上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマノトレジャー
道営の1冠目である北斗盃は短距離であるため、北海優駿までは中距離のオープンは手薄なメンバーとなっていた。それだけに、この馬の連勝はどれだけの価値があるか難しいところだろう。ただ、北斗盃組よりは1600Mの適性は高そうなのも確か。

ドクターアサシン
3歳の条件戦では最強クラスのビービーオアシス、ミスターフォークらと対戦してきた。そう差はないかも。

ブラウマイスキー
ヤマノトレジャーにあまり惜しくない連敗。旭川の実績からも推しにくい。

タガタメ
北斗盃の勝ち馬。賞金も2000万近く稼いでいるように実績はズバ抜けている。
ここはとにかく距離延長。今まで経験してきたマイル戦よりは相手が楽なだけにレース運び次第で粘りこむ可能性も。

ティンバーランド
さすがにここでは厳しいだろう。強調材料に欠く。

フィールアブレス
名古屋ではJRA交流で2着があるように、もう少し走ってよさそうなものなのだが。旭川ではアタック(JRA認定未勝利)でも苦戦しているだけに。


ブルータブー
前走は減っていた馬体が回復。距離延長は実績からも問題なさそう。
やってきた相手からも首位争い。

キミハツヨイ
前走は明らかな太目残り。叩いて良くなる余地はかなりある。
少しでも流れに乗れれば一発も。

モルフェマイハート
1500〜1800Mのレースぶりが案外なだけに、ここは苦しいだろう。

タカノダンサー
スピードはあるが、現状では一本調子なレースぶり。
それだけに距離は不安だが、先手でどこまで。

ティンスクヴィル
決め手に欠く現状。ヤマノトレジャーやブルータブーに先着することは考えにくく、良くて3着争いか。

◎ ブルータブー
○ キミハツヨイ
▲ タガタメ
△ ヤマノトレジャー
△ タカノダンサー
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/564-e67026b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。