上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦前考えていたのは自力で出切るであろうメイショウサムソンかデルタブルースの後ろの馬にチャンスがあるだろうということだ。
ただ、それがどの馬なのかが考えても考えても出てこない。アイポッパー?トウショウナイト?なんかしっくりこない。
結局、1円も買わずに観戦となった。

レースは意外と平均的なペースで流れる。中盤で位置取りが良かったのはトウショウナイトとトウカイトリックだろう。

それだけにトウショウナイトが最初に出切る展開にしてしまったのは非常にもったいなかった。最近の競馬ぶりから、この形で今回も決めていたのだと思うが、トウショウナイト自身としてはとにかく「もったいない」この動きでレースの流れが激流へと変化する。

この動きに反応せざる得なかったのはデルタブルース。今日は悔いの残らぬよう前々からだったが、ここで前を譲っては何もないと岩田騎手は譲らない。直線を前に2頭の激しい競り合いとなってしまった。

トウショウナイトが出て行ったのに飛びついたのが勝ったメイショウサムソン。持久力を生かしたいメイショウサムソンは「どこで出て行くか」だけを選ぶ競馬であり、それが難しい競馬だった。トウショウナイトが動いた瞬間、「ここだ」と石橋守騎手が動いた。この閃きがメイショウサムソンを勝利に導いた。トウショウナイトが動かなければ自力で出て行かなくてはならないだけに、石橋守騎手としては非常に助けられたとも言えるだろう。

トウショウナイト、メイショウサムソンと動いてレースの流れが外へと移り変わっているときに落ち着いていたのが福永騎手とエリモエクスパイア。4コーナーでは前にいたが、動いた2頭を深追いせずにメイショウサムソンが出切るのを待ち、出切った瞬間、今度は福永騎手が「ここだ」とメイショウサムソンに勝負を挑んでいった。挑んだ相手に間違いはなく、馬の力の差が出た勝ち負け。福永騎手も賞賛されていいレースだった。

それにしてもメイショウサムソンは競ると強い。勢いはエリモにあったが抜かさせなかったのは強い。
もう1頭の「もったいない」はアイポッパー。スタート直後に躓き気味になったのが全てだろう。ここは安藤勝騎手がうまく乗れなかった。勝てたレースだったが、どうも運が無いようだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/528-2038f7aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。