上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医者に「競馬はやめなさい」と言われました。今までご愛読ありがとうございました。次は宗教上の都合で競馬をやめる予定です。

それにしてもベッラレイアは強かった。別にペースが速かった訳でもなかったから、シンガリからの競馬には「秋山はそれでいいのか?」と思いながらレースを見ていたのだけど、全然良かった。失礼致しました。
馬群を捌こうとも考えないのは、馬に自信と信頼があったからだろう。フラワーCの除外の影響で、この日はあざみ賞1鞍ためのだけに中京遠征してきただけある。惚れ込みようは半端じゃないし、ちゃんと馬を知っている。
それにしても最後まで脚が鈍らなかったのには驚き。「なんだこの馬は・・・」って感想しか無かった。メンバー云々の勝ち方じゃない、改めて強いなと。

今からウオッカ、ダイワスカーレットと対戦するであろうオークスが楽しみになった。オークスに目標を絞るとしても、1走挟むのかもしれない。

秋山騎手といえば、サカラートとのコンビで悔しい経験がある。重賞3連勝で臨んだJBCクラシックは人馬共に初G?の懸かったレースだったが、馬との折り合いを欠いてしまった。そのせいで直線は伸びず4着止まり。そのレース以降、サカラートの背中には秋山の姿は無かった。
あんな思いは2度と御免だろう。秋山騎手にとって今年のクラシックはどんなものになるのだろう。今度こそ男になれるか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/485-924e47b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。