上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あいつが動いたら、動こう」という作戦は確固たる目標がある時に有効だ。もし、目標を間違えたとしたら?それに気付いた時は既に手遅れになっている。複数の騎手がこのように考えれば誰も動けない。こうしてファンが最も嫌がる競馬ができあがる。

勝ったヴィクトリーは田中勝春騎手らしさが良い方に出た。幸いにもアサクサキングス、ローレルゲレイロという前々で競馬する馬らが控えたことによりマイペースの競馬となった。それにしても最後はもうひと伸びあったし、能力の高さは認めざる得ない。
レース後のインタビューも田中勝春騎手らしく、とてもプロでベテランとは思えない(笑)ものだった。これだけ長く中央のG?を勝っていないというのはファンと騎手、共に泣けるシチュエーションなのだろうが、なんだか笑っちゃうのは田中勝春騎手の人柄がなせる業か。

サンツェッペリンは持ち前の持久力をフルに生かした完璧な競馬だったと思う。それにしても松岡ってあんな追い方するんだなあ。ちょっとノリみたいだった。

フサイチホウオーは内枠がモロに堪えた。コーナーワークのまずさも見せただけに広いコースなら前進できるだろう。

アドマイヤオーラはつまらない競馬をした。なんのための弥生賞だったのか。豊にはがっかりだ。

ガッカリといえばローレルゲレイロとアサクサキングス。自分から動ける脚があるのになぜ動かない。

ローレルは折り合いを気にしてレース運びが慎重すぎた。G?レースだというのに、ここで勝負しないで、どこで勝負するのか。あんな位置から何ができるというのだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/510-951af250
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。