上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.08 桜花賞回顧
今年初めてレースが待ち遠しいという気持ちさせてくれたメンバー。3強の競馬が見たいと昨年から願っていたから嬉しかった。
でも、そういうものって始まる前が一番楽しいもんだって、今まで色んなスポーツを観戦してきて感じている。期待が凄ければ凄いほど、あっけない幕切れになる。このレースもそんな感じではあった。つまらないという訳じゃないんだけど、期待しすぎたハートを満足させるものとは違った。そんなもんは個人差か。

ダイワスカーレットは前で持久力を生かす競馬を選んだ。まあ、それが普通なのかもしれない。正直、ちょっとつまんねえなと思ったけど、アンカツは桜花賞を勝つことに拘った競馬をしたと思う。
直線でウオッカを外に張って、僕の考えとは違った形でウオッカと四位騎手を崩した。昨年、そんな競馬をして天皇賞秋、マイルCSと勝った兄もそんな競馬をしていた。そんなところまで似たもの兄弟なのか。アンカツの仕事人ぶりをまた見せ付けられた。

ウオッカは何なのかな。直線で外に張られたのが致命傷になってしまったのだろうか。現に最後の四位騎手は外へ外へとなってしまった。「この人の横にはいたくないな。」という気分になって焦ってしまったのかもしれない。2回寄せられるのは辛かった。併せに行ってしまったのが不幸の始まり。相手が悪かった。

アストンマーチャンにはガッカリだった。今のマーチャンではどうしようもなかったかもしれないが、武豊騎手が何もせず負けてしまったのには不満が残った。


なんだろうな、この何ともいえない気持ちは…
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/502-4505961e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。