上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小倉1Rのデンシャミチ。前走では馬が若さを見せて「真面目に走れば」と思うところを見せてくれた。
難しいところのある馬を柴原騎手がどう乗るのか楽しみにしていたが、まず前走で物見をしたスタート後ではガシガシと気合をつけて物見する暇を与えない。悪くない判断。
道中は先行集団を内で見る形。コースどりは枠なりのものでローラーで固められた馬場をロスなく追走していく。馬が少し気を抜こうとしたのか馬群に突っ込んで行くことを戸惑っているのか前に進もうとしなくなると、すかさず鞭をくれて前を追撃し始める。鞭を使うには少し早いように思えるが柴原騎手の腕力を考えると鞭を使わないと馬を本気にさせることができるか怪しいし、何よりも馬がまだ遊んで走っているような状態だから少し馬を怒らせるぐらいで丁度良い。
少し早めの進出でもレース終盤まで加速していたし全く問題なかった。人馬共に前進できたレースで内容があったのではないか。改善すべき点を次に生かす。プロってのはこうあるべきなんだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/251-90981171
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。