上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.24 有馬記念
勝ったマツリダゴッホは状態面が急激に良くなったとは思えない。この馬のいままでのレース運びといえば自力で捲るものが多かったが、今回は先行集団を見ながら渋いレース運び。勝因はこれに尽きるだろう。自力も出せる持久力が渋った馬場で他との差を生んだ。
ダイワスカーレットはチョウサンにハナを叩かれ、無風で2番手を追走していた訳ではなかっただけに確かな実力を見せたと言っていい内容。
ダイワメジャーは調教で動く馬とはいえ、抜群の動きを見せていた。
それだけに馬体増というのは意外な感じはしたが、数字ほど太目感はなかった。同馬主ということでスカーレットの方に前々勝負を任して、中団の最内で勝負というレースとなった。
ほとんどロスのないレース運びができたわりに伸びを欠いたのは距離と馬場の影響だろう。

ロックドゥカンブは体型的なものもあるとはいえ、馬体が緩く見えた。(スッキリと見せたことはないが)
弱いと言われてきた3歳牡馬だっただけに大健闘と思える内容だったが、直線以外は内めの位置取りだっただけに素直に評価してよいのか悩ましい。

ポップロックの敗因がよくわからない。調教でもなかなかの反応を見せたし、パドックでもシャープな体つきを見せていた。それだけに直線の伸びは案外だった。
渋った馬場は得意なイメージすらあっただけにピンとこない。

ドリームパスポートの調教の動きは脚の回転の速さは戻ったが、フットワークが好調時より小さくなっているように感じた。
それだけにパドックの気配が思った以上に気合を表に出していたのが意外だった。
4角で詰まらなければ…というレースぶり。これで馬に精神的なダメージが残らなければ復活の日は近い。もちろんケガをしてもおかしくないくらいの不利だっただけに、脚の状態も注目していきたい。

メイショウサムソンは調整が緩かった。数字以上に重苦しい体つき。調整ミスと言っていい。外を通った馬が全滅という馬場もあり大敗となった。冬場はあまりよくないのか。

ウオッカは持久力がない。宝塚記念もそうだったが、消耗のきついレースでは全然駄目。前走も脚が続かなかったように使える脚も長くない。

インティライミは前走に比べて状態の良さが目立ったが、レースでは妙に掛かってしまった。
この馬も消耗に弱い。良馬場なら違ったのだろうが、そもそも中山も微妙か。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/735-9dd4663a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。