上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
挙げた馬はマコトスパルビエロぐらいしかちゃんと買わなかった。まあ、買わなきゃ良かったと思うくらい酷い競馬になったんだが。次も買うのはいいけど、力を出せずに負けるってのが気に入らない。
まあ、仕方ない。次は外枠がいいな。それにしても正月の幸四郎は別人のように乗れていないな。控えすぎて酷い競馬になった。酷い競馬に救われることや酷い競馬になると予想するのも大事なことなんで文句は言いたくないけどさ。おかげで今日はこのレース分だけ負けた。3タテならず。

ルックアミリオンはあの流れで押し切れるのか。牝馬限定とはいえ、あれで残れるのかよ。

新馬戦のパドックをまとめて馬体チェックシートってのを作っているんだけど、タマモはそれを見ないで「北海道デビューだしな」と選んだのが軽率だった。

エーシンはパドックでチャカつき通しだったのでやめた。それでも瞬発力は見せたので、どっかでチャンスがあると思う。流れの緩い競馬だったので、どこで狙うかは難しいけど。
それで他に切り替えようと思って悩んだ2頭がバサラオージャーとロフティマウンテン。パドック解説の人がやたらバサラを褒めていたせいかオッズが下がったので、ロフティにしたら複勝が当たった(笑)

クリムゾンベガは絞らないと。
アドマイヤヒビキ、トーセントゥルーの久々2頭は仕上がりがよさそうだった。特にアドマイヤは休む前は余裕があったのに細いくらいだった。トーセンは緩さが残っていたけど、走れる状態だった。
それだけに物足りない結果となった。

シンザン記念は賞金のある2頭が試す競馬で2、3着。アドマイヤはキレ生かす競馬を崩さず1着。

アンカツがレース前に「瞬発力を測る」と言った通り、直線でアドマイヤが来るのを待ってからゴーサイン。ここは勝ち負けを度外視した競馬となった。
兄のダイワメジャーは3歳時走りに力みがあり、スピードを抑えきれなかったが、この馬はそれがなく非常に賢い。
桜花賞のことを考えずに育ててほしいけど、そうもいかないんだろうな。

ローレルゲレイロは抑える調教からもどうにか陣営としてはクラシック路線で戦える馬に育てたい。それを本田騎手がレースへも反映させた。
スタートダッシュは早いが、勝負所の反応とトップスピードは上位2頭に劣る。内で我慢しても良さが出ないタイプということもわかり、今後どうしていくのか興味深いところ。

最後に全然関係ない話なのだが佐藤哲三騎手が落馬でケガしたレース。落馬した馬をイイデレインジャーが飛び越えて避けた。
ありゃまこりゃまでシンケンが落馬した馬を飛び越えたのを思い出した。そして、イイデレインジャーの障害での走りも見てみたくなった僕だった。

某氏へ
ホッコーソレソレーって首の高いのがお父さんそっくりの馬がいるじゃないですか。とか言ったら「そんなのわかってるって、そりゃ例外(以下略」とモニターの前でツッコんでくれるだろうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/419-a20ff8ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。