上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レース自体も素晴らしかったし、高田騎手の平地初重賞という嬉しい結果。見ているほうも泣けてくるインタビュー。それだけではない。このレースはじっくり見ても発見があった。
もう、このレースがG?でいいじゃない。そんなふうに言いたくなる神戸新聞杯を振り返りたい。

まずはメイショウサムソンのコースどりについて。石橋守騎手は間違いなく早く外に持ち出したかっただろうから嫌な枠だっただろう。実際、スタンド前はフサイチリシャールに外から来られて一旦は最内にまで押し込まれた。
そこから石橋守騎手は「外に出さないと」とやや強引に外へ進路を確保しにいく。その時にアペリティフと接触したのだが、ここは譲るわけにいかない。
そこで豊。アドマイヤメインがじわっと内に切れ込んでいく。もちろん審議ならない程度にだ。豊の計算通りに内はゴチャついていく。あわよくばメイショウを内に押し込みたいという思惑も、この人なら間違いなくあっただろう。
ようやく押し込まれない位置を確保しようかというところに今度は外からの圧迫感。アドマイヤに寄られてソングオブウインドも内へ、その影響を受けたタマモサポートも当然内へとなる。
このままメイショウも内へ。という訳にはいかない。外から来られても「ここは譲れない」と引かずにタマモサポートを弾いて進路確保しきった。
進路は確保したが誤算もあった。接触した時に馬が怒ってしまい、掛かってしまったことだ。
このレース単位で見ても痛いし、距離延長となる次走にまで影響しかねない。もちろん接触自体のダメージもある。
春は面白いくらいスムーズに外に持ち出すことができていたが、秋は「簡単に勝たせないぞ」という宣戦布告とも取れる。
石橋守騎手を尊敬できる先輩と言う豊。しかし、こういうことをあっさりとやってのけてしまう凄い神経がG?をポンポン勝てる要因の1つでもある。本当に恐ろしい騎手としか言い様が無い。さすが場数が違う。

ただ、その後はメイショウサムソンの競馬ができた。どうにか馬をなだめて、早めに外に持ち出す必勝パターンに持ち込むことができた。しかし、その後ろに早めからメイショウをマークし、何の不利もなくレースを運んでいたドリームパスポートが虎視眈々と狙っていた。

直線、とにかく必死で追う石橋守騎手に対して意図的に大外に持ち出した高田騎手。最後はちょっと外に行き過ぎた感はあったが、競り合いを避けて一気に外から差し切るという意図が感じられた。

形は違うが「メイショウサムソンにどう立ち向かうか」というのが感じられて非常に面白いレースだった。今日のメイショウサムソンは体型的なものを含めても余裕残しの馬体だったし、まだ上積みが見込める。各陣営は菊花賞にどう挑むか。菊花賞が更に楽しみになった神戸新聞杯。今年のクラシックは最後まで飽きさせない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/304-12071a7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。