上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エルフィンS
ウオッカのテーマは力まず走ろうということに尽きる。調教からレースまで一貫している。
この走りなら桜花賞までは間違いなく主役だろう。

未勝利
ジツリキドンドンは絞れた。もともと不器用なタイプだけに、前に目標となる馬がいた今回は走りやすかった。今日は手前を変えるのもスムーズ。

500万下
ニードルポイントはスピードが勝ちすぎている現状を御神本騎手がどう乗るか興味深かったが、さすが御神本騎手という結果だった。どういう馬なのかを把握し、どのような乗り方をするべきか?を考え、見事にニードルポイントで控える競馬してみせた。結果的には枠も良かったのだろうが、改めて凄さを感じた。
ゴールデンシャインは進路がなかなか確保できなかったということもあるが、関東の強いところとは差があったように感じた。

エイワムサシは軽い馬場の方が合うのだろう。福島と東京でのパフォーマンスと中山でのレースぶりの違いはパワー不足ということかもしれない。やってきた相手も違った。

シンゲンは強かった。ハイパーレスポンス、コスモプロデュースもそうだけど、アンカツなんだよな。特にコスモはアンカツとヨシトミだと別の馬になっちゃう。
手薄な長距離路線だったが、ここにきて続々とスター候補生が出てきた。セレスステーラーの決め手も侮れない。

ダンスフォーウィンがようやく勝った。
岩田騎手の逃げて折り合いをつけようという作戦はチャレンジャー。
もし、そのままカーっと行ってしまったら?という不安。だが、先頭にたったダンスフォーウィンはゆっくりと力むことなく走っていた。もうこの時点で勝ったも同然だった。1200〜1400なら重賞を獲れる素質馬がようやく準オープンへ。

共同通信杯
有力馬の参戦により賞金の加算が難しいと考えた馬が多かったか、8着狙いの馬と地方馬とG?を狙う馬という極端なメンバー構成。
それだけに上位馬を素直に評価してよいものかが難しい。「だったら、他に強い馬がいるのか?」と聞かれたら「う〜ん…」と唸ったまま黙ってしまう現状。もっと出て来いクラシック候補。まずは来週のきさらぎ賞。

来週の登録馬一覧にオーソリティバイオの名が。力をつけて戻ってきているといいな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/448-fc5b816f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。