上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.24 雑感
オウケンブルースリ 1.5 5着
フサイチワイバーン 1.1 3着

どちらもデビュー戦を2着で、2戦目人気しながら期待に応えられなかった。
人気するのも頷ける初戦の内容だった。オウケンブルースリは直線で鬼脚と言っても良い豪快な伸び脚を見せて、スター候補が出てきたという印象すらあったし、フサイチワイバーンは特別派手さは無かったが、このメンバーに入ると時計だけは抜群に良かった。
だが、それは良いところしか見えてなかったのと思い知らされるのが2戦目であった。オウケンブルースリは第4コーナーで騎手が制御できなくなり、外に吹っ飛んでいってしまい、最後伸びるもさすがに手遅れで5着。フサイチワイバーンに至ってはそこまでロスがあったわけでもなく、わりと普通に敗れてしまった印象すらある。
キャリアの少なさ。当然、その馬に対する知識は乏しくなる。深く突っ込めば死角が無かった訳でもない、だがそれが取り越し苦労に終わるケースも少なくない。
最後に何を取るかは自分次第だし、その傾向が自分のスタンスとなる。いずれにせよ思考を止めてしまうのが一番怖いこと。その時計は何を意味するのか、ただスピード決着への適応力を見せただけなのか、他のレースと比べて価値のあるものなのか。
スローペースでも前との差を詰めてきた馬はどういう馬なのか。瞬発力に長けた能力の高い馬なのか、ハイペースでは脚を使えないスタミナ不足の馬なのか、単に馬場に恵まれた馬なのか、それどころか逆なのか。
それらを最後に結果論だけが肯、否定する。それまで無限に楽しめばいい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/796-e7de17fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。