上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
札幌1Rマナーハウス。最初は持て余し気味だった馬体が1戦ごとに絞れてきて今日はようやく太め感のない仕上がりになっていた。
だが、鞍上武幸四郎は今年の成績があまりよろしくない。乗れていないというよりは何らかの理由で騎乗数が少なくなっていることが大きい。理由はわからないが。
彼の持ち味は馬を尊重した騎乗ぶり。とにかく馬のペースに忠実な騎乗で相手や馬場を関係なく、その馬の持ち味を引き出すことだけに力を注いでいる。彼によって新しい面を引き出される馬も少なくないが、逆にコースロスを意識しないといけない馬場や極端な先行有利な馬場でも騎乗スタイルを変えることがないので批判の対象になることも多い。
そんな幸四郎の今日のマナーハウスでの騎乗ぶりは今までの幸四郎に無い意思を感じる騎乗ぶりだった。
まずスタート後に馬を急かすかのようにグイグイと押していく。明らかに良いポジションを獲りに行くような意思を感じる。幸四郎が馬任せの位置取りでは無い競馬をする。「勝ち」を意識していたからとしか思えない。指示なのかもしれないが、それにしても珍しい。1コーナー付近で外からアドマイヤに来られて窮屈になりそうな場面があったが、それでも馬を怯ませず馬体を入れていく。この「強引さ」も幸四郎らしくない。ああいう場面では無理をせず控えることの多い騎手。やはり位置取りへの拘りなのだろうか。
しかし、良い意味で幸四郎らしさを感じさせるところもあった。満足のいく位置取りを確保した後はしっかりと息を入れさせる。前のアドマイヤキッスが抜群の手応えでいつでも抜けれる状況を作っているのに対して焦りを出してもおかしくない場面。だが、ここからはいつもの幸四郎らしく焦っても仕方ないというのを理解していた。
息を入れた後は一気に加速していく。とにかくブレーキをかけないようにどこかで外に出さないといけない訳だが、外に出すタイミングもほとんど完璧だったと思う。最後はキッチリと差しきってみせた。
こういう競馬を毎回できれば…というのは少し高望みだとは思うが、ちゃんと乗れば良い乗り役なんだから、もっとしっかり…と思っていたら4Rも渋い競馬をしていた。少しは真面目にやる気になったのかもしれない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/252-dab00cb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。