上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
函館の新馬はこの時期にも関わらず芝の1800M。この時期の芝1200Mは古馬のレースの1400〜1600Mに匹敵すると言う騎手もいるくらいなので、この時期に1800Mというのは過酷。馬体をいじめられずに強い稽古の本数も少ない時期にスタミナを要求されるのは辛い。
そんな中勝ったのはアドマイヤムーン。パドックで仕上がりの良さが目立った馬でレースも道中のペースアップに無理をせず、脚をためれたのが大きい感じ。派手なレースぶりで注目を浴びそうだが完成度の差が強く出た感じでそこまで評価してよいのかどうか。もう1戦見たいというのが正直な感想。
福島の新馬はケイアイデジタルの仕上がりがとにかく目を引いた。コスモミールも仕上がりまずまずで仕上がりの良かった2頭で決着した。
ただ、新馬だけども印象に残ったのは騎手。金沢の渡辺壮騎手の直線での追いっぷりはとにかく凄かった。以前に「日本で世界に通用する騎手がいるとしたら岩田か渡辺壮だ」ということをどこかで見たのだが、確かにそんな気がしないでもない。
だが、渡辺壮騎手はやる気無い時はとことんやる気無いですね。さすがドタキャンで有名な方だけある。
阪神はダイヤモンドヘッドのレースセンス。とても素直に鞍上に従う馬でレースも上手いこと運んだ。
道中で他の馬が行っても落ち着いて追走していたし、直線もあれだけ待って叩き出されるとまたひと伸び。大物感はないが堅実に駆けそうだ。

あと、どうでもいい話ですがヒカリアイは前回買ってたのに今回走るんじゃない。
菊沢仁騎手は今年2勝目。共にこの阪神開催での勝ち鞍。好調のようで。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/239-16f54625
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。