上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだかヘボい画像を使うが気にしないでください。
スプリンターズS展開


レザークとベンバウンの位置取りはわからかったので、とりあえず置いただけ。

先行に拘る馬は少ないのでサイレントウィットネスとテイクオーバーターゲットが前へ。それを見ながらステキシンスケクンが行けるか行けないというところ。競りにはならないだろう。後藤が強引なら多分、外国馬2頭は譲るし、1200が忙しくて行けない可能性も十分ある。そうなると外国馬2頭はかなり楽になるだろう。

シーイズトウショウとオレハマッテルゼもあっさりといい位置につけれるだろう。シーイズトウショウに関してはそれよりも長距離輸送での馬体維持とテンションが上がり過ぎないことが大事。ただ、これはパドックを見ればわかるのでいい。
オレハマッテルゼのデキはわかりにくい。追いきりの感じは高松宮記念ぐらい動けそうなので、これなら十分やれるだろう。

その他の日本馬は少し足りないか。ビーナスラインとチアフルスマイルの決め手は素晴らしいものがあるが、ビーナスラインは内枠、チアフルスマイルは横のコースどりと、この条件で外差しは決まるかというのが気掛かり。チアフルスマイルに関しては馬体の細化にも注意したい。

ブルーショットガンも足りないことはないが、悪くは無い動きだが北海道の時ほどではない気がした。その点だけ評価を下げる。

レザークとベンバウンに関してはわからないがレザークの持ち時計の無さは気掛かり。ベンバウンはテイクオーバーターゲットとの比較では苦しいが日本の馬場に適性があればというところか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/311-7206ff1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。