上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カミデッポー
母オリガミが道営ファンにはお馴染み。
今までの産駒の3頭全てが認定勝ち。特にカミヒコーキは中央・1000万下。オリヅルは道営3冠路線でも期待の1頭。
能検の動き:ゲートまずまずもダッシュがいい。直線では軽く気合をつけられて、伸びはまずまずか。51.2もこの日では速い方。

ミラノボヴィッチ
父ノボジャックは少ない産駒が大健闘。
姉のシュンドルゴナは中央で未勝利勝ちあり。
能検の動き:ゲートは普通。気合をつけられると抑えきれずに外から先頭へ。直線では内から上がってきた馬に置かれるシーンもあったが、軽く追われると盛り返す。時計もまずまず。さすがにやや若さを感じるも許容範囲内か?

パフォーマンス
姉ジョオーサマは同じく道営で認定勝ち。
能検の動き:1馬身出遅れ。気合をつけられると、一気に捲って4角先頭。直線の伸びもまずまず。出負けした以外は、いかにも2歳戦で頑張りそうな気の良いスピードタイプ。姉が一本調子な快速馬なだけに、この馬も・・・という印象。そう派手な時計ではないが、この日は全体的に時計が地味なので、十分評価できる。

ベラトリックス
スマートボーイの産駒はナンテカ(鎌倉記念・平和賞)などが活躍。昨年の2歳戦線を盛り上げたグランド牧場の生産馬。角川厩舎というのもナンテカと一緒。
兄タマモリッチはサラブレットチャレンジカップ(交流G?)端午Sを勝っている。
能検の動き:半馬身出遅れる。気合をつけられてジワジワと先頭との差を詰めながらの追走。直線では持ったまま、余裕あるフットワークで先着。時計的には派手さはないが、やはり能力がありそうだ。

フジノシルキー
兄にランキングは中央・準オープンまで駒を進め、現在は南関東のオープンで善戦。
能検の動き:完全に出遅れる3〜4馬身のロス。気合をつけつつ、後方からの追走に。直線では強めに追われて大外から追い上げはしたが、内容的にはなんとも言い難い。

アレキサンドライト
兄にライトラン(今年の羽田盃に出走)姉ヤマイチリベラルは同じく道営で認定新馬勝ち。
能検の動き:1馬身出遅れ。気合をつけられるも反応が鈍く、鞍上からも強めにステッキが入っていた。時計は悪くないが、現状ではスピード不足の印象で。

コパノオンタイム
父オンファイアの初年度産駒。
兄にガッツフィニッシュ(中央・準オープン)姉にチハヤブルは中央未勝利で2着4回。
能検の動き:スタートは良かった。気合をつけられ、3頭併走の形に。直線も馬なりで、脚色もまずまず。ただ、時計は地味。

ラブハッピー
能検の動き:ゲートはまずまず。好位の外を追走し、直線は馬なりでフットワークにもまだ余裕がありそう。ただ、時計はやや地味。

スメルスイート
姉に2歳時に芝短距離で活躍したタイニーウイナー(福島2歳S2着など)
能検の動き:ゲートはまずまず。直線では集中力に欠く面もあったが、終始馬なり。時計は地味だが、走りに力強さがあり、馬格もあって大きく変わってきそうな雰囲気。前向きな気性でスピードもあって、2歳戦向き。

ダブルタイム
兄にライブリシュロム(中央・準オープン、障害オープン)
能検の動き:好スタートで楽にハナへ。直線では軽く気合をつけられると、しっかりと反応して先着。時計はさほどでもないが、まだ十分に余裕があった。

ハカタバクシンオー
姉に道営で活躍したシーダベス。
能検の動き:好スタートで気合をつけられハナを主張。直線は馬なりで流す程度。個人的には芝の方が向いているように思う。大型馬だが、まだ力強さに欠く印象。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。