上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デビュー戦で2着して素質を感じさせたレッドキャタピラーだったが、前走の1400Mから1000Mと距離短縮。激しいペースに対応して流れに乗れるかがポイントだったが、難なく2番手からの競馬をしてみせるのだから、スピードは非凡だ。同じく前走で2着のマーシャルソングが後ろをピッタリとマークしていたが並ばせるところまで行かせなかった上、突き放すという芸当を見せ、今後が楽しみになった。かなり水分を含んだ馬場だけに時計は特筆すべきものではないが、ダート短距離路線に新星が現れたと言って良いと思う。

あと新潟2Rの時計は速い。新潟のマイル〜1800Mの新馬戦の馬の質の高さは確かなようだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/633-1b23c6dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。