上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.07.18 俺たちの馬
やはり交流重賞はこうでなくてはいけない。一昨年のサマーチャンピオンでカシノオウサマの積極的に中央勢に挑む姿を見てそう思った。
今日のマーキュリーC。結果だけを見たらピットファイターの圧勝、2着はスターキングマンのつまらん差し、3着もスナークレイアース… これだけ見たら、さぞつまんねえレースなんだろうなと思うだろう。でも、そうじゃなかった。
まず、エアウィードの積極策。道中で「もしかして良い勝負になるんじゃないか」と思った人もいたのではないか。ピットファイターが抜け出すまで僅かながら期待感を持たしてくれた。ピットファイターが抜け出してからもクーリンガーとの激しい競り合い。それを制したエアウィードに小さな希望を感じた。岩手だけじゃなくて外に出て勝負して貰いたくなる走りだった。
そして、トニージェント。4コーナーで一気に進出していった時はドッと歓声が。ただ、トニージェントは4コーナーまではいつも良いんだな。でも、バテるとわかっていても1%くらいは「もしかして伸びるんじゃないか」って思わせれたのならトニージェントの無謀と思える仕掛けも意味があると思うし、とにかくアレは粋じゃないか。
「結局ダメか」とガッカリする人もいるとは思うけど、レース前から着狙いのつまんねえ競馬で4、5着拾うよりは心に響く。あの歓声が聞けただけでもマーキュリーCは見る価値があったと思いたい。


あと、一応他の馬にも触れておきます。
ピットファイターは少しイレこんでいたのが心配だったし、行きっぷりもあまり良くないので心配したのですが終わってみれば圧勝でした。
盛岡は着差がつきやすいコースなので鵜呑みにはしたくないですが、今のトップクラスのレベルを考えるとG?でも上位争いになりそう。

スターキングマンは先行勢を見ながらの競馬。最後にバテた馬を交わしただけという感じ。以前の力は感じませんでした。

スナークレイアースはなんかおかしなレース運びでした。まともなら楽に2着だったんじゃないでしょうか。

注目だったバンブーボカは太かったのと距離もベストはマイルぐらいなのかもしれません。

ちなみに馬券の方がボカの取り捨てを考えているうちに締め切られました。スターキングマンだけは買う気がしなかったので丁度よかったわ。

私のは偏った回顧になりましたが、上位馬のレース内容の伝わる丁寧な回顧を見たい方はkcさんのマーキュリーCの記事をオススメします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/243-5c513988
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。