上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.04 便乗
愛読書は「食べられる野草」と5人ぐらいに認知されているであろう進藤さんの意見を見て、あえて書かないでスルーしたことを今さら突いてみる。

ダービーを勝った四位騎手についてなのだが、目黒記念のメイショウオウテの騎乗には少しガッカリした。ダービーを勝った後だけに、どんな騎乗をするのかを気にしていたのだけど、バックストレッチでまともに持って行かれてしまった。あれを見て「ああ、やっちゃったなあ」とか言いながら笑っていたけど、買っていた人はあんまり穏やかではないだろうなあ。四位騎手の場合は普段から、1鞍1鞍丁寧に乗っている感じがしないだけに見ていていい気はしなかった。もうダービージョッキーなんだから、しっかりして欲しい。

あと豊にもガッカリした。安田記念のコメントのことなのだが、何の工夫も無い騎乗で簡単に馬場のせいにはしないで欲しかったね。土曜の芝のレースでの騎乗ぶりは久々に冴えていたように思えただけに不満が残る。

アンカツについてはもともと敗因をしっかりコメントする騎手だし、今年はレースでも、しっかり追えているから馬券を買う側に優しい。腰痛を考慮した騎乗制限も無理矢理乗って変な乗り方されるよりはいいだろう。
幸四郎もヴィクトリアマイルのカワカミプリンセスの件で、ファンに申し訳ないと言っていた。少し前まではファンに謝る騎手というのは皆無に等しかったような気がするのだが、何かが変わってきたのかもしれない。社交辞令のようなものでも、無いよりはあったほうがいい。
期待されている馬で負けた時には関係者やスタッフだけではなく、馬券を買っている人のことも少しでもいいから考えて欲しい。そのような姿勢がファンと騎手の距離をより近いものする。その延長でファンサービスについて考えていけば、競馬は生き残っていけると思いたい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/563-64a05766
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。