上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえずは普通に1頭ずつ回顧

ウオッカ…パドックでは一番良い馬体に見えたのはこの馬(笑
結局は消耗のないレースとなり、この馬の圧倒的な決め手がモノを言った。角居調教師の一貫した我慢させる競馬を教える方針とテンションを上げない中間の調整が実を結んだ。
四位騎手の笑顔が忘れらない。人はあんなにも笑うことが出来るのだ。桜花賞は悔しかっただろう。ダービー馬とダービージョッキーに相応しいコンビだった。
それにしても強すぎた。時計的には、また強くなったというわけではない。他が実力以上に動かなかったことも重なっての大圧勝。見ていて寒気がするレースぶりだった。

アサクサキングス…まさか単騎逃げとは。
こうなると強い。時計的には古馬の準オープン〜オープン級。馬場もよかった。

アドマイヤオーラ…フサイチホウオーを見ながらの絶好すぎる位置どりのように思えたが、それが逆に悪い方に出た印象も。
直線までは言うことの無い競馬だったが、逆に直線では内の馬がどんどん外に膨れてきて、大外に持ち出しきるまでに苦労した。その影響もあってか最後は凄すぎる脚を使ったが手遅れ。内枠だったら違ったか。
あと欲を言えば、もう少し馬に幅が欲しい。

サンツェッペリン…昨日のぼそぼそで触れたが、ハードすぎる調教の影響で少しテンションが高め。
自分の競馬はやりきったが、上がりが速すぎる。この馬の持ち味である持久力の出番はなかった。だが、この調子で更に馬が良くなってこれば、強い先行馬として競馬を盛り上げてくれるだろう。

ドリームジャーニー…大外に持ち出したが、内を突けばもう少し差が詰まったかも。非凡な瞬発力は見せたが。
今後も馬体の回復が課題。

フサイチホウオー…思ったより馬体は緩い。テンションが高め。
抑えるのに苦労していたところに外からヴィクトリーに来られて、釣られて馬が持っていかれた。だが、それにしても直線はいいところなしで、スタミナ面に問題があるのかも。今後、平均ペースの競馬にも不安が。

ナムラマース…上がりが速すぎる。

ローレルゲレイロ…前日のぼそぼそでも触れたが、上がりの速い競馬になって対応できないレースとなった。今後、巻き返しは十分可能。


あと、東京はもう少し時計のかかる馬場を作った方がいいような気がするね。スローペースになると最後の直線で極限の瞬発力勝負になって、脚への負担が半端じゃないと思う。今回のダービーの直線はかなりの脚を使った馬が多いし、この後は無事だといいなと思います。

最後に今日のレースにディープ出ても勝てなかったと思うのは僕だけでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/552-2ab743fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。