上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.21 こわいねえ…
吉田隼騎手と柴山騎手はかなり危険な落ち方をしただけに心配だ。吉田隼騎手はフジヤマと接触しているように見えるし、柴山騎手の落ち方はいきなり後ろに放りされたような格好。
先日、競輪の内田慶選手が落車で死亡するということがあっただけに、大事にならないことを祈るのみ。

しっかし、張り切って参加した両重賞。かすりもしなかった。セントライト記念はヒモヒモヒモだったが、かえってタチが悪い。
よく考えたら、今年の3歳の重賞を当てた記憶がない。共同通信杯だけだ。
それにしても両重賞、共に終わってみて「やっぱりレベルが低い」という感想。どの馬も差がないので、予想が難しいね。こういうのを当てると嬉しいんだけどな…
セントライト記念はダイワワイルドボア。持久力が強みの同馬には雨馬場で時計がかかったのが良かった。北村宏騎手も実に落ち着いて実績馬2頭を4角で見送り、直線に賭けた。
マイネルチャールズは松岡騎手が本番に残して置けばよかったんじゃないかというくらい、うまいこと内に潜り込んでロスなく乗られた。それだけに勝ちきれないあたりが古馬にあっさり返り討ちにあった、同馬の実力なのだ。それでも、このメンバー相手ではやはり崩れなかった。
ノットアローンは蛯名騎手の相性がいいのか、安定して力を出せるようになってきた。
ナリタダイコクはもうちょっとどうにかならんかったかな。枠が内すぎたか、動きたい時に動けなかったし、落馬の影響も多少あった。
ロードニュースターは全く運が無い。完全に落馬の影響で不利を受けてしまい競馬に参加できなかった。

・ローズS
受けて立つ立場と挑戦者というので差が出たレジネッタの仕掛け。良馬場ならあれで勝てたのかもしれないが。
牝馬に関しては上がり馬すら出てこなかったな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/817-1ff580de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。