上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またデジカメ持たずに行ったもんだから画像もなんもない。配布物の画像だけでもと思いましたが、やめておく。

5時起きで5時40分に着く。僕以外にどれだけ物好きがいるのかなと思っていたが熱心な人は予想以上に多い。150人はいた。2歳馬、札幌記念のゼッケン表を受け取り場内へ。

明らかにコアな競馬ファン(僕も含む)が大半。それは普通だろうか。それ以外に大学生っぽいグループ、オバハンがた、オッサン多数。札幌記念なのでライトなファンもソコソコ。

で、調教なのですが。とにかく馬を追えない。札幌記念の出走馬はターフビジョンに映るので問題は無いが、2歳馬なんぞ「あの馬いいなあ」と思ってもゼッケンがまともに確認できなかったり悲惨だった。ほんとに専門紙の記者さんは凄いなあと感心した。あんなに多頭数を時計取ったり、コメント考えたりしてるわけだもんなあ。頭いいなあ。

グリーンチャンネルって素晴らしいものだったんですね。映像じっくり見れるし、最悪録画しなくてもリプレイまでしてくれる。それに時計まで表示してくれる。今まで何とも思ってませんでしたが、ありがたいものだったのだなと。

あとは箇条書き。

・山内厩舎の芝コースでの3頭併せ(コンゴウダイオー?・ゼットカーク?・あとなにか)はド迫力。ありゃ人気にもなるわ。

・2歳馬で「いい馬だなあ」と思った馬はだいたい藤田騎乗だった。そのわりにレースでいい馬乗ってないが。

・藤沢和厩舎のマチカネ2頭は芝コースを2週。手ぬるいようで運動量は相当だ。それなのになんでマイラーばかりなのだろう。むしろステイヤーばかりになりそうなのに。

・アドマイヤムーンの馬体は松田博調教師のコメント通りとても仕上がりがよかった。

・エリモハリアーは角馬場調整をすぐ切り上げてコースへ。ある程度飛ばした割りに追われてからもしっかりと伸びた。汗取りをつけていたが、太くは見なかったような。

・グレイトジャーニーは軽め。札幌入りしてまもないが既に仕上がっているとの判断か。

・スプリングシオンのやる気の無さは際立っていた。

・セフティーエンペラはスピードタイプではないのであんなものだろう。体調はまずまず。

・タイガーカフェは軽めとはいえかなり地味だった。

・タガノデンジャラスはちょっとピリっとしない感じ。追い切りは明日だがどうなるか。

・ファストタテヤマは角馬場で長めにほぐしてからダートコースへ。軽快な動きで好調をアピール。

・マイソールサウンドはかなり入念に角馬場でほぐす。相当な時間乗り込まれていた。その甲斐もあってコースに出てからはキレのある動きを披露してくれた。明らかに前走以上。

・井尻恵三は思ったよりデカくてゴツかった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/223-6deb8a79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。