上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2年連続で「なんかリプレイを見ているような負け方」をセリーグの代表がした。昨年の阪神ほどではなかったがムードの悪さも感じた中日ベンチ。去年より良い点は試合になっていたところだろうか。
でも、去年の阪神と違って荒木の内野安打なんかは気持ちが入っていたし、1点であそこまで感動できるという点では今まで無かったかな。なにしろ10分に1回はゲッツー見てるんじゃないかってくらいだったから。
吉田〜野村監督時代の阪神、楽天と応援していた球団が拙攻ということで、それまでつまらないとすら思っていた中日の野球がちょっとだけ好きになったシリーズではあったかな(笑

それにしてもセ・リーグのチームはなんで暗くなるかね。

道民にも関わらずハムには興味ない(というか嫌い※)のだけど、武田久と森本は凄かった。今年はこの2人に尽きると思う。6〜7回までに勝ちこせないと久が出てきて「あー、もう駄目だ」ってなる存在感があった。ケガで苦しんでた選手があれだけ何試合も投げるんだから、わからない。

新庄は泣きすぎ。カメラマン映し過ぎ。新庄はデキすぎてて感動できなかったなあ。最後の打席で三振だったのは「らしい」なって思ったけど、打席に入る前から泣いてるのを見てもなんか冷めた。ディープもそうだったけど、デキすぎ、やりすぎはどうも感動できない。
優勝の瞬間は小笠原、金村、森本、田中賢、田中幸とか東京の頃から頑張ってた選手をもっと見たかったなあ。


※ それまで楽しみにしていた西武−ロッテや今は無いが西武−近鉄が見れなくなったから。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/343-ba9034fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。