上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コスモテナシャス競走除外。これを「あー、人気ない馬だしオッズには影響ないなー」と思うか、「え、そりゃまずいだろ?」となるか。競馬を始めて日の浅くない人なら波乱の予兆と受け取ったのではないか。
間違いなく楽にハナに立ち、コスモテナシャスをいかに使うかと考えていた騎手もいただろう。そう考える騎手らを見ながら差を詰めていく予定だった騎手。発走直前の出来事に騎手の心理はどうなっていたか。作戦を考え直すにはあまりにも時間が無さ過ぎる。「とりあえず出たなりに」と考えるしかなかったのでないか。

メンバーを見渡すが自分から行ってもよさそうな馬はせいぜいマイソールサウンドくらいだろう。それ以外は「行きたくない」が本音だっただろう。

ゲートが開くと、そのマイソールサウンドが先頭で1コーナーへ。注目の2番手だがアドマイヤフジが掛かり気味にあがる。普通なら絶好の位置取りだっただろう。内からナムラマース、その後ろは予想通りに前を見ながらの競馬となったマチカネキララ、ロフティーエイムがその内という隊列。函館記念連勝中のエリモハリアーはロフティーエイムの真後ろ、その後ろにサクラメガワンダー。

ペースは予想通り遅く、1000Mは1.03.0。このスローペースは誰も予想できたことだし、乗っている方も解っていただろう。
レースは中盤を過ぎたところでナムラマースの秋山騎手がハミを操作し、じんわりと馬を加速させていくが、マイソールサウンドが譲らずに前に出て行く。ここで秋山騎手がどうするのかと思いきや、あっさりと引いてしまうのである。ペースアップが目的だったのか?何を意図したものなのか見えない中途半端な動きとなった。
だが、これでようやくレースが動いた。アドマイヤフジと福永騎手がマイソールサウンドとの差を詰めだす。そしてマチカネキララも動き出した。
マチカネキララは脚質と藤田騎手(出切ってくれそう)、しかも末が甘いということを考えれば後ろの騎手としては格好の目標で、モノポールの木幡騎手、シルクネクサスの四位騎手はアテにしている感じだった。
だが、マチカネキララは押しても叩いても前に進んでいかない。結局、マチカネをアテにしていた騎手らは後手にまわり、自分から動いていくものの、スローペースで前も加速していく状況の前では外から進出していっても差が全く詰まらない。それどころか、前の馬より先に脚を使い果たしてしまうことなってしまった。
そうなると内の馬のチャンス。アドマイヤフジを目標にロフティーエイムがマチカネキララを外に追いやって進出を開始する。そのアドマイヤフジはマイソールサウンド相手に苦しんでいる。柴山騎手には勝機見えただろう。しかも、半端な形となったナムラマースは内で詰まっている。跳びの大きいナムラマースにとって窮屈な進路というのは致命傷にとして十分なものなのである。
あと200メートル。マイソールサウンドの頑張りは皆の想像以上だった。少し掛かったとはいえ、楽にペースで走ってこれたはずのアドマイヤフジは伸びきれずにいる。
柴山騎手は「あとはアドマイヤを差すだけ」の筈だった。だが、外から並ぶ間も無くエリモハリアーと武幸四郎騎手に勝利を持って行かれた。
柴山騎手のレース運びはほぼ完璧なものと言ってよかった。ただ、それを勝って証明するのではなく、自分の真後ろにいた瞬発力が一枚上の馬、エリモハリアーの勝利によって証明されてしまったのは柴山騎手にとって皮肉なものだっただろう。



3着のサクラメガワンダーは2〜3歳春までの瞬発力を思い出すようなレースとなった。この競馬なら相手が強くなっても上位に食い込めるだろう。脚の伸びのわりに前との差が詰まらなかったのは、少し良くなかった馬場の影響で脚のかかりが悪かったからだろう。良馬場で見てみたい。

アドマイヤフジは強い相手を目標にする競馬は得意だが、自分から動く競馬では落ちる。前走に比べれば楽な相手だったのだが、だからといって勝ちきれない。この自力の物足りなさがアドマイヤフジなのだろう。

マイソールサウンドはよく頑張った。オジサンパワーに誰もがヒヤリとしただろう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/624-f320453c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。