上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.14 14日の展望
どうも最近すぐ寝てしまう。
今日も番組はパッとしないですねえ…

京都
7R フジヤマロマン 距離短縮歓迎
九州にいた頃は中距離でも実績があったが、スピードの勝った馬で距離短縮は歓迎。中央に移籍してきた頃と違って、レースを使いつつ順調に調教も積めてきた。スタミナもついてきただろう。
調教の動きも悪くない。前走でスピードは十分にあるところを見せたし、距離短縮なら追ってからが違うはず。メンバーも楽になったし、好位くらいからで。

10R ダブルブラザー 差し脚に磨き
ここは頭数が少ない。ピサノデイラニで仕方ないメンバーと考えてもいいだろう。
ただ、メンバーに先行型が多く、追ってからの脚は昇級戦でも、この馬が一番。以前はジリジリとした伸びて来れなかったが、前走は目の覚めるような切れ味を披露。北海道帰りでも順調で。

・秋華賞
馬券的には買う予定はないが3強はもちろん、ラブカーナやレインダンスもチャンスがあっても驚かない。
桜花賞を踏まえて、ウオッカの四位騎手は大外からダイワと併せずに抜き去る競馬をしたいのではないかと思うのだが…?
差しの決まりやすい馬場というのも興味深い。

東京
9R
逃げるニシノアンサーにキングルーキーが番手。それを見ながらマイネルパシオンという展開になりそうで、前の馬は最後の直線でやり合う競馬になるのではないか。
トウカイオスカーが春とは別物だ。体が無くてまともに調教が積めなかった馬が、この秋は順調に追えるようになった。前走は内でゴチャついて不発に終わったが今回は良いところを見せてくれるだろう。
シンボリハレーは500万下でハイレベルな戦いを見せてきた。前走後、時計を出していない妙な間隔は気になるが、能力的には1000万下も通過可能なものがある。パドック注意。

2R
ミヤビアラシオーの前走はレベルが高い。ただ、この馬はちぎられてしまっただけに扱いが難しいが、雨馬場とハイペースという新馬戦では例外的なバテる競馬。良馬場で見直す手も。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/694-01aa7b0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。