上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近年のスプリント路線は多少詳しい人なら誰もが「低レベル」と嘆くレベルとなっている。デュダンダルの引退後になかなか新しいスターが出てこなかった。オープン〜G?の競馬の勝ち馬もコロコロと変わる。

差の無い構成となると、能力以外のところ(状態、馬場、展開)が結果に大きな影響をもたらす。いかに流れに乗れるかが大事となる。

このレースにおいて最初に目標なるのはシーイズトウショウだろう。内枠を引いて前々での競馬となりそう。池添騎手はいかに他が久々ということで可愛がってくれるかと考えるしか無い。

シーイズトウショウをいかに使うかというのがエムオーウイナーとオレハマッテルゼの2頭。エムオーウイナーは相変わらず体調が素晴らしいし、オレハマッテルゼも調教の動きは悪くない。

マイネルスケルツィは左回りというよりは、東京マイルのペースが合わないのではないか。前々で持久力を生かす競馬がベストだけに1200Mは追走で終わる危険大。

レースをしやすいのはプリサイスマシーン。1200Mはやや忙しいが好位から前の動き次第で自在に動ける。大崩れがなさそうだ。

後ろはゴチャゴチャしそう。何頭も抜けてこれるとは考えにくい。スピニングノアール、ビーナスライン、スズカフェニックスらは素晴らしい決め手を持っている。馬群さえ捌けばというところ。


考えがまとまれば推理編に続く。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/489-93a25efd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。