上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の瀬戸口厩舎には首を傾げざる得ない。
まずはラインクラフトの阪神牝馬S出走。秋華賞、マイルCSとG?厳しい競馬をしてきたにも関わらず使いすぎ。負けたことに関しては結果論になるので批判しないが、普通に走っても体調不安説の出る馬なので少し考えて欲しかった。
次にイースターのローテーション。瀬戸口厩舎としてはマルカシェンクという馬がいたのでイースターをマイル路線にまわすことになったのかもしれないが、新馬戦で緩い流れにも折り合いを欠かなかった同馬を続けて1400Mの競馬。そしてシンザン記念では折り合いを欠く競馬に。短距離の忙しい流れに悪い意味で慣れてしまった。新馬戦の内容からは緩い流れで瞬発力を生かすような競馬が合いそうだったのに馬がおかしい方向に行っている。
そしてウインレジェンド。1400Mですら抑えきれないことがあったのにダート1800を使ってタイムオーバー。一口馬主の人はカンカンだろう。

昨年のリーディングステーブルが恥ずかしくないのか。しっかりして貰いたい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/35-373150f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。