が内に切れ込んできたら、そこでジエンドだ。焦らずに待った。この馬は一瞬で突き抜けれる脚を持っていることを把握しているからこそできた我慢。コスモマーベラスとマイネサマンサの間が開くことに賭けた。そして、待ちに待ったそのスペースができた瞬間にゴチャつかないように真っ直ぐ走れるようにまだ追わずに通る。そこに針の穴に糸を通すような慎重さを感じさせた。抜け切った。最後の試練を乗り越えた瞬間だった。
もう我慢する必要はない。追った、追った、ガムシャラに追った。巡って来た絶好のチャンスで決めてみせた。


悲願だったG?。だが派手なガッツポーズもなく淡々と。その姿に偉大な大先輩岡部騎手を連想させた。
北村宏騎手が勝って東京競馬場は祝福ムード。派手さはない騎手だと思っていたが、事情を知っている方が多いのか大歓声だった。その中に「ありがとう」という大きな声を放った人がいて、テレビのスピーカーを通して聞こえてきて素晴らしいなと思った。「ありがとう」かあ…

レース前は「G?増やせばライトファンを取り込めると思ってるんだろうなあ、浅はかだよなあ。」と思っていたが、終わってみればグッと来る競馬だった。レース前にも「北村チャンスだな…」と思っていたけど、実際勝たれてここまで感動できるものだとは。いやあ、競馬はわからない。だから競馬はやめられないのでしょうね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/144-dff37c87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。