上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さんざん取り上げてきたトーセンキャプテンの重賞挑戦となったレース。
そのトーセンは緩かった馬体に締まりが出てきて、更に力を出してきそうな仕上がり。瞬発力タイプではないので心配していたが、ローレルゲレイロが外から抜け切ったことでよい目標ができた。最後までしぶとい伸びでローレルを競り落とした。
ただ、後ろから競馬する馬で強いが出てくると逆に目標されて辛そうではある。ただ、自力で動く脚もあり、魅力のある馬という評価は変わらない。長い距離は、こなせないこともないだろうが、ワンターンの方が良いような気も。

ローレルゲレイロは目標にされた分の負けとなったが3着以下は千切れているし、内容は悪くない。改めて、シンザン記念の上位2頭は相当強いと感じる1戦でもあった。

マイネルレーニアは松岡騎手が積極的な競馬。速い脚が無いということもあり、前の2頭にアッという間に離された。止まっては無いのだが、速い脚の無さは致命的。

スズカライアンはイン突きがハマったこともあるが、加速が鈍いので直線の長いコースも良かった。

コンティネントはもう少しスムーズなら3着争いから抜けれたかもしれないが、着差の通りで上位2頭とは差を感じた。控える競馬に対応できたのは収穫。

トーホウラムセスはマイネルレーニアの番手。絞れて更に力を出せそうなデキだったように感じたが、現状では力が足りなかったか。あと、自分でペースを作った方がより良い競馬ができるだろう。課題としては、もう少し持久力が欲しい。

「無理矢理面白い馬挙げれば」のアロマンシェスだったが、外に回っては辛い。使える脚が短いだけに内で我慢しなければ、最後はダラダラとしか伸びない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/464-d5da5c33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。