上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の新馬とは質が違う。
勝ったエーシンダームスンは柔らかい動きがパドックで目立ったし、馬っぷりもよかった。いかにもセンスがありそうだったし、実際にレース行ってもそんな感じ。2歳戦はかなり楽しめそう。
勝ち時計はかなり優秀。この後のレースを見てからだが、乾いてきたとはいえ、いまのところ今年の函館芝1200Mの一番時計。
(追記)
その後のダンスオブサロメにアッサリ塗り替えられたが、ダンスオブサロメは外枠でスムーズなら1000万下でも勝ち負けできる馬なので仕方ないだろう。2〜4着馬とは互角の時計で、それらの馬が500万下では上位にありそうな馬たちなので評価できそう。
マイノチカラが勝った低レベルレースよりは上だったし。

2着のアンソロジーは仕上がりだけなら一番だったように思う。馬体からのイメージでは追ってから頼りなさそうだったが、意外と頑張った。デキさえ落ちなければ次も勝ち負けしてきそう。
コンゴウダイオーはあまり見たことの無い感じの馬体。大型馬なんだけど、どんな条件が良さそうとかあんまり想像できなかった。とりあえずは牛っぽいなあと。
レースを見てもパッとしない。持久力がそんなにありそうというわけではないし、スピードがあるかという結構ズブいし。結果的にはなんでそんなに吹いたの?という印象。面白かったのでいいけど。
ケイアイハイタイドは仕上がりの良さが目立ったのだが、レースでは案外。アグネスタキオンはこんなのばっかりだな。これもアテにしずらい。

京都5Rのオースミダイドウは調教通りで、これも走る馬という印象でした。距離はマイルくらいまで持つのではないでしょうか。ただ、馬体から完成度が高そうですし、母ストームティグレスというところから成長力には疑問があるかも。現時点でもかなり力がありそうなので、これを維持できればというところでしょうか。今週の新馬はこの馬とその次にエーシンダームスン。この2頭がとにかく目立ちました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/174-1d8c3082
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。