上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イチローがやたら明るい。「いつもはクールなイチローが〜」という報道をよく見る。
WBC前はすっかり胡散臭いオーラが板についている印象だったが、今回でまた国民的スターに戻った。

そもそもメジャーに行く前はそれなりにさわやかだったし、なんであんなになってしまったのだろうと思っていたが、打っても勝てないマリナーズでは「なんのために野球をやってるんだろう」とモチベーションが上がらなかっただろうし、少し腐っていたのかなと思う。チームを批判することが度々あったが、イチローだけが必死になってるようにしか見えなかった。

そんな中でWBCというのはイチローにとって世界一を目指すという理由で野球ができるのだから、気合が入るのも当然かなと思った。凄くハシャいでいたのも納得できるような気がした。

それにしても今回のWBCは王監督に驚いた。準決勝で今江に代打福留とか何を考えているんだろうと思ったが、それで結果を出してしまうのだから凄い。
あの場面でもし福留が凡退するようなことがあったら間違いなく批判されていたはず、それを踏まえても福留を使う勇気。恐れ入った。

里崎。お祭り男のイメージしかなかったが、韓国戦ではバントの構えで相手投手を惑わせ暴投を誘った緻密さも見せた。強気のリードとパンチの効いたバッティングだけではないところを見せてくれた。


しかし、逆ムードメーカーだと思っていたイチローも松中も小笠原も打つなんてどうなっているのだろうか…
これは今年のプロ野球が一筋縄ではいかない予兆なんじゃねえかと思った。


「アメリカはそこまでやるのか」という感じで始まったWBC。意外(?)にもとても良い形で幕を閉じたのであった。
あと、西岡大物過ぎ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keibatomousou.blog26.fc2.com/tb.php/93-d4e929c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。