上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・フェブラリーS
昨年からG?に昇格し、1着賞金も8000万円から9400万円へと増額され、よりダート路線が整ってきた。
南部杯でバトルラインに6馬身差をつけて圧勝し、初G?を手にしたタイキシャーロックが1番人気。浦和記念ではキョウトシチーに不覚をとったが、敗因は小回りと陣営は見ていた。ドバイワールドカップに挑戦する為にも結果が欲しい1戦となった。
2番人気はデビュー時から米国クラシック2冠馬サンダーガルチの弟ということで注目されたバトルライン。6歳(現在の表記だと5歳)になって、そろそろG?が欲しいところだろう。エムアイブランの主戦だった武豊騎手だが、バトルラインを選んだ。
3番人気はそのエムアイブラン。前走の平安Sで久々の勝利を挙げた。ここでの背中はペリエ騎手。
4番人気は関東代表ワシントンカラー。前走は雪に物見という前代未聞の敗因だったが、この日は晴れているだけに巻き返せるか。
他にも昨年のこのレース2着馬ストーンステッパー、中山金杯を勝ったグルメフロンティア、スーパーナカヤマらがそれに続いていた。


勝ったのはグルメフロンティア。芝ではワンパンチ欲しいところはあったが、確実に力をつけてきていた。これで岡部騎手と田中清隆調教師は昨年に続く連覇。急にダートへと矛先を向けてきたように見えた1戦だったが昨年のながつきステークスでエムアイブラン相手に逃げ切っていた。決して、実績が無かったわけではない。
グルメフロンティアはこのレースを勝ったことで父トウショウペガサスという渋い血統でありながら、種牡馬入りすることができた。しかし、残念ながら産駒の成績は芳しくなく、既に種牡馬を引退している。

2着にはスーパーダートダービーの覇者であるメイショウモトナリが入った。3着にも人気薄のシャドウクリークが入線。3連単があれば、かなりの高配当になっていただろう。

・京都牝馬特別
勝ったのはビワハイジ。すっかり燃え尽きたと思われていた同馬だったが、ここは逃げ切って久々に「らしい」レースを見せた。背中はペリエ騎手。
ダービーに参戦した牝馬といえば、先日のウオッカがダービーに参戦する前は、このビワハイジまで遡らなくてはいけない。10年近く牝馬は出走すらしていなかった訳だが、そもそも選択肢に入っていないというのが本当のところだろう。
話は逸れたがビワハイジは繁殖牝馬としても優秀であり、アドマイヤジャパン、アドマイヤオーラらを輩出している。
2着にはランフォザドリーム。リアルシャダイ産駒らしく、鋭い脚はあまり無いが前で競馬できると非常に粘り強い。
1番人気だったファイトガリバーは4着だった。

・500万下
シャープウィットが500万下を6馬身差で圧勝。同馬はこれで同条件を連勝。今回は単勝1.6倍の圧倒的支持を集めたが、前走は単勝129.3倍だった。
一部で「来年のフェブラリーS候補」と騒がれる。

・4歳500万下
デピュティーアイス(父シルヴァーデピュティ)がこぶし賞を制す。
ジムカーナが大外から差し切り、つばき賞を制す。

エアジハードがカトレア賞(ダート1200M)で差し切り勝ちでオープン入り。鞍上は武豊騎手。

・新馬
キーゴールドがデビュー戦を勝利で飾る。

後に何かと話題になるビッグダンジグが新馬戦を10馬身差で圧勝。

エリモエクセルが新馬戦(ダート1200M)でデビュー。5馬身差の圧勝。

アイリッシュリネンが8馬身差の圧勝。

タイキブライドルがデビュー戦を飾る。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/578-9bf640c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。