上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ1、2年ずっと感じていたことがある。日本の競馬は全体的にレベルが下がってきているのではないか。
条件戦やダート重賞のメンバーを見ていると特にそう思う。

JRAの場合、6月にクラス編成があると1つ(2つ)上で走っていた馬が降級してくる。そうなるとクラス編成の前より条件戦のメンバーに厚みが増してくるのが普通のはず。
ただ、ここ2年はそれ実感できない。今週からは主場に戻って2場開催。これもメンバーが充実してくてよさそうなものなのだが、芝の中距離戦以外は相変わらず手薄。極端な例を挙げると観月橋Sとか。
今年だけなら1つ勝てば上のクラスに行けるという賞金制度によるものだろうが、去年もそうだった。

言い方は悪いけど馬場の高速化でごまかされている。これは意図的ではなく、造園課の馬場を管理する技術が向上しているによるものだとは思うのだが、ダートまで高速になってるのが気になる。(そんなことを疑うのは病的だが)

今日は東京盃を見て改めてそう思った。時計は少し遅いというのもああるけど、上位馬がシーキングザベスト、ニホンピロサート。
シーキングザベストは条件戦を勝ち上がってきた馬。ニシノコンサフォスもそうだがノボノボが元気だった頃あたりでは、そういう馬はオープンになると面白いくらい蹴散らされて上の層の厚さを感じさせられた。
ニホンピロサートがまだこれだけやれるというのも上のレベルがそうでもないという裏づけ。高齢馬が活躍しているのは馬を傷めない調教技術の向上もあるだろうが、世代交代が進んでないことの方が大きいように思う。

だからどうしたと言われればそれまでのことなのですが。
横の比較ばかりしていて馬の成長を把握できてないからレベルが下がっているように感じるのかなと少し考えていたのですが、やっぱりレベルが下がってきているで正解のような気がしてきた。まあ、ノボノボ全盛期の頃が層厚すぎただけなのかもしれないけど、別に東京盃見ただけで言っているわけでもないので。

それにしてもコアレスタイムは動けなかった。前走とは枠が違うと言えばそれまでなのかもしれないけど。現にリミットレスビッドは内枠。ニホンピロもだし。
今年に限ってはJBCスプリントじゃなくてよかったかもしれない。リミットレスビッドは好きだけどG?馬って言われたら違う気がするしね。アグネスジェダイがG?馬になったりした日には意味不明の猛抗議するもん。誰にすればいいかはわからないけど。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/314-f3c10f52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。