上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レース動画
http://www.hokkaidokeiba.net/ → トップへ → MOVIE → 道営スプリント

道営スプリントは今年から創設となった重賞競走だ。格付けはH2と少し高めのものとなっている。北海道スプリントCの前哨戦のエトワール賞がH3だということを考えると、実質的には道営のナンバーワンスプリンター決定戦となる。
今の道営の短距離戦線のレベルというのはお世辞にも高いと言い難い。中〜長距離にジンクライシス、サンマルアンサー、タイギャラントと全国レベルの馬が転入してきたのと比べると低調。その中ではアドミラルサンダーが頭1つ抜けているという評価を得ているが、盛り上がりに欠く。そのせいもあり近年、北海道スプリントCの時期になると熱心な道営ファンはため息してしまう。

だが、レースレベル=レースの面白さではない。このレースでヒロショウグンとシャンハイジャンプを購入していた人は濃い1分だっただろう。ヒロショウグンは「積極策で」(山口騎手)というコメントからは考えられないようなシンガリからの追走。買っていた人は「ふざけるな」「八百長か」などと思ったに違いない。それが直線でドロドロの馬場の中、大外から追い込んできて勝ち負けになるかというところまで来るんだから競馬は本当にわからない。ゴール直前の配当金を掴みかけた人が馬券をただの紙切れにされたり、ただの紙切れがお金を貰える紙切れに変わったり。笑ったり、ガッカリしたり。
この1分には競馬の醍醐味が一杯詰まっている。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/323-40a8fc7e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。