上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず、どうでもいいとは思いますが最終的に私の買った組み合わせです。

ジョイーレ → ユーワハリケーン 馬連 馬単
ジョイーレ = ウインドファンタジ 馬連
ジョイーレ = エリモインプレス 馬連
エリモインプレス → ユーワハリケーン 馬単

あまり買い目が絞れなかったのでユーワから買える配分が不可能になったのでジョイーレから買いました。
勝ったモエレも抑えでジョイーレ、エリモへ買うか悩んだのですが、前日予想を尊重して拾えずでした…

それではレースを振り返ります。

まずスタート。とにかくブルーアラオが半馬身ポンと抜けるロケットスタートを決めました。すかさず吉田隆騎手も叩いて内に切れ込みながらハナを叩きにいきます。開き直って積極策に出てきましたね。これがレースに大きく影響を与えました。
ユーワハリケーンも当然馬体入れていこうと中舘騎手も追っているのですが、2歩目あたりでバランスが悪くなり行き脚がつかず、ブルーアラオにアッサリと外から入られポジションをどんどん悪くしてしまった。これが全てだったのかもしれませんね。
逆にブルーアラオを見ながら絶好のポジションを確保したのはモエレソーブラッズです。枠も丁度1頭外でしたから無理なくブルーアラオのペースについていく競馬に。
ジョイーレはスタート後にモタれたのもありますが地元馬相手とはペースが違ったので自然とあの位置になった感じでした。
枠とコーナーを利してハナはフジヤマでしたが外からモエレが被せてくると全く抵抗できず、モエレに先頭を譲ります。
そのモエレはできるだけフジヤマを使ってスパートを我慢するような競馬に持ち込もうとします。幸いに外にユーワが併せてきましたが被せるところまで来なかったのでタメが作れましたね。そこを外から捲くろうとするのが岩田のジョイーレ。地元の雄の進出にスタンドが沸いてましたね。そこで、またユーワハリケーンです。ジョイーレに外から被せられるとアッサリと後退してしまいます。これは馬が怯んだというのもありますが、騎手の腕力差でしょうか。とにかく追えてない中舘騎手が目だった感じです。結局、最後はまた盛り返しているだけに… 結果論ではありますが、あそこでモエレを捲くるくらいの競馬で良かった気がしますね。
直線入り口でモエレとジョイーレが一旦は並びますが、手応えの差は明らか。追って叩いて上がってきたジョイーレに対し、モエレはまだ手綱が動いていませんでした。その手応え通りにモエレは追われるとジョイーレを突き放し快勝でした。

モエレソーブラッズはパドックから落ちつきがあり良い気配でした。やばいかなあとは思ったんですが…
上のペニーホイッスルのイメージが先行して素軽いスピードの持ち主なのかなと思っていましたが、ダートの方がいいのかもしれませんね。

ジョイーレ。頑張りましたね。地元の馬が勝つという独特の雰囲気を見たかったので残念ですが、十分健闘したと言えるでしょう。やはり北海道を除けば園田の2歳のレベルはまずまずのようです。お父さんのように力をつけて地方競馬を引っ張れる馬になってくれるといいですね。
ただ、強い相手がドンドンこれから出てくるでしょう。特にやはり中央馬。それらを相手にするにはまだ足りない気がします。

ウインドファンタジはどうしても行き脚がつきませんね。それに後方から前の馬をできるだけ交わすような競馬という作戦だったようですね。外のシティボスが行った後から勢いがつき始めたのですが、馬群がよくないのか一旦勢いが鈍っているんですよね。直線また頑張っていますが、やはり馬が若い感じです。ただ、この感じなら乗り方次第で距離が伸びても問題ないと思うので来年は楽しみがあるような気がします。

シティボスは本当に掲示板に載りましたね。ただ、ワンパンチ足りない。

エリモインプレスはパサパサの良馬場と距離延長のせいか最後は伸びなかったですね。もう少しやれると思っていましたが、この馬にとっては相手も強かったのでしょうか。

このレースで一番印象に残ったのはやはり中舘騎手ですかね。
スタート後のポジション争いは南関東、名古屋も激しいですが園田が一番激しいように思います。
もちろん福島も激しい時があるけれども、激しさのレベルが違うからそれに対応できない。競馬の質が違いすぎるからこういうことが起きるんですよね…
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/264-437eeea1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。