上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.21 プロらしさ
昨日今日と甲子園の斉藤君と田中君の奮闘ぶりは凄かった。昨年のロッテ−ソフトバンクのプレーオフから1年も経たないうちにこんな素晴らしい野球を見れるとは思ってもみなかった。試合後に涙を見せた斉藤君を見ていたら僕までジーンときてしまった。マウンドでほとんど表情を変えなかった斉藤君が泣いている。よっぽどの思いがあったんだろうなあと改めて感じさせられた。
終盤でも147キロの速球を投じた斉藤君に沸いた甲子園だが、田中君の8回の投球もかなりのもの。プロの選手でもできるだろうかという芸当を高校生の2人はやってのけた。

で、昨日の夜の野球を見て思ったのはプロ酷いなあということです。ロッテは去年なんだったのかという野球。お盆にも札幌ドームまで試合を見に行ったのですが、一部の選手にやる気が感じられませんでした。選手どころか監督も?という選手起用。昨年がなければ不満に感じなかったかもしれませんが、金を払ってやる気のないプレーを見せられては気分が悪いというものです。

競馬だってそうです。一生懸命やってのミスなら仕方ありませんが、怠慢としか思えない騎乗は見ていて気分が悪い。それすらも織り込んで馬券を組み立てなくてはいけないのですから、競馬ファンは大変ですね(笑
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/230-fb7c04f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。