上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにから書けばよいのやら。今日の帳尻合わせは我ながら神の領域に入っていたと思った。結局は少しマイナスなのだが。
それにしても幹夫には感動した。枠が枠とはいえ良いものが見れた。久々に競馬で感動した気がする。馬券抜きで感動したのってオペラオーの有馬記念以来じゃないだろうか。先週の競馬で冷めていたものが温まった感じがする。
いつも「幹夫また大外かよ」とか言ってる人が結構喜んでるんじゃないかなあ。山本厩舎というのもね。
ただ少し残念だったのはインタビューアーがそのような思いを引き出せなかったことかな。かなり強引に結びつけるが、競馬のスペシャリストがマスコミにあまりいないから競馬は盛り下がってしまったのではないだろうか。競馬ってこういう素晴らしいものなんだと伝えれる人がいないんだよ。つまんねえ予想をデカデカと掲載するしか能がない。くだらねえ予想なんか見たくねえっての。そんなもの載せるなら人気の無い馬の詳細を載せてくれた方がよっぽど助かるよ。
ただ、こういうふうに考えてくれる競馬ファンがどこまでいるのかよくわからない。競馬ブームが過ぎ去ってライトなファンが減っていって、今まで競馬を支えてきたファンというのは結構詳しい人が多いと勝手に思っている。まあ、俺みたいなキチガイみたいな奴はあんまりいないと思うけど。(こんなのばっかりだったらちょっと困るし…)
野球もそうだと思うけど、ヘタな解説者よりよっぽど知識のあるファンが結構いると思うんです。そんな状況で本質を理解してない意見が新聞とかに載っちゃうってのはいいんだろうか。(逆にシメシメと思う人もいるだろうが)

今は上手くまとめれないので、ここらでやめときます。もう少し、ちゃんとまとめれると思った時にでも。

あと柴山は本当に凄いね。柴山の競馬を見た後に勝春とか見たら気分が悪くなる。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/260-e93631aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。