上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕が子供の頃、競馬のイメージというのは暗かった。競馬で借金を作って、アル中で家庭が崩壊…なんていうのがテレビでやってたな。最近でも似たようなのが無い訳でもないですけどね。でも、昔に比べれば数段良い扱いでギャンブルよりレジャーとしてのイメージが強くなってきたのではないかと思う。それは色々な人たちの努力や、今も残っているファンのおかげなのではないだろうか。

だけど最近はそんな人たちを裏切るようなことばかりが起きているような気がしてなりません。今回のディープの件に関しての調査結果、池江泰郎調教師のコメントには心底ガッカリしました。とても真実とは思えないですし、真実だとしてもお粗末すぎる。つくづく応援していた人が気の毒になります。

何のためにロンシャンまで行ったのか全く意味が分かりませんが、競馬というのはちょっとしたことで何を言われても仕方ないところがあるのだし、今回の件は随分とマスコミにやさしく扱って貰えている(これにも裏があるのかもしれないが)が、「日本でも何かしていたのでは?」なんて言われても仕方ないことをしていたのだ。競馬はギャンブルでもあるのだから、なにか疑われるようなことですらしていけない。
この件でJRAは既にギャロから処分されているということでお咎めなしということだが主催者として、馬券を売る胴元として、何らかのペナルティを課して欲しかった。調査結果の通りだとしたらディープ陣営は相当なうっかりさんで、何をしでかすかわからない。これを何の処置もとらずに出走を認めるのは「主催者ぐるみに何かやっているのか?」と思われても仕方ないところ。ちょっと感覚が甘すぎる。

僕なんか競馬が好きで好きでたまらないし、馬券を当てるのが何よりも大好きなバカだから、こんなことがあっても変わらず買っちゃうだろう。でも、やっぱり気分が悪い。僕以外の競馬が好きな人も多分同じだと思う。あんまり多くないけど売上に貢献してるのだから、せめて気分よく馬券を買わせて貰いたい。こんなことすら叶わないなら競馬は見捨てられていくだろう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/364-e30ad343
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。